カマグラゴールドの持続時間と即効性

カマグラゴールドを購入する勃起不全(ED)の治療薬であるカマグラゴールドは、即効性やその効果からバイアグラのジェネリック医薬品の中でも人気の高いお薬となっています。では実際に服用したらどれくらいで効き始めるのか?どれくらい効果が持続するのか?などカマグラゴールドの持続時間と即効性について分かりやすく説明していきます。


カマグラゴールドの効果持続時間

EDの治療薬として最も有名なのがバイアグラとなっておりますが、最近ではジェネリック医薬品も増えてきており、様々なED治療薬が手軽に購入できる時代になりました。
ジェネリック医薬品とは、特許の切れたお薬を他社が作ることによって従来のお薬よりもお値段が安い特徴があります。

そんな中、バイアグラのジェネリックとして多くの方が愛用しているカマグラゴールドには、どれほどの持続時間と即効性があるのか詳しく知らずに服用している方もいらっしゃると思います。

カマグラゴールドの効果や持続時間に関しては、体調や食事やアルコールの影響など様々な要因によって異なる場合があります。
知らずに服用して実は損をしていた!というようなことがないよう、正しい知識を身につけてED治療薬を有効に活用しましょう。

最大持続時間は?

カマグラゴールドの最大持続時間は一般的に4~6時間とされています。
一般的に、女性の挿入時間に対する理想はおよそ5~15分と言われておりますので、4~6時間もの持続時間があれば十分に相手を満足させてあげることができるでしょう。

カマグラゴールドの有効成分であるシルデナフィルは50mg、100mgの2種類が存在しますが、これらは服用してからの血中濃度が高いか低いかの違いであり、持続時間に関しては変わりありません。

日本で認められている摂取量は50mgまでとなっております。
日本人の体格は欧米人と比べて小さめなので、50mgもしくは25mgでも十分な効果と持続時間は得られます。
25mgは売られていないので、50mgをピルカッターで半分に切って服用しましょう。

効き始めまで最速で何分?

即効性があるため外出時の服用は避けましょうカマグラゴールドを服用してから効果があらわれ始めるまでの時間は、個人差もありますが早い人なら最短で20分ほど、遅い人でも40分ほどです。
即効性に長けているので外出中の服用はなるべく控えましょう。

どなたでも共通して言えることが、有効成分であるシルデナフィルは服用してから40分前後で血中濃度がマックスになるという点です。
これはED治療薬に限らず、一般的にお薬というのは服用してから血中濃度がマックスになり、徐々に効果が薄れていくものです。

カマグラゴールドの場合は服用してから40分前後で血中濃度がマックスになり、3時間ほどで効果が半減し、6時間ほど経過すると完全に効果がなくなります。
人によっては20分ほどで効果があらわれますが、血中濃度で言えば最大まで高まっていない場合もありますので、焦らず余裕を持って性行為に及ぶと良いでしょう。


副作用と持続時間・即効性の関連性

カマグラゴールドも含めたED治療薬には、少なからず副作用があらわれます。
一般的に多くあらわれる症状は、頭痛・顔の火照り・鼻づまり・動悸・胸焼けなどとなっておりますが、これらは持続時間や即効性とも関連しております。

多くの人はED治療薬に対して、勃起するかどうかという効果を重要視している傾向がありますが、本来だとバイアグラは心臓の血管を拡張させるための目的で製造されたお薬となっておりますので、人によってはかなり重い副作用に悩まされることもあるでしょう。

既にカマグラゴールドを服用している方も、これから服用することを考えている方も、副作用に対する危険性はしっかりと理解しておく必要があるでしょう。

副作用と持続時間

頭痛が激しい場合はロキソニンなどの鎮痛剤で痛みを抑えることも可能ですが、個人差がありますカマグラゴールドの最大持続時間は4~6時間と言われておりますが、効果がそれだけ続くということは、当然ながら副作用も続くということになります。

有効成分であるシルデナフィルには、勃起の妨げになるPDE-5という酵素の働きを抑えて血管を拡張させる効果がありますので、それに伴って血圧も低下してしまい頭痛や動悸などの副作用があらわれるのです。

頭痛が激しい場合はロキソニンなどの鎮痛剤で痛みを抑えることも可能ですが、副作用の感じ方に関しては個人差もありますので、中には全く副作用を感じないという方もいらっしゃるでしょう。

副作用を感じなかったとしても、血管が拡張されているという身体の変化は誰しも共通であり、潜在的な副作用があらわれているので注意しましょう。


副作用と即効性

カマグラゴールドは服用してから20~40分ほどで効果があらわれますので、一般的なお薬と比較して即効性が高いという特徴があります。
即効性が高いということは、それだけ強く副作用があらわれるということにもつながります。
急に血管が広がれば血流も一気に促進されて早くなり、身体に負担がかかってしまうからです。

これがお薬の効果ではなく、長い月日をかけて少しずつ血管が拡がった場合だと、血圧は下がっても急な変化があるわけではないので大きな異変はあらわれないでしょう。
即効性があるということは、急速に血管を拡張させているわけなので、それだけ身体にも変化が起きて副作用があらわれるということを理解しておきましょう。

食事と持続時間・即効性の関連性

カマグラゴールドの持続時間については、服用方法にも大きな関わりがあります。
特に重要なのは食事との関係性です。

基本的にED治療薬を服用する際は空腹時がベストと言われておりますが、なぜ食後だと効果が悪くなってしまうのか、その理由までは分からない方も多いと思います。
食前に服用するのと、食後に服用するのでは一体何が違うのか?

