ジェネリックは安全

ジェネリック医薬品は安全なのでしょうか?

ジェネリック医薬品は安全

ジェネリック医薬品とは開発した製薬会社の独占使用特許期間が切れた後、成分は公表されていますので他の製薬会社が同じ様な主成分を使い安価に製造した薬の事を指します。

そのジェネリック医薬品の安全性について説明していきます。
日本で医薬品を販売するには各医薬品ごとに厚生労働大臣の製造販売の承認を取得しなければなりません。ジェネリック医薬品は既存の先発薬と同一の「有効成分」をなどを含み、効能・用法・用量が同一であり治療学的、既承認医薬品と同じ物として厚生労働大臣が承認した薬の事を指します。新薬は多くの利用者によりその効果や効能は確認されています。ジェネリック医薬品は新薬と同等の成分を使い、同じ様に体内で溶けるか?吸収されるか保存期間に品質が落ちないかなど、同等の効果が得られるのかを試験により確認をし、保障しています。

この様に新薬の実績を元に販売される為、効果・効能が確認されています。先発薬と同等性を確認するのは日本だけではなく欧州や欧米においても同等の承認審査が行われています。ジェネリック医薬品の添加剤(保存剤・着色剤)などの内用物に関して先発薬と違う成分の場合がありますが治療効果を妨げたりするものではありません。

ジェネリックの副作用

副作用に関しては、新薬・ジェネリック医薬品共に使用者の体調などにより起こりうる可能性はあります。その際は医師または薬剤師といった専門家に意見を聞きましょう。新薬とジェネリック医薬品が場合により、色や形が違う事があります。これは新薬の発売からジェネリックになるまでの期間で製造技術の進歩や製造会社の工夫などその時期により適した形に変化させている事によるものです。色を変えたり甘味を変えたりしてより飲みやすく変化させているので、効き目に関しては変わらずのまま製造されています。また、使用する添加物も安全性が確認されたもののみを使用し、幅広く医薬品に使われているものだけを使っているので安心です。再度の記載ですがアレルギーに関してはジェネリック・新薬に関わらず起こす事があるので安全にご利用頂く為に、異常が出た際は専門家にご確認の上使用しましょう。現在は新薬ではなくジェネリック医薬品を勧める医師や薬剤師も増えています。

以上の事から、ジェネリック医薬品は開発コストが掛からずかつ安全も確認されているので、 しっかりと理解して使えばより幅広く皆さまの生活を改善する事が出来ます。