中出しされた!アフターケアについて

目次

中出し(膣内射精)の妊娠率について

膣内で射精する、いわゆる「中出し」をした場合、どのくらいの妊娠率があるのか知っていますか?女性の体は妊娠できる期間が毎月限られているので、膣内射精をしたセックスをいつしたのか、ということが妊娠の確率に一番大きく関わってきます。

妊娠の確率毎月規則正しく生理がきている女性に限りますが、妊娠可能期間の一番簡単な把握の仕方は、生理が始まる2週間前から生理が始まるくらいまでの間、という考え方です。この期間内に排卵があるため、この期間に膣内射精を行うと、精子と卵子が出会うことができるので妊娠可能な期間と言えます。その期間が俗に言う危険日です。

この危険日に膣内射精をした場合に妊娠する確率は20~30%です。危険日以外の安全日と呼ばれる期間の妊娠確率は1年間安全日のみに膣内射精した場合でも1~25%といわれています。ですが生理の日程を左右する排卵はストレスや体調などのささいな理由でずれこんでしまう為、カレンダー通りに「絶対に安全日」「絶対に妊娠しない」と言うことはできません


避妊手術について

パイプカットという男性避妊手術の名前を知っている人は多いと思います。
実は女性にも避妊手術ができることを知っていますか?

卵管結紮術(卵管を切断・卵管を留める)女性の避妊手術は卵管結紮術という手術です。卵子の通り道である卵管を切断してしまう方法クリップで卵管を留める方法があります。これにより、卵子が子宮にたどりつくこともなく、精子と出会うこともないので、ほぼ100%の避妊することができます。この手術はお腹を切って行う手術と膣から行う手術があります。日帰りで行うことができますし、定期的なメンテナンスも不要です。病院にもよりますが、10,000~20,000円ほどの費用がかかります。この手術の後も排卵は行われるため、生理も通常通り毎月おこります。この手術を受けた後に妊娠をしたいと思っても簡単に妊娠することはできなくなりますので、リスクを覚悟したうえで受ける必要があります。


アフターピル(緊急避妊薬)で確実に対処する

まず、アフターピルは中絶とは違うということを理解してください。コンドームと同じく妊娠をする前に避妊をすることです。コンドームなどは前もって避妊をする方法で、アフターピルは失敗してしまった場合や、無理矢理中出しされてしまった場合などの場合に対処するための避妊薬です。

アフターピル(緊急避妊薬)で対応72時間以内に服用することで強制的に体を生理の状況を作りだすことで妊娠の確率を下げることができます。この確率はとても高く、24時間以内に服用することで98.5%もの確率です。ぎりぎりの72時間であっても95%と言われているので安心してください。

こんなにも高確率だと、逆に怖いような気もするかもしれません。確かに副作用はありますし、体は辛いかも知れませんが、万が一妊娠が成立して中絶をすることになってしまうことを考えれば身体的にも精神的にも負担は軽いはずです。アフターピルを服用して避妊をしても、その後妊娠しにくくなってしまったり、妊娠に問題が生じることはないとされていますので安心してください。


病院で処方してもらう

アフターピルは一般的には病院で処方してもらって入手することになります。ですが、アフターピルは保険適応外の扱いになるため、10割負担しなければなりませんし、自由診療ですので病院ごとに値段が変わります。だいたいの相場として、ヤッペ法で5000円前後、ノルレボ法で15,000~20,000円と、とても高額になります。この他にも診察代などもかかりますのでお金に余裕を持って病院へ行く必要があります。

現代では一般的になってきたアフターピルですが、否定的な医師もまだいるのも事実です。理由によってはアフターピルの処方をしてくれない、という医師もまれにいると言われています。アフターピル自体を取り扱っていないという病院もありますので必ず事前に電話などで確認をして行くことをお勧めします。

通販サイトで予め準備する

実際にアフターピルを使用した人からよく聞く声が「予め携帯しておいてよかった!」という声です。アフターピルは服用のタイミングが早ければ早いほどに避妊成功確率が上がります。ですが、いざ必要!という時に手元にないと、病院へ行って医師に処方してもらってから服用することになってしまうため、服用するまでにとても時間がかかってしまいます。その間、早く飲みたいのに!と気持ちばかり焦ってしまって辛いですよね。そうならないためにも、個人輸入代行などをうまく活用して事前に購入し、もしもの時のために化粧ポーチなどに入れて持ち歩くことをオススメします。

服用しないですむことが一番ですが、自分を守るためにもお守り代わりに持ってみてはいかがでしょうか。また、通販で購入することで、誰にも知られずに済むというメリットがあります。病院で処方してもらうには氏名などを知られてしまいますし、人にも会ってしまいますよね。その点、通販なら人に会うこともなく購入することができますので安心です。