レビトラの注意点とは

レビトラは、即効性に長けていて食事と併用することができる勃起不全(以下EDと記載)の治療薬として世界中の男性から人気があります。しかし、注意点を知らないまま服用すると、効果が半減したり副作用が強くあらわれてしまう可能性があります。正常に勃起効果を発揮するために、注意点を把握してからレビトラを利用しましょう。

レビトラの注意点

レビトラの注意点を知らないとトラブルが起きるレビトラは病院でも処方されることから、認知度の高いED治療薬と言えます。
今では病院に通わなくても個人輸入代行サイトによって、手軽にどなたでも購入出来るようになりました。

しかし、手軽に購入できるからこそ、あらかじめ知っておかなければならない注意点があります。
注意点を知らずにレビトラを服用してしまうと、十分な勃起効果を得られなかったり、場合によっては重篤な症状を引き起こす可能性があります。
こういったトラブルが起きないように、注意点をしっかりと押さえてからレビトラを服用しましょう。


即効性の注意点

他のED治療薬と比べて、レビトラは「効き始めが早く即効性に長けている」という特徴があります。

バイアグラなどの一般的なED治療薬は、服用してから効き始めるまでに30分~1時間ほど時間を要します。
レビトラの有効成分であるバルデナフィルは、水に溶けやすい特性があることから早い方だと15分ほどで勃起効果が得られます。

バイアグラなどのED治療薬に慣れている方が、バイアグラと同じ感覚でレビトラを服用すると、予想よりも早く勃起効果があらわれてしまい、思わぬ事態を招く可能性があります。
外出先など、人が沢山いる場所で効果があらわれて困ることのないように注意しましょう。

初めてレビトラを服用する方は、試しに自宅などで服用して、自分がどれぐらいの時間で勃起効果があらわれるのかをしっかりと把握しておきましょう。
2回目以降は、初めて服用した時の効き始めまでの時間を参考にして、ご自身で時間を計算して調整しながら服用することをおすすめしています。

食事と併用する場合の注意点

レビトラには効き始めまでの時間が早い即効性と、食事の影響を受けにくいという特徴があります。
「食事の影響を受けにくい」のであり、「食事の影響は受けない」というわけではありません。
食事と併用する場合は食事内容に注意しましょう。

食事とレビトラを併用する場合は食前の服用にして、服用してから30分以上時間を空けてください。
レビトラの製造元であるバイエル社が公表している資料を要約すると、「総カロリーが700kcal以下で、脂質が23.3g以下であれば食事の影響を受けない」とあります。

焼肉やステーキなどの脂っこい食事は、腸の壁に脂の膜が張り付いてしまい有効成分のバルデナフィルが身体に吸収されにくくなり、十分な効果を得られない可能性が高くなります。
和食や野菜中心などの脂っこくないヘルシーな食事にするようにして、満腹までは食べずに腹7~8分目ぐらいまでに抑えるように注意しましょう。

アルコール・グレープフルーツには要注意

お酒に含まれるアルコールは、レビトラと併用時に注意が必要です。

レビトラを飲むと有効成分のバルデナフィルが、体内の血管を拡張して男性器内の血流が促進されることで、EDでお悩みの方でも勃起することができます。

血管が拡張されている時にお酒を飲みすぎてしまうと、普段よりも酔いが回りやすくなり大変危険です。
少量のアルコールでしたら精神安定作用によってリラックス効果を得られるので、問題はありません。
レビトラとお酒を併用する時は、1杯だけに抑えるなどたしなむ程度にしましょう。

また、グレープフルーツ(ジュース含む)に含まれるフラノクマリンは、レビトラと併用して飲んでしまうと、相互作用によって効果や副作用が強くあらわれたり、代謝が遅れたりする可能性があります。

この症状は、グレープフルーツを食べてから2~3日経過しても起こる可能性があります。
グレープフルーツを食べてから2~3日間はレビトラを服用しないように注意しましょう。

人気のお薬なので偽物に注意

レビトラは日本だけでなく世界中の悩める男性から人気があります。
しかし、人気がある一方で精巧に作られた偽物のお薬が、悪質な通販サイトによって販売されているという事実もあります。

偽物のお薬は不衛生な環境で製造されている場合が多く、品質管理にも問題があるでしょう。
更に、勃起とは関係のない不純物が混入されていたり、有効成分のバルデナフィルが通常の何倍も含まれていたりと、どんな健康被害を及ばすか分からないので非常に危険です。

