年代別EDの原因と対処

目次

EDについてご存知でしょうか

EDとは、男性器に起こる機能障害のことです。その原因は2つあります。
1つは、何らかの心理的作用が働き、勃起が得られない場合で、これは年齢には関係ありません。もう1つは、生活習慣や血管の障害によって勃起を促す血流が妨げられる場合です。前者の場合は心因性ED、後者の場合は器質性EDと呼ばれています。健康な人なら、性的刺激を受けると脳の中枢神経が興奮し、その情報が脊髄神経を通って陰茎に伝わり、勃起に繋がる血管が緩んで多量の血液が陰茎の海綿体に流れ込み、勃起が起こります。

満たされたセックスで愛を深める他の動物と違い、私たち人間の性行為(セックス)には快感という厄介な感覚がつきまといます。男女が互いに好意を抱き、刺激し合い、体を合わせて快感・満足感を得えます。これこそが満たされたセックスであり、互いへの愛情を深めていきます。

しかし、忙しい現代社会において、私たちは様々なストレスと闘わなければなりません。そのストレスは心を蝕み、体を痛めつけてきます。心因性ED、器質性EDによって完全な勃起が得られず、または全く勃起せず悩み苦しむ人がいます。年齢に関係なく起き、その症状も様々です。


若者にも起こるED

年齢を重ねることによりEDになる割合は高くなりますが、加齢によるものだけではないことが分かってきました。毎日の生活パターンが原因のこともあります。忙しい現代社会です。知らないうちにストレスを溜め込み、不規則な食事の繰り返し、車使用での運動不足、アルコール依存、喫煙等々、気が付けばこうした生活パターンが若者でもEDを起こす原因になっています。生活パターンを改めないかぎり、糖尿病や高血圧などの生活習慣病を起こし、それらの持病を抱えた人がEDになるリスクが高いとされています。

年代別によりED

加齢により体力がなくなり、勃起力も弱くなります。また、セックスの最中に萎えてしまい中折れしてしまう方もいます。これでは快感どころではありません。ところが、この中折れが起きるのは、何も中高年だけではありません。最近では中折れしてしまい、満足なセックスができない若者も増えています。悩みやストレスを抱え、そこから本格的なEDになる若者も多いと言います。以下、年代別に見てみましょう。

10代

割合は極めて少ないですが、思春期を迎える10代後半から、友人関係や試験勉強などのストレス、セックスの初体験での失敗などが原因で中折れやEDになりますが、経験を重ねることでほとんどが回復します。

20代

昔なら、性欲を持て余すほど元気な年代ですが、現在ではやはり、仕事のストレスや悩みから中折れを体験する男性が増えており、その割合は10人に3~4人と言います。

30代

人生で最も充実した時期であるはずのこの年代ですが、多忙な日常、仕事や人間関係で擦り減る神経から、満足なセックスができない男性が多いようです。この年代では10人に4~6人が中折れを経験していると言います。セックスの失敗から、本格的なEDになる男性も多いと言います。

40代

個人差もありますが、体力の低下とともに勃起力も低下し始める時期です。体力不足は中折れを生じて長時間のセックスが行えず、快感・満足感の不完全燃焼になってしまいます。この年代では、10人に5~7人が中折れ経験者です。当然EDになる男性も増えてきます。

50代~

個人の性格や体力によって勃起力、持続力に差が出てくる年代です。50代~では、10人に7人以上が一度は中折れの経験者と言います。2009年のバイアグラで知られるファイザー社の調査では、40代で6割、50代で7割、更に70代では8割の男性が中折れなどによってセックスができなかったと報告されています。

この頃になると、生活習慣や血管の障害による器質性EDになる確率も高くなります。セックス中の中折れを起こさないためには、基本的な体質改善、生活パターンの見直し、ストレスを溜めないことが大切になります。

諦めないで!EDは克服できます!

ED治療薬で克服可能性機能の衰えを自覚してしまった男性は心が病み、時に生きる力さえ失ってしまいます。自尊心の高い男性ならなおさらのことです。器質性EDは、直接的には身体的障害によるものですが、心因性EDの原因にもなります。セックスの失敗で、「次もうまくいかなかったらどうしよう…」と考え込み、その不安が二度・三度の失敗に繋がり、心理的に追い詰められていきます。

若い人も、中高年の方も決して諦めないでください。EDも中折れも克服できる疾患です。医師の指導と適切な治療薬の服用によって予防・改善すれば、満たされた明日が必ず訪れます。
改善するには、ファイザー社のバイアグラがオススメです。


50代会社員による体験談

購入者の男性1
篠田 正孝(仮名)
宮城県 53歳

こんなはずでは…単身赴任からEDに

50歳の春、都内の本社から仙台支店への転勤を命じられ、単身赴任となりました。悲劇が起こったのは、転勤後2年ほど経った頃でした。学生時代はラグビー、入社後も軟式野球やゴルフに打ち込むスポーツマンでした。それゆえ、体力には自信があり、結婚後も奥さんとの夫婦性活も満たされたものでした。単身赴任となり生活環境が一変しました。一人暮らしの気ままさからか、淋しさからか、お酒の量が増えてしまいました。食事は、朝はコーヒー1杯、昼はコンビニ弁当などで簡単に済ませ、夜はお酒に手軽なつまみ程度です。不規則な生活が続きます。運動不足に加え、新しい職場での人間関係ストレスが私の心と体を蝕んでいきました。

単身赴任中も、月に一度は家に帰って奥さんの手作り料理を食べ、夜はベッドを共にしていました。ところが、赴任後2年ほど経った頃から、奥さんとのセックスがうまくいきませんでした。行為の途中で中折れしてしまい、最後まで行くことができなくなりました。焦れば焦るほど萎えてしまいました。奥さんには赴任先での浮気を疑われ、夫婦仲にもヒビが…こんなはずでは…EDへの序曲でした。

その後、休日を利用し泌尿器科へ勃起不全の相談をしに行きました。病院に行くのが恥ずかしかったですが、赴任先だったので知り合いに会うこともなく安心して行くことができました。医師からバイアグラを処方してもらいました。翌週、家に帰り奥さんに内緒で服用しセックスを試みました。前戯の段階で既にギンギンになり奥さんはもの凄く喜んでくれました。私も久しぶりに快楽を得ることができ大満足です。しかし、毎回病院に行き処方してもらうことや金銭的にバイアグラはとても高額です。インターネットで調べていたらジェネリック医薬品が通販できることを知り、今では個人輸入代行を利用して定期的に通販しています。

カマグラゴールド購入ページへ