持続時間や即効性にも深く関係しておりますので、正しい服用方法をしっかりと理解してベストなタイミングで服用するよう心がけましょう。

食事と持続時間

消化中は吸収されにくいためカマグラは食前の服用がおすすめ食後にカマグラゴールドを服用すると効果も持続時間も半減してしまいます。
カマグラゴールドに含まれているシルデナフィルは、胃よりも腸で吸収されやすい性質となっているため、満腹時に服用してしまうとお薬の成分が腸に届く前に胃の中で溶けてしまいます。

食後だと、身体は食べ物の消化にエネルギーを使うため、胃が活発に動いている状態となり、胃の中に食べ物が多く入っている状態だと胃酸が沢山出ます。
胃酸が沢山出てしまうと、お薬が腸に届く前に胃の中で溶けてしまいます。

その結果、十分な効果を得ることができず持続時間も本来よりずっと短くなってしまう可能性が高いのです。
特に、焼肉やハンバーガーなど脂っこい物との食べ合わせは、全く効果があらわれない場合もありますので注意してください。


食事と即効性

胃の中で食べ物を消化している間はお薬も腸に届かない状態になりますので、効果があらわれるまでの時間も遅くなってしまいます。

仮にお薬が胃の中で完全に溶けずに腸までしっかり届いたとしても、食後の場合だと胃の中の食べ物を消化して腸に送り出すための時間がありますので、どうしても効果があらわれるまでの時間が遅くなってしまうのです。

カマグラゴールドは服用してから体内の血中濃度をマックスまで高められる時間はおよそ3時間となりますので、食後に服用したとして胃の中の食べ物を消化するまでの時間が2時間かかってしまった場合、1時間しか最大の効果を得られなくなってしまいます。

もちろん持続時間は残っておりますが、最大限の効果を得られる時間帯は過ぎてしまっている場合がありますので、服用の際は空腹時にするよう心掛けておきましょう。

カマグラゴールドの最大摂取量

仮に、もし普通の人よりも体格の大きい男性だったとしても、お薬に対する耐性というのはほとんど差がありませんので、絶対に50mgを超えないように注意してください。

カマグラゴールドの最大摂取量は一日に100mgまでとなっております。
100mgのタイプは、日本人と比べて体格の大きい欧米人向けに開発された用量なので、通常よりも強い副作用が起きてしまう可能性がかなり高いです。
また、一度服用したら最低でも24時間以上の間隔を空けるように注意しましょう。

カマグラゴールドの最大持続時間は4~6時間となっておりますが、お薬の成分自体は24時間ほど体内に滞在しますので、もし続けて服用してしまったら身体に大きな負担がかかり思わぬ副作用の原因となってしまう可能性があります。

仮に、もし普通の人よりも体格の大きい男性だったとしても、お薬に対する耐性というのはほとんど差がありませんので、絶対に100mgを超えないように注意してください。

50mgと100mgの持続時間と即効性の関連性

カマグラゴールドの50mgと、欧米人の体格に合わせて開発された100mgでは、実際にどのぐらい効果の違いがあるのか?

まず、持続時間や即効性に関してはほとんど差がありません。
100mgを服用したとしても、効き始めまでの時間は20~40分ほどかかりますし、最大持続時間も5~6時間となっております。
100mgなら持続時間も長くなると思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、決してそのようなことはありませんので注意してください。

では50mgと100mgの違いは何なのでしょうか?
それは服用した際の血中濃度の高さです。
血中濃度が高くなれば、男性器に性的な刺激を受けた際の勃起力が向上し、勃起した状態が戻りにくくなるというメリットがあります。

しかし、血中濃度が高くなる分、強い副作用があらわれるデメリットもあるのです。
日本人の体格ならば50mg、もしくはその半分の25mgでも十分な効果を得られるので、わざわざ副作用のリスクを冒してまで100mgを服用する必要はないということですね。

まとめ

カマグラゴールドは基本的には服用してから効果があらわれるまで20~40分ほどとなっており、最大持続時間は5~6時間だということがご理解いただけたかと思います。
これは空腹時に正しい方法で服用した場合の目安であり、食後に服用したり体調が優れない場合はその都度変わってきてしまいます。

即効性があるということは、それだけ副作用のリスクもありお薬の効果が持続している間は副作用も続くということも分かりましたね。
あまりにも強い副作用があらわれる場合は、医師に相談するか服用を控えたほうが良いでしょう。

服用する有効成分の摂取量に関しては、血中濃度の違いがあるだけで、持続時間や即効性に関してはほぼ関係ないということです。
飲む量を増やしても持続時間が長くなったり早く効いたりすることはありませんので、くれぐれも注意して正しい方法で服用するよう心掛けましょう。

カマグラキャンペーン
お支払方法 コンビニ COMODO

お薬ラボのご利用上の注意事項

  • ・お薬ラボで取扱う商品は全て海外で認可のある薬局から発送されていますのでご安心ください。
  • ・商品のパッケージや見た目など、製造元によっては違う場合があり、商品詳細ページに添付されている画像とは異なることがあります。
  • ・お薬ラボにおける個人情報については個人情報の取り扱いをご覧ください。
  • ・当サイトは個人の輸入代行サービスになります。当サイト内の効果・効能・副作用などにつきましては販売メーカー発表の製品概要を参考にしております。詳しい情報につきましては販売元、医療従事者の薬剤情報、商品情報を参考の後、当サイトにてご購入下さい

お薬ラボのセキュリティについて

  • ・お薬ラボではお客様のセキュリティ遵守として、購入代金を信頼ある決済代行企業に委託しております。
  • ・お薬ラボはSSL認証に対応しております。お客様の入力した情報は暗号化しておりますので安心してご利用ください。

TOPへ