レビトラの併用禁忌について

ED(勃起不全障害)の治療薬であるレビトラには併用禁忌薬があります。
併用禁忌薬と一緒に服用してしまうと、様々な副作用や身体に悪影響を与える可能性があり大変危険です。

心因性EDは人間関係や仕事のトラブルなどストレスが原因また、以下に該当する方はレビトラを服用することができません

  • 女性の方や未成年(既婚者を除く)の方
  • レビトラの成分に対して過敏症(アレルギー)がある方
  • 低血圧(最大血圧が90mmHg以下)の方や高血圧(最大血圧が170mmHg以上または最小血圧が100mmHg以上)の方
  • 最近6ヵ月以内に脳梗塞や脳出血や心筋梗塞を起こした方
  • 心血管系障害などにより医師から性行為が不適当だと診断された方
  • 重い肝障害のある方
  • 不安定狭心症の方
  • 血液透析が必要な腎障害のある方
  • 網膜色素変性症(進行性の夜盲)の方

上記に該当する方で、現在服用中のお薬がある方は、これからご説明する併用禁忌薬に該当しない場合でも、レビトラの服用前に担当の医師にご相談ください。


抗真菌薬

抗真菌薬とは、真菌が原因で処方されるお薬です。
身体の表面や腸内に常在している真菌には、白癬菌(はくせんきん)カンジダ菌などがあります。
白癬菌は「水虫」などがあります。
カンジダ菌は女性に感染しやすい性感染症「膣カンジダ症」があります。
これらの感染症の治療をするお薬が抗真菌薬です。

レビトラの有効成分である「バルデナフィル」と誤って併用してしまうと、血中濃度が上昇する危険があるため、併用することはできません。
ですが、外用薬(クリーム状の塗り薬など)は併用可能です。

抗真菌薬一覧

イコナゾンカプセル50 イデノラートカプセル50mg
イトラートカプセル50 イトラコネート錠50mg
ケトコナゾール ※外用薬は除きます イトラリール錠50/100
イトリゾールカプセル50 イトリゾール注1%
イトリゾール内服液1% トラコナ錠50mg/100mg
イトラコンカプセル50 -

抗ウイルス薬(HIV治療薬)

エイズウイルスの治療薬の中に、併用禁忌となっている抗ウイルス薬があります。

レビトラの作用は陰茎だけでなく体内の血液の流れを良くするため、抗ウイルス薬と併用をしてしまうと、血中濃度が上昇してしまい、体内に悪影響を及ぼします。
大変危険なため併用することがないように注意してください。

抗ウイルス薬(HIV治療薬)一覧

インビラーゼカプセル200mg インビラーゼ錠500mg
カレトラ錠 カレトラ・ソフトカプセル
カレトラ・リキッド クリキシバンカプセル/200mg
スタリビルド配合錠 ノービア・ソフトカプセル100mg
ノービア・リキッド フォートベイスカプセル
ブリジスタ錠300mg レイアタッツカプセル150mg/200mg
レクシヴァ錠700 -

抗不整脈薬

抗不整脈薬とは、心臓が安定したリズムで動いていない方のための脈を整える治療薬です。
心拍数が遅い場合は「徐脈性不整脈」と呼ばれ、反対に速く動く場合は「頻脈性不整脈」と呼ばれています。

レビトラと併用すると、心臓に負担がかかり異常な働きをする可能性があるので併用禁忌薬とされています。

抗不整脈薬一覧

アジマリン錠50「イセイ」 アジマリン錠「ヨウシン」
アミオダロン塩酸塩錠100mg「サワイ」 アミオダロン塩酸塩錠100mg「サンド」
アミサリン錠125mg/250mg アミサリン注
アンカロン錠100 アンカロン注150
ジソピラR錠 ジソピラミドカプセル100mg「タイヨー」
ジソピランカプセル シノベジール錠50mg/100mg
シベノール錠50mg/100mg シベノール注射液
シベンゾリンコハク酸塩錠50mg/100mg「サワイ」 シベンゾリンコハク酸塩錠50mg/100mg「タナベ」
シンビット静注用50mg ソタコール錠40mg/80mg
ソピラート「カプセル」/カプセル100mg タイリンダーR錠
タイリンダーカプセル チヨバンカプセル50mg/100mg
ノルペース50mg/100mg ノルペースCR錠
ピメノールカプセル50mg/100mg ファンミルR錠150mg
ファンミルカプセル リスピンR錠150mg
リスピンカプセル100mg リスモダンR錠150mg
リスラミドR錠150mg リゾラミドR錠
リゾラミドカプセル 硫酸キニジン錠
硫酸キニジン錠「ホエイ」 硫酸キニジン「ホエイ」

硝酸剤

硝酸剤とは、心筋梗塞、虚血性心疾患、狭心症などの治療に使われる血管拡張剤です。
心臓のまわりにある冠動脈を拡張して血流を増加させる作用は、レビトラやED治療薬全般の効果と非常に組み合わせが悪いため、併用禁忌薬とされています。
また、緑内障・高眼圧症治療剤なども、血圧が急激に低下する危険性が非常に高いので併用することはできません。

