製品カテゴリー
個人輸入医薬品
コンテンツ
お客様サポート
その他

精力減退の原因について

男性は、加齢による男性ホルモンの低下・生活習慣の乱れやストレスが原因で精力が減退していきます。気持ちは少年のつもりでも、いざセックスをしようとすると男性器が勃たない勃起不全(以下EDと記載)になっていた、という話もよく耳にします。精力減退の原因から改善方法までをまとめましたのでご覧ください。

精力減退でEDになってしまった

精力が減ったり性欲がわかないなど精力減退からEDになる「最近精力が減ってきた」「性欲が湧かない」など、精力の減退を感じていませんか?

男性はとてもデリケートな生き物なので、例えばストレスなどちょっとしたことが原因で勃起をすることが難しくなるEDを発症してしまいます。

勃起は、性的な刺激を受けると、脳からの神経伝達で興奮を陰茎に伝えます。
陰茎海綿体の動脈が拡張して十分な血液が流れこむことで、男性器は勃起するのです。

しかし、神経や血管に何かしらの異常があると、海綿体に十分な血液が送れないので、勃起効果が得られずEDになります。

EDには様々な種類があります。
ストレスや緊張などの精神面が原因の心因性EDや、加齢など身体の衰えが原因の器質性EDや、お薬の副作用による薬剤性EDなどがあります。

精力減退の原因とは?

加齢・ストレス・生活習慣の乱れなどが勃起不全の大きな原因男性は精力が減退していくのが生物学的にも一般的です。
10代や20代の頃では考えられない症状です。

精力減退は生物学的に一般的とはいえ、何歳になっても現役でいたいと思うのは男性なら当然のことです。

まずは精力が減退する原因から追究していきましょう。
精力が減退する原因を突き止めることで、改善へつながります。

加齢

30歳を過ぎると、勃起をするうえで必要な男性ホルモンのテストステロンの分泌が減少します。
テストステロンが減少すると、性機能障害・認知機能・気分障害・筋肉量の減少など、様々なことが起きてしまいます。
テストステロンを生成する精巣が、加齢に伴い衰えていくのが原因とされています。

また、勃起は男性器内の海綿体に血液を送りこむことで発生しますが、年齢を重ねると海綿体に血液を送る血管の弾力がなくなり、勃起に必要な血液が行き渡らずEDを発症してしまうのです。

生活習慣の乱れ

生活習慣が乱れると、精力減退やEDの原因になります。
糖尿病や動脈硬化など、様々な病気になる可能性も高くなります。

・偏った食生活

ラーメンや焼肉など脂が多い食べ物ばかり食べている方は、血流が悪くなり精力が低下します。
更に、お酒やタバコが好きな方も血管が収縮してしまい血流が悪くなり精力減退につながります。

・運動不足

男性ホルモンのテストステロンは、筋肉量が多い人ほど活発になります。
日頃から運動をされない方は筋肉量が少ないと言えるので、脳が「テストステロンをそんなに必要としていない」と判断してしまい、テストステロンの分泌量が低下します。

・睡眠不足

男性は睡眠中にテストステロンを分泌したり、勃起に必要な酵素を血液中に取りこみます。
睡眠が不規則だとこれらの要素を省いてしまうので、精力が減退します。

生活習慣が昔から乱れている方は、年齢が高ければ高いほど生活習慣の乱れが蓄積されている可能性があるので、特に注意が必要です。

ストレス

「ストレスが全くない」という方は、ほとんどいません。
仕事や家庭や人間関係など、何かしらのストレスを抱えているという方がほとんどでしょう。

ストレスなどの精神的な悩みを抱えていると、自律神経のバランスが乱れます。
自律神経のバランスが乱れると、副交感神経の働きが低下して男性ホルモンの分泌が減少し精力が減退します。

勃起は副交感神経が活発に動いている時に起こりやすいとされているので、副交感神経の働きの低下も、精力減退を招きます。

また、うつ病の治療で、精神安定剤や抗うつ剤や向精神薬などの治療薬を常用していると、副作用でEDを発症することもあります。

男性ホルモンを増やして精力減退を改善!

