勃起しないで悩む全ての人へ

自分の男性器が思うように勃起しないで悩む男性は世界中にいます。原因は様々で、彼女や奥さんだけ勃起しない方・緊張によって勃起しない方・食生活や睡眠時間など生活習慣が乱れて勃起しない方など、悩み方は人によって異なります。勃起しないで悩んでいる方はもちろん、そうでない男性の方も、自分にはまだ関係ないと思わずに予防や対策として参考にしてください。女性の方は、男性も意外とデリケートなんだ、と優しい気持ちで見守ってください。

なぜ勃起しないのか?

勃起が起こる過程の中で特に重要なのは、男性器にある海綿体に血液がしっかりと流れ込むことです。

脳は性的刺激受けると、一酸化窒素が放出され環状グアノシン-リン酸(以下サイクリックGMPと記載)という酵素が増加します。
サイクリックGMPは、血管拡張をする働きがあり体内で増加することで陰茎の平滑筋を緩めます。

しかし海綿体には、酵素を分解して勃起を妨げるホスホジエステラーゼ(以下PDE-5と記載)が存在します。
性行為の際にPDE-5が増えすぎるとサイクリックGMPが分解されてしまい、勃起が起こりにくく勃起不全(以下EDと記載)へとつながります。

また、精神的なストレスが原因EDになる方も年々増えています。
人に話しづらいデリケートな問題なので、なかなか打ち明けることができない方も多いのではないでしょうか。
1人で悩まないで解決の方法を見つけていきましょう。

心因性:原因はココロの問題

心因性EDは人間関係や仕事のトラブルなどストレスが原因日本のED患者の半分以上が心因性EDによるものと言われております。
心因性EDはストレスが原因です。
突然発症して、起床時などに発生する勃起(朝立ち)は普段通り見られることが特徴です。

人間関係のトラブル・仕事のプレッシャーなど日常生活内で生じたものがトラウマになり、性行為中にそれらが頭によぎって勃起することができない・勃起しても中折れしてしまうことがあります。


彼女または妻だけ勃起しない

妻だけEDと呼ばれるEDがあります。
他の女性では興奮をするのに、奥さんだけ「魅力のある女性として見れなくなってしまった」という症状です。

  • 子供ができたことで奥さんを母親としてしか見ることができなくなってしまった
  • 結婚してから奥さんが太ってしまって魅力を感じなくなってしまった
  • 何年も一緒に居るから奥さんに慣れてしまい興奮しなくなった

などがあります。

また、ご両親や奥さんから早く子供が欲しいと言われることがプレッシャーになってしまい、EDになってしまうケースもあります。

他にも、性行為の際に傷つくことを言われてしまいトラウマになってしまったケースや、何年も一緒にいることで奥さんとセックスをすることが面倒くさいと思ってしまうマンネリ化もあります。
バイブレーションリングなどの大人のおもちゃ、チョコレートラブDXなどの媚薬を使用するなど、普段とは少し違ったシチュエーションにすることで、お互いの気分を高めて普段より性的刺激を感じることができるかもしれません。

初めての童貞卒業時に勃起しなかった

初めての性行為(いわゆる童貞卒業)の際に、緊張から勃起しない・挿入しようとすると萎えてしまうなど、性行為がうまくできなかった方も多いのではないでしょうか。

初めてでなくても、久しぶりの性行為で勃起しなかったという方も心因性EDと言えます。
男性器に問題があるのではなく、精神的なストレスにより問題が起きて勃起しない症状になります。

ストレスは身体のあらゆる機能を低下させてしまいます。
ストレスによって、血液の循環が悪くなり男性ホルモンのテストステロンの分泌量の減少などが、EDにつながってしまいます。

AVの見すぎで勃起しない

AVなど現実と離れた過度な刺激を見慣れるうちに、通常の性行為では興奮せず勃起しないことがあります。
脳の性的刺激の要求度が引き上がり、性行為の場面でも脳への性的興奮が十分に伝わらないことで勃起しなくなってしまいます。

更に、力強く握るハードオナニーを行い続けると、女性器の刺激では十分でなくなり中折れの原因になります。

また、射精を我慢し続けたことで、膀胱へ精子が逆流してしまう逆行性射精という不妊症になる可能性があります。
ソフトタッチを心掛けて握りましょう。


器質性:原因は加齢や生活習慣が問題

器質性EDは老化による血管機能の低下や生活習慣の乱れが原因器質性EDは、老化などによって血管の機能低下など、物理的な身体の問題となっています。

一昔前までEDは加齢によるものだと言われておりましたが、現在は生活習慣の乱れ(食生活・睡眠不足・運動不足など)が大きく関わっていると言われており、これらの改善は器質性EDを治療するうえでとても重要になります。

糖尿病や高血圧や高脂血症などの生活習慣病が発症することで、男性器の陰茎海綿体に血液が流れにくくなるのもEDの大きな原因となっています。


生活習慣が原因

偏った食生活・睡眠不足・運動不足が原因で勃起しないことがあります。

ファーストフード・ラーメン・お菓子など脂質や塩分が多く含まれた食事を食べすぎると、血液がドロドロになって男性器内の血流も悪くなり勃起しづらくなります。
過度な飲酒や喫煙も体内の血管が収縮してしまうので、同じことが言えます。

また、運動不足も血流の流れが悪くなる原因です。
車の移動を少し減らして歩くだけでも、生活習慣の改善につながるでしょう。

男性は睡眠中に、性欲を高めるテストステロンという男性ホルモンを分泌したり、睡眠中にしっかりと呼吸をすることで、勃起に必要な酵素を血液中に取りこみます。
睡眠が不足するということは、勃起に必要なこれらの要素を省いてしまうことになります。

