シアリスとプロペシアの飲み合わせについて

勃起不全(ED)や男性型脱毛症は男性にとって、とても悩ましいことです。AGA治療薬で有名なプロペシアなどは副作用によってEDになってしまう場合があります。ED治療薬のシアリスを服用することで改善することが可能です。こちらのページで詳しくご説明します。

シアリスとプロペシアの関連性について

シアリスのようなED治療薬とAGA治療薬のプロペシアは意外な関連性があります。AGAとはご存知の方も多いと思いますが、男性型脱毛症という男性特有の薄毛や抜け毛などの症状です。AGAの治療薬としてプロペシアが一番有名であり医師から処方してもらうことが可能です。プロペシアは、副作用の一部に勃起不全(ED)などの性機能障害が発症する可能性があります。1%未満の人が副作用の症状が出る可能性があり、かなり低い確率にはなりますが、AGA治療薬を服用する方にはとても重要な問題点と言えるでしょう。プロペシアの副作用によってEDの兆候が出てきたとしても、シアリスを併用することができます。つまり、プロペシアの副作用による勃起不全の症状をED治療薬で回避することが可能になるのです。逆にいえば、ED治療薬利用者がAGA治療のために治療薬を服用することも可能です。

注意していただきたいのが、プロペシアなどAGA治療薬特有の肝臓機能に関する副作用リスクがあるということです。元から肝臓機能に問題を抱えている方は、医師や薬剤師などに相談・申告することをお勧めします。どの医薬品にも言えることですが、副作用は人によって症状のあらわれ方や症状にそれぞれ違いがあるので、些細な事も専門医に相談しておく必要があります。医師や薬剤師の指導を受けず、自己判断で治療薬や医薬品を服用するのは大変危険ですのでご注意ください。

プロペシア服用でEDになる!?その発生率は?

プロペシアの副作用の一環としてEDが症状としてあらわれる可能性があります。AGAが治療薬によって改善されたとしても、男性機能に障害が出てしまったらせっかく取り戻した自信もEDで失う可能性があります。

プロペシアの副作用でEDになる確率は1%未満知識として頭に入れて頂きたいのが、プロペシア副作用によるEDの発生確率です。効果が高い治療薬ゆえに、副作用について懸念されるかと思います。副作用は化学薬品をミリ単位で構成する医薬品にとっては、直面せざる負えない問題です。これまでに行われた数え切れない臨床試験でも、性欲減退が1.1%勃起不全に0.7%の副作用が発生した結果が報告されています。確率自体はかなり少数ではありますが、副作用の可能性が多少なりともあることが分かります。ですが見方を変えれば、副作用は約1%以下のみの可能性だとも言えます。この見解には人によって考え方や見方が異なるので一概には言えず、差は大なり小なりあると思います。ですが、業界全体の見解として、EDに関する副作用の発生可能性はかなり低いと見られています。正しい知識を身につけることで、自分にとって何が必要で何が不安材料か客観視をして判断することが大事です。


シアリスとプロペシアの併用禁忌薬について

ED・AGAは共に男性にとっては大きな問題です。年齢や遺伝など原因は人それぞれ様々ですが、どちらにせよ男性の自信を無くすきっかけになってしまいます。EDとAGAが同時に発症する事も珍しくないので、シアリスとプロペシアを併用できるのは願ったり叶ったりだと思います。しかし、シアリスとプロペシアともに正しい服用方法を守らないと思わぬ悪影響を及ぼす可能性があります。

シアリスの併用禁忌薬は、硝酸剤慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬の2種となっています。これら併用禁忌薬を併用すると、双方の治療薬の特性が相位作用することで、急激に血圧が低下してしまう危険性があります。硝酸剤は服用薬のみならず、貼り薬や吸入薬、塗り薬・スプレーなど様々な種類の薬が併用禁忌対象となっているため、服用前は必ず確認が必要です。

シアリスとAGA治療薬は併用可能だが、飲み合わせに注意代表的なAGA治療薬は、プロペシアミノキシジルが有名です。これらはシアリスの併用禁忌薬に指定されていない為、併用が可能です。プロペシア側にも、併用禁忌薬や注意薬などの指定はありません。ただし、同じAGA治療薬でもミノキシジルを併用する際は注意してもらいたいことがあります。ミノキシジルはシアリスの併用禁忌薬には該当しませんが、薬の特性上、血管拡張作用があります。これにより、作用が相位されて血圧が下がり過ぎてしまう可能性が予測できます。頭皮に塗布して使用する外用薬のミノキシジルであれば、あまり影響がないため懸念する必要はありませんが、ミノキシジル錠は内服薬なので影響力が大きい為、飲み合わせる際は十分な時間間隔を空け、医師や薬剤師に確認をするようにしてください。


シアリスと併用可能な医薬品

シアリスはAGA治療薬の副作用であるEDが発症時に併用することが可能です。AGA治療薬同様、シアリスにも副作用があります。ED治療薬の中でもバイアグラレビトラのような即効性に長けている治療薬と違い、ゆっくりと体になじませ、長く効く遅効性なので比較的副作用も出にくく、服用している人の約3割程度のみが副作用の症状が出たと報告が出ております。主な症状は、頭痛やほてり消化不良など軽度なものです。また、少数派にはなりますが、背中の痛みや筋肉痛、鼻のつまりなども報告されています。眼の痛みや結膜炎、色覚異常などが出た人もいます。

痛みなどの不調は人によって感じ方は様々です。その副作用を避ける為に、頭痛薬や胃腸薬、吐き気止めなどを併用して服用ことができるのもシアリスの強みです。頭痛薬を服用する際は、胃に刺激が加わることがあるので、たとえ胃痛などが出ていなくても念のために胃腸薬も一緒に服用してください。あまりにも沢山の薬を使用するのは危険ですが、用法用量を厳守して使用すれば副作用もなく快適な生活を手助けしてくれるものになります。専門医に相談し、適切な指示の上ご利用することをお勧めします。専門医の指導の元でも、何か異常が出た場合は服用を中止してください。

お支払方法 コンビニ COMODO

お薬ラボのご利用上の注意事項

  • ・お薬ラボで取扱う商品は全て海外で認可のある薬局から発送されていますのでご安心ください。
  • ・商品のパッケージや見た目など、製造元によっては違う場合があり、商品詳細ページに添付されている画像とは異なることがあります。
  • ・お薬ラボにおける個人情報については個人情報の取り扱いをご覧ください。
  • ・当サイトは個人の輸入代行サービスになります。当サイト内の効果・効能・副作用などにつきましては販売メーカー発表の製品概要を参考にしております。詳しい情報につきましては販売元、医療従事者の薬剤情報、商品情報を参考の後、当サイトにてご購入下さい

お薬ラボのセキュリティについて

  • ・お薬ラボではお客様のセキュリティ遵守として、購入代金を信頼ある決済代行企業に委託しております。
  • ・お薬ラボはSSL認証に対応しております。お客様の入力した情報は暗号化しておりますので安心してご利用ください。

TOPへ