硝酸剤

アイスラール錠20mg アイトロール錠10mg/20mg
アイロクール錠20 亜硝酸アミル「第一三共」
アパティアテープ40mg アンタップテープ40mg
イソコロナールRカプセル20mg イソニトール錠10mg/20mg
イソピットテープ40mg 一硝酸イソソルビド錠10mg/20mg「タイヨー」
L-オーネスゲン錠20mg カリアントSRカプセル20mg
冠動注用ミリスロール0.5mg/10mL サークレス注0.05%/0.1%
サワドールL錠20mg サワドールテープ40mg
ジアセラL錠20mg シグマート錠2.5mg/5mg
シグマート注2mg/12mg/48mg ジドレンテープ
硝酸イソソルビドテープ「EMEC」 硝酸イソソルビドテープ「サワイ」
硝酸イソソルビドテープ「テイコク」 硝酸硝酸イソソルビド徐放錠20mg「サワイ」
シルビノール錠5mg ソプレロール錠10mg/20mg
タイシロール錠10mg/20mg ニコランジス錠5mg
ニコランジル錠2.5mg/5mg「サワイ」 ニコランジル錠2.5mg/5mg「日医工」
ニコランジル点滴静注用2mg/12mg/48mg「F」 ニコランジル点滴静注用2mg/12mg/48mg「サワイ」
ニコランジル点滴静注用2mg/12mg/48mg「日医工」 ニコランタ錠5
ニコランマート錠5mg ニトプロ持続静注液6mg/30mg
ニトラステープ40mg ニトロールRカプセル20mg
ニトロール持続静注25mgシリンジ ニトロール錠5mg
ニトロールスプレー1.25mg ニトロール注5mg
ニトロール注5mgシリンジ ニトロール点滴静注50mg/100mgバッグ
ニトログリセリン舌下錠0.3mg(NK) ニトログリセリン注1mg/5mg/25mg/50mg(HK)
ニトログリセリン点滴静注50mg(HK) ニトログリセリン注25mg/50mg「テルモ」
ニトロダームTTS25mg ニトロペン舌下錠0.3mg
ハイパジールコーワ錠3/6 バソレーター注1mg/5mg/25mg/50mg
バソレーターテープ27mg フランドル錠20mg
フランドルテープ40mg ミオコールスプレー0.3mg
ミオコール静注1mg/5mg ミオコール点滴静注25mg/50mg
ミニトロテープ27mg ミリステープ5mg
ミリスロール注1mg/5mg/25mg/50mg メディトランステープ27mg
リファタックテープ40mg -

慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬

慢性血栓塞栓性肺高血圧症とは、略称「シーテフ(CTEPH)」と呼ばれている肺と心臓の病気です。
肺と心臓の血液の流れが悪くなる病気なので、レビトラと併用すると症候性低血圧を起こす可能性があるため併用することができません。
治療薬はアデムパス錠(1mg/5mg/25mg)などがあります。

併用注意薬

レビトラと併用したことで、場合によっては身体に悪影響を与える可能性があるお薬のことを併用注意薬と言います。
血中濃度の上昇や副作用が強くあらわれるなど、併用禁忌ほどではないにしても注意が必要です。
こちらもレビトラを服用する前に必ず確認をしましょう。

ビカルタミド(カソデックス)

前立腺癌の治療薬です。
レビトラと併用すると血中濃度が上昇してしまう可能性があります。

マクロライド系抗生物質

マイコプラズマやクラミジアなどの菌に対して高い抗菌作用がある治療薬です。
レビトラと併用すると血中濃度が上昇してしまう可能性があります。

α遮断薬

高血圧症治療薬や前立腺肥大症に伴う排尿障害改善薬です。
レビトラと併用すると血管拡張作用による高圧作用が強くなり、血圧が低下する可能性があります。

カルペリチド

急性心不全の治療薬です。
レビトラと併用すると血管拡張作用による高圧作用が強くなり、血圧が低下する可能性があります。

リファンピシン(リファジン・アプテシン)

結核の治療薬です。
レビトラと併用すると血中濃度が下降してしまい、レビトラの効果が低下する可能性があります。

グレープフルーツを摂取した際は3日以上間隔をあけるまた、グレープフルーツに含まれるフラノクマリンという成分は、レビトラと併用すると血中濃度が高くなる可能性があり、レビトラの効果や副作用が強くあらわれる可能性があるので注意が必要です。
グレープフルーツを摂取してから3日間はレビトラを服用しないようにしましょう。

上記のお薬以外にも常用しているお薬のある方・持病をお持ちの方は、レビトラを服用する前に担当の医師に確認をしてから服用しましょう。



お支払方法 コンビニ COMODO

お薬ラボのご利用上の注意事項

  • ・お薬ラボで取扱う商品は全て海外で認可のある薬局から発送されていますのでご安心ください。
  • ・商品のパッケージや見た目など、製造元によっては違う場合があり、商品詳細ページに添付されている画像とは異なることがあります。
  • ・お薬ラボにおける個人情報については個人情報の取り扱いをご覧ください。
  • ・当サイトは個人の輸入代行サービスになります。当サイト内の効果・効能・副作用などにつきましては販売メーカー発表の製品概要を参考にしております。詳しい情報につきましては販売元、医療従事者の薬剤情報、商品情報を参考の後、当サイトにてご購入下さい

お薬ラボのセキュリティについて

  • ・お薬ラボではお客様のセキュリティ遵守として、購入代金を信頼ある決済代行企業に委託しております。
  • ・お薬ラボはSSL認証に対応しております。お客様の入力した情報は暗号化しておりますので安心してご利用ください。

TOPへ