悪質な通販サイトから購入してしまうと、偽物のお薬が届く可能性が非常に高いので、個人輸入代行サイトを利用する際には十分な注意が必要です。

レビトラをインターネットで購入する際は、何年も運営実績のあるサイトや、外部サイトの口コミなどを参考にして、優良な通販サイトを選ぶ必要があります。

副作用に注意しましょう

レビトラの効果と副作用は同時に起こるレビトラを飲むと、男性器内の血管だけでなく体内の血管が拡張されます。
体内の血管が拡張されたことによって、副作用が起こる可能性があります。

主な症状は、頭痛、鼻づまり、顔の火照り、目の充血などがあげられます。

副作用と聞くと怖いイメージがあるかも知れませんが、レビトラなどのED治療薬の副作用は「お薬の効果が身体にあらわれてきた合図」と思っていただいて構いません。
レビトラの効果が切れると、これらの副作用も治まりますので問題はありません。

副作用が気になる方は、ピルカッターで半錠にして飲むことで副作用の発生を軽減することができます。
「半錠にしても十分に勃起効果を得られた」という声をよく耳にするので、初めてレビトラを飲む方にもおすすめの服用方法です。


併用禁忌・併用注意について

併用禁忌とは、レビトラと同時に服用すると様々な悪影響を身体に与える可能性があり、場合によっては命に危険を及ぼす可能性があります。
レビトラを飲む前に必ず確認をしてください。

レビトラの効果と副作用は同時に起こる主な併用禁忌薬は、心臓病などの治療中に処方される硝酸塩や、HIVの治療などに用いられる抗ウイルス薬、水虫など菌による感染症の治療薬であるケトコナゾールなどがあります。

これらのお薬とレビトラを誤って併用してしまうと、心臓に負担がかかったり血中濃度の増加など、様々な危険性があります。
必ず確認してから服用するように注意してください。

また、前立腺がんの治療薬であるビカルタミド(カソデックス)や急性心不全の治療薬であるカルペリチドなどを服用している方は、レビトラと併用しても問題がないか担当の医師に確認をしてください。

上記のお薬以外でも、常用しているお薬がある方や持病をお持ちの方は、レビトラを飲む前に担当の医師などに確認をしてください。


まとめ

レビトラは食事の影響を受けにくいですが、脂っこい食べ物や量を食べすぎると有効成分のバルデナフィルが吸収されにくくなり、効果が半減されたり発揮されない可能性がありますので、食事内容には十分に注意が必要です。

レビトラは医薬品なので、副作用や併用禁忌があります。
レビトラの効果が切れると副作用も治まるのであまり気にしなくて平気ですが、効果が切れても副作用の症状が治まらない場合は、お近くの病院に相談してください。

硝酸塩や抗ウイルス薬などとレビトラを併用すると、身体に悪影響を与える可能性があります。
常用しているお薬がある方や持病をお持ちの方は、レビトラと併用しても問題がないかを担当の医師などに確認するように注意してください。

便利になった現代では、インターネットで気軽にレビトラを購入できるようになりました。
だからこそ知識が何もない状態での服用は、勃起効果が発揮されなかったり身体に悪影響を与えてしまう可能性もあり、非常に危険です。

レビトラはEDを改善できる心強いお薬ですが、医薬品なので注意事項をよく確認してから飲むように心掛けましょう。


お薬ラボ公式ライン@
お薬ラボ公式ツイッター
ビットキャッシュ決済 コンビニ お支払方法 COMODO

お薬ラボのご利用上の注意事項

  • ・お薬ラボで取扱う商品は全て海外で認可のある薬局から発送されていますのでご安心ください。
  • ・商品のパッケージや見た目など、製造元によっては違う場合があり、商品詳細ページに添付されている画像とは異なることがあります。
  • ・お薬ラボにおける個人情報については個人情報の取り扱いをご覧ください。
  • ・当サイトは個人の輸入代行サービスになります。当サイト内の効果・効能・副作用などにつきましては販売メーカー発表の製品概要を参考にしております。詳しい情報につきましては販売元、医療従事者の薬剤情報、商品情報を参考の後、当サイトにてご購入下さい

お薬ラボのセキュリティについて

  • ・お薬ラボではお客様のセキュリティ遵守として、購入代金を信頼ある決済代行企業に委託しております。
  • ・お薬ラボはSSL認証に対応しております。お客様の入力した情報は暗号化しておりますので安心してご利用ください。

TOPへ