抗うつ剤/精神安定剤

バスピン(抗不安剤)
1錠 ¥27

抗不安薬!バスピンは先発薬バスパーのジェネリック医薬品です。不安な毎日の生活障害を改善ができます。非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬で、副作用が軽減されているためとても人気のある商品です。

エスシタデップ(レクサプロ)
1錠 ¥29

オススメです!!エスシタデップは、うつ病の改善だけだはなく社交不安障害の改善などにも効果があります。

デパス
1錠 ¥95
ベンラー(エフェクサー)
1錠 ¥49

人気急上昇!!第4世代抗うつ剤エフェクサーのジェネリックのベンラーは、うつ病やうつ症状の改善、意欲や気力の回復に期待ができます。

パキシル・ジェネリック
1錠 ¥81

人気急上昇!!パキシルのジェネリック医薬品です。不安や苛々、不眠などを改善してくれる抗うつ剤です。成分の用量種類が多く、症状によって調整できます。ご自分にあった量を選んで調整しましょう。

バスパー・ジェネリック
1錠 ¥51

抗不安薬!バスパーのジェネリック医薬品になります。不安な気持ちを抑えて脳内が高ぶらずに安定します。副効果として抗うつや不眠症にも効果があります。価格もお求め安くなっています。

セルティマ(ゾロフト)
1錠 ¥75

世界的に認知度の高いジェイゾロフトのジェネリックです。セルティマは先発薬のつらい副作用である、便秘や口の渇きなどの症状が軽減された抗うつ剤です。ご購入される方が非常に多い人気の商品になります。

ジェイゾロフト
1錠 ¥81

持続時間が長い!ジェイゾロフトはゆっくりと安全に治したい方にオススメの抗うつ剤です。セロトニンの濃度高めること以外は作用しなく悪影響が少ないので副作用が気になる方や症状が軽い方に向いているお薬です。

サインバルタ
1錠 ¥138

SNRI系!サインバルタは病院で処方される抗うつ剤です。価格が高いので通販をオススメします。SSRI系では副作用などの症状がでてしまい身体に合わなかった方など服用してみてはいかがでしょうか?

パキシル
1錠 ¥141

セロトニン再取り込み阻害剤のパキシルは、セロトニン濃度をあげて、うつ病やパニック障害、不安やイライラなどに効果がある抗うつ剤です。症状によって服用量が異なるので、用法や用量を守って使用しましょう。

エチラーム(デパスジェネリック)
1錠 ¥40
ジェリフォルテ (ストレスケア) 
1錠 ¥24

疲労回復・ストレス改善ジェリフォルテは疲労やストレスを解消する天然成分100%でできたサプリメントです。配合された自然成分が心の緊張をほぐし、免疫力を高めて、ストレスの蓄積からくる慢性疲労や不眠症を解消します。

オキセチン(プロザック)
1錠 ¥27

プロザックと聞き、ご存知の方必見です。オキセチンはプロザックのジェネリック医薬品です。抗うつ剤の中で、一番安く購入できますので、人気があります。

アクセプタ
1錠 ¥39

ADHD治療薬ストラテラのジェネリックになります。成分アトモキセチンは感情をコントロールが期待できるお薬です。依存性が少ないので子供から成人まで幅広い層に使用されています。

トフラニール
1錠 ¥28

三環系抗うつ剤トラフニールは、成分イミプラミン塩酸塩の効果により、うつ病治療、パニック障害、過食症の他に遺尿症など様々な症状を改善することができます。

抗うつ剤とは?

抗うつ剤とは脳の環境バランスを整えることにより抑うつ症状を改善するお薬です。うつ病になると働きが弱まるドーパミン、セロトニン、ノンアドレナリンという3つの神経伝達物質に働きかけ、気分の落ち込みやイライラなどの抑うつ症状を緩和します。服用を始めてすぐに効果はあらわれません。1~3週間で徐々に効果を実感できるはずです。また、症状が治まったとしても、すぐに服用をやめてしまうと、再び脳の環境バランスが崩れてしまい、抑うつ症状が再発してしまうリスクがあるので、半年を目安に飲み続けてください。途中で服用をやめたことによる再発を繰り返すと、さらに長い期間薬を飲み続けなければならなくなります。

お薬は飲み方が重要です。
焦る必要はありません。ゆっくりと時間をかけて症状を改善していきましょう。

お薬には種類があります

お薬はうつ病の症状により使い分けられます。
軽度~中度の症状の方には第一選択薬として「SSRI、SNRI、NaSSA」といった種類のお薬がメインに使用されていて、それぞれが違う神経伝達物質に働きかけ、副作用も異なります。中でも「NaSSA」は比較的早く効果を実感でき、持続性が高いお薬で、よく処方されるようになりました。
重度の症状の方には古くからある「三環系抗うつ剤」が処方されることもあります。効果が強い種類のお薬です。しかし、副作用も大きいので、第一選択薬として使用されなくなってきています。

近年、副作用をおさえ、大きな効果を期待できる薬が次々に開発されています。ですが、ご自身に合わないお薬を服用すると、効果を発揮せずに大きな副作用がでてしまうこともあるので、先生と相談ながらご自身に最適なお薬を探しましょう。

副作用を知って賢く付き合おう

うつ病のお薬を飲むと依存してしまわないかな?と不安がある人もいるかと思いますが、それは間違いです。こうしたお薬に依存性はないので安心してください。しかし、前記した弱った神経系以外の神経系にもお薬が作用してしまうために起こる副作用があり、主な症状として喉の渇き、眠気、便秘、胃腸障害などが挙げられます。こうした症状が不安な場合、お医者さんや薬剤師さんに相談しましょう。副作用があったとしても、最初から十分な量を使い、抑うつ症状を早く改善させることが大切です。こうした副作用のこともよく知ったうえでお薬と上手に付き合っていきましょう。

銀行振込で10%OFF 秋トクキャンペーン