ジェネリックの需要

ジェネリック医薬品の世界需要はどの程度なのでしょうか?
近年日本でも厚生労働省の勧めでジェネリック医薬品の普及率を上げる取り組みが行われており、現在日本での普及率は40%程と言われており米国、ドイツなどは80%を超えているという調査結果もあります。欧米などの普及の背景にはやはり日本との医療制度の違いが大きな部分ではないでしょうか。日本の医療制度は治療費の負担を国が7~9割してくれますが、欧米にはこの様な医療保険制度はありません。欧米人は治療を受けるのにも薬を買うのにも高額な自己負担が掛かります。結果、同じ効果効能で安いジェネリック医薬品の普及率が上がっていった、という事なのかもしれません。日本においては国が負担してくれる部分も多いという事で普及が遅くなっているのです。

ジェネリック医薬品の普及率ただ、日本国においても医療費の抑制の為にジェネリック医薬品を推進し、2018年3月までに60%以上の普及を2020年末までに80%以上にする取り組みが行われている様です。この取り組みが正常通り進むと1.3兆円の医療費が削減となります。

メリット・デメリット

メリットはやはり安価で同じ成分の薬が手に入る事でしょう。新薬の特許期間が切れ、他のメーカーも同じような成分で製造販売出来るので開発コスト、研究コストが掛からずに同等の医薬品を作る事が出来るのがその理由です。コスト的にも2~7割程度ととても安価に手に入る薬も多数あります。分かりやすい説明をしていますのでご覧下さい。
逆にデメリットは?同じ成分で安価!良いとこだらけの様ですが、中には成分は同じですが添加物の量やコーティング剤などが違う事によりアレルギーが発生するなどの事例も多少なりあるようです。

先発薬との比較ジェネリックをより安全に活用する為に最近では「オーソライズドジェネリック(AG)」が注目されています。このAGは特許を保有する新薬メーカーからの公認のジェネリック医薬品で有効成分、製造方法、添加物まで新薬と同一にする許可を得ていてアレルギー反応の心配のないジェネリック医薬品となっています。
※記事に記載されている数字等は、官僚機関、研究機関、書籍等により発表されている報告をお薬ラボ独自の理解の元、表現、抜粋しているものです。当サイトは個人輸入の販売代行サイトになります。当サイトが研究の発表している正式なものではありません。