食事の改善と運動不足の改善で男性ホルモンが増える男性ホルモンは、男性の精力の源とも言ってもいいほど精力とつながりがあります。
30歳を超えると分泌量が低下するとのことですが、あくまでもそれは何もしなかった場合です。

男性ホルモンを増やす方法は多数あります。
以下の項目を少しでも普段の生活に取り入れ、男性ホルモンを増やして精力減退を改善しましょう。

食生活・睡眠・運動を見直す

男性ホルモンのテストステロンの原料は、卵の黄身に多く含まれているコレステロールです。
しかし、コレステロールの過剰摂取は、血液がドロドロになり生活習慣病を発症させます。

普段から揚げ物や炭水化物などカロリーが高い食事が中心の方は、サラダなどの野菜も必ず食べるようにしたり、睡眠の3時間前は何も口にしないなど、明日からでも簡単に実践できる方法です。
バランスの摂れた食事を心掛けましょう。

テストステロンは、睡眠中に多く分泌されます。
最低でも6時間は眠るように心掛けて、なるべく毎日同じ時間帯に就寝しましょう。

適度な運動は、男性ホルモンを増やすのに大変有効です。
エレベーターやエスカレーターをなるべく使わずに階段を使ったり、車移動を少しでも減らして最寄りの駅まで歩く習慣をつけるなど、少し工夫するだけで運動になるでしょう。

また、下半身の筋肉を動かすことは、テストステロンの分泌量が増えるとされています。
スクワットなどの簡単な下半身の運動で十分効果があります。

ストレスを溜めない!気分転換

ストレスを溜めることは、男性ホルモンの低下につながり精力減退の原因になります。
常にストレスがない状態を保つのは、非常に困難です。

仕事などで忙しい時こそ特に、時間を見つけて気分転換することを心掛けてください。

趣味でゴルフやショッピングなど、自分自身がイキイキする空間を探して取り組むようにしましょう。

趣味が特にないという方は、習い事に通ったり新しいことにチャレンジをすることで、テストステロンの分泌は増えます。

ストレスを溜めすぎずに適度に解消することで、心も身体も健康になります。

サプリメントを飲む

サプリメントを飲むことで、男性ホルモンを増やすことができます。
サプリメントは天然成分で作られているので、副作用の心配がなくどなたでも安心して使用することができます。

スペマンは、テストステロンのレベルを改善して精子の質を向上し、量を増加させます。
継続的に毎日使用することで、勃起力の向上やEDそのものを改善できる期待ができます。

A-HDエリートは、筋肉増強や男性ホルモンを適正化する為のサプリメントです。
男性ホルモンの効果を高めながら女性ホルモンの影響を抑えることで、筋肉質な身体づくりのサポートをします。

サプリメントではありませんが、セルノスジェル塗布タイプの男性ホルモン補充剤です。
腕や太ももの内側など皮膚の柔らかい部分に塗ることで、体毛量を増量させて男性器の機能が向上します。
EDの改善や筋肉の増強や脂肪燃焼にも効果があります。

ED治療薬で改善

「精力減退を改善したくても勃起しない」「EDなのでセックスしたくてもできない」「精力減退をすぐに改善したい」という方は、バイアグラなどのED治療薬がおすすめです。

ED治療薬を飲むと、体内の血管が拡張して男性器内の血流を促進させることで、勃起します。
ED治療薬自体に精力が向上する効果はありませんが、勃起のサポートをするお薬なので勃起力が向上します。

生活習慣の改善やサプリメントを使用する場合は、どうしてもある程度の時間を必要とします。
ED治療薬を飲めば15分~1時間ほどで効き始めます。
飲んですぐに勃起効果を感じることができるので、精力減退の改善に大変有効と言えます。

おすすめのED治療薬

世界初のED治療薬のバイアグラは6~8時間ほど勃起効果がある

バイアグラ

世界初のED治療薬です。30分~1時間ほどで効き始めて、6~8時間ほど勃起効果をサポートします。

バイアグラジェネリックのカマグラゴールドはバイアグラの半額以下の値段で購入可能

カマグラゴールド

バイアグラのジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品なので、効果や持続時間はバイアグラと同じですがバイアグラの半額以下の値段で購入ができます。

メガリスは勃起効果が最大36時間でシアリスの1/3の値段で購入可能

メガリス

シアリスのジェネリック医薬品なので、シアリスの1/3以下の値段で購入ができます。

食事の併用が可能で即効性があるレビスマはレビトラジェネリック

レビスマ

シアリスのジェネリック医薬品なので、シアリスの1/3以下の値段で購入ができます。

他のED治療薬の弱点を補ったアバナはステンドラジェネリック

アバナ

従来のED治療薬の弱点を補うために開発された、ステンドラのジェネリック医薬品です。副作用が限りなく少なく、即効性にも長けていて食事との併用も可能です。

シチュエーション別医薬品紹介

TOPへ