日頃から、規則の正しい食生活適度な運動十分な睡眠をとることが改善へとつながります。

加齢が原因

加齢によってEDになる確率は上がってしまいます。

血管は年齢が上がるにつれて弾力性がなくなります。
弾力性がなくなると血管は十分に拡張がされず、勃起をするうえで必要な血液が男性器内の海綿体に行き渡らなくなります。

更に、年齢を重ねていくと勃起に必要な男性ホルモンのテストステロンの分泌量が低下してしまいます。
テストステロンが不足すると、性機能の低下・抗うつ感や落胆などが発生して更年期障害の可能性も出てきます。

加齢による男性器の衰えは、お肌などと同様に誰にでも起こる症状です。
少しでも心当たりがある方は病院で受診されることをおすすめします。

神経の障害・手術・治療のお薬によって勃起しない

薬剤性EDは、治療のために常用しているお薬の効果や副作用でEDになる症状です。
以下のお薬を服用している方は特に注意してください。

中枢神経に作用するお薬
  • 抗うつ薬
  • 抗けいれん薬
  • 解熱剤
循環器系に作用するお薬
  • 降圧剤
  • 利尿剤
  • 不整脈治療薬
消化器官に作用するお薬
  • 抗コリン薬
  • 鎮けい薬
その他のお薬
  • 睡眠薬
  • 向精神薬

などが挙げられます。

抗うつ薬に含まれているセロトニンは、人間の脳内にある神経伝達物質ですが、うつ症状の改善と同時に性機能を抑える役割もあります。
降圧剤は血圧を下げるお薬なので、男性器の血液が減少して勃起しないことがあります。

また、脳出血や脳腫瘍などの疾患や前立腺癌・直腸癌の手術の際に、海綿体の血管や神経を損傷したことで、神経系統などに異常が発生して勃起しないことがあります。
神経系統に異常があると、脳からの指令がうまく伝わらずに勃起ができなくなってしまうのです。

これらの心因性・器質性・薬剤性EDが重なる複合型EDがあります。
病気の改善のためのお薬ですが、担当の医師や薬剤師の方に、EDにならないお薬への変更や量を減らすなどを相談することをおすすめします。

勃起しないことを諦めない!

病院に通えない方には生活習慣の改善やED治療薬がおすすめEDには心因性・器質性・薬剤性など様々な種類があることがわかりました。
病院で治療はできますが、診察代・周囲の目が気になる・通院の手間などを考えると治療をしたくても病院に通えないという方も多くいるはずです。
生活習慣の改善やバイアグラなどの治療薬を服用することで、EDを克服して治療する方法もあります。


食事内容を見直す!

器質性EDの原因として生活習慣の乱れがあげられます。
生活習慣の改善の一つとして、食事方法を少し変えて、継続的に実施していくだけでも十分な改善を期待できます。

改善方法は下記の通りです。

  • よく噛んでゆっくり食べる
  • 満腹まで食べない
  • 一日3食決まった時間に食べる
  • 就寝前の3時間前は何も食べないようにする

更に、血液がドロドロだとEDを発症する可能性が高くなってしまいます。
下記は血液をサラサラにする食べ物の一覧になります。
頭文字をとって「オサカナスキヤネ」と覚えましょう。

オ・お茶 サ・魚
カ・海藻 ナ・納豆
ス・酢 キ・きのこ
ヤ・野菜 ネ・ねぎ

これらの食べ物をその日の献立に積極的に取り入れることで、血液が綺麗になりEDの改善につながります。

薬・サプリで改善!

器質性EDの方や心因性EDの方は、ED治療薬サプリメントを飲んで勃起することにより、セックスに慣れることでリハビリ効果が期待できます。
自分に合ったED治療薬を見つけましょう。

薬剤性EDの方は、服用する前に担当の医師や薬剤師に相談をしてください。

カマグラゴールド

バイアグラのジェネリック医薬品なので、値段も大幅に安くなりバイアグラと同様の効果があり人気があります。

シアリス

最大で36時間も勃起をサポートする日本でも認可されているED治療薬です。
持続時間が長いことから、欧米ではウィークエンドピルとも呼ばれています。

レビトラ

即効性があるので、早い方は飲んでから15分で効き始めます。
食事の影響を受けにくいことも大きな特徴です。

サプリメントは、天然成分のみで作られているので、副作用もないうえに継続的に使用することでEDそのものの改善効果が期待できます。

スペマン

精子増量の効果がある精力剤です。
男性器を健康にすることができます。

カピカチュ

男性ホルモンを活発にして性欲・勃起力の向上効果があります。
精子の数を増やす効果もあるので不妊の治療目的でも使用できます。

まとめ

勃起しない原因は、心因性・器質性・薬剤性に分かれていて、ご自身がどのタイプのEDなのかを判別することが改善への第一歩です。

食生活など生活習慣の改善を行うことでEDの治療につながります。
しかし、心因性EDを改善していくには根底にある心の問題を改善する必要があります。
パートナーと話し合うことや、ご自身が抱えてるトラウマと向き合う必要があります。

ED治療薬や媚薬は、勃起効果を与えてくれるので、スムーズに性行為を行うためのリハビリとして利用することができます。

EDは自然に改善するものではないので、ご自身の症状を見極めてご自身に合った方法を見つけて改善しましょう。


ジェネリックを知ろう
メールが届かない
お薬ラボ公式ライン@
お薬ラボ公式ツイッター
ビットキャッシュ決済 コンビニ お支払方法 COMODO

TOPへ