コンドームがやぶけた!穴が空いていた!避妊対処法とは?

目次

なぜ性交中にコンドームがやぶけるのか?

避妊には万全を期してセックスをしていたつもりが終わってみたら、まさかのコンドームが破けていたということを経験したことがある人はいるのではないでしょうか?コンドームはある程度の伸びや摩擦には強い設計となっていますので、基本的には丈夫な作りです。しかし、何らかのタイミングで小さな傷がついていた場合はセックス中の摩擦によって、小さな傷から少しずつ裂け始め、大きく破けてしまいます。

コンドームが破れる原因よくあるケースとして、女性が男性器に装着する際、女性の爪が長くて知らずに傷を付けてしまうことがあります。また、装着時に先端に空気が入っていた場合、セックス中の摩擦によって強い圧がかかり、破けやすくなってしまいます。女性が避妊の為にカバンに入れて持ち歩くなんてこともよくありますが、ちゃんとケースなどに入れていなかった場合、袋の上からでも傷が付くこともあるのです。自宅のごちゃごちゃした引き出しに適当に保管していた場合なども同じです。

このように気づかずに破けてしまう原因を作ってしまっていることがありますので、扱いには十分に気を付けましょう。


シャワー洗浄で避妊できる!?

「コンドームやぶけた!」と気付いた直後に、ウォシュレットのビデやお風呂場のシャワーで膣を洗い流しても、子宮の入り口がきれいになるだけで、子宮の中までは洗うことができません。射精されてから精子は6秒で子宮に到達し、そこから直ぐに卵管にいる卵子のもとへ突き進みます。その為、シャワーやビデで洗浄しても避妊の対処法にはなりません。余談ですが、コーラで膣内を洗うと精子が死んで避妊できるという話がありますが、まったくの嘘です。本当に行うと膣の炎症を起こしかねないので行わないよう注意してください。

72時間以内ならアフターピルが効果的

確実に避妊の策をとるには、アフターピルがよいでしょう。効果は、女性ホルモンの成分を含有し、受精卵が着床することを抑制する働きがあります。着床というのは、精子と卵子が受精したのち、受精卵が卵管から子宮へ移動して子宮内膜にくっつくことを言います。この子宮内膜を剥がす作用があるのがアフターピルです。

アフターピル(緊急避妊薬)で対応着床するまでに72時間かかりますので、その間に服用する必要があります。避妊の確率は妊娠した可能性のあるセックスから72時間以内服用した場合95%以上と言われています。これは妊娠を不可能にさせるための薬であり、堕胎することではありませんのでご安心ください。よって、もしもセックス後にそのような事態になった場合、妊娠を望んでいないのであれば、アフターピルを服用するほうがいいでしょう。アフターピルは定期的に服用する低用量ピルが含有しているホルモンよりも容量が多いため、緊急的な事態に対応することができます。

低用量ピルに比べ副作用はありますが、中絶手術をすること比べれば、身体への負担は軽いと言えます。


通販サイトで予め準備しておきましょう

大変便利なアフターピルですが、いざ必要なとき皆さんならどこで買いますか?平日なら婦人科などのクリニックで処方してもらうことが可能ですが、土日祝日だった場合は月曜まで待たなければなりませんし、個人輸入代行サイトで注文した場合でも早くて5日、遠い地域だと届くまで10日以上かかります。リミットはセックスから72時間以内ですので、急がなければなりません。1番安心なのは個人輸入代行サイトなどで購入しておくことです。予め携帯しておけば、万が一の場合でも慌てずに対処できます。

アイピル購入ページへ