レビトラと食事の関係性とは?

食後に勃起不全(以下EDと記載)の治療薬を飲んだら効果が出なかった!こんな体験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。レビトラは食事と併用しても勃起効果を得られるED治療薬として知られていますが、どんな食事内容でも勃起効果を得られるのでしょうか?食事内容で効果が変わることはあるのでしょうか?間違った認識をしていると、ここぞという時に失敗してしまうかも知れません。レビトラと食事の関係性を把握して、上手にレビトラを活用しましょう。

レビトラと食事について

ED治療薬と食事の併用は相性が悪いが、レビトラはしっかり勃起効果があるレビトラと他のED治療薬との大きな違いは、「食事と併用しても勃起効果を得られる」ことです。

一般的なED治療薬は、食事と併用すると勃起効果が得られなかったり半減されたりなど、食事との相性が悪いことで知られています。

デートなどのシチュエーションで、2人で食事をするというのはごく自然な流れです。
ED治療薬のために自分だけ食事をしない、というのはせっかく高まったムードが台無しになってしまうかも知れません。

レビトラなら食事と併用しても勃起効果を得ることができるので、食事とED治療薬を併用して失敗してしまった方は、レビトラで再チャレンジを試みてください。


本当に食事の影響を受けないの?

レビトラは食事と併用ができるED治療薬という、他のED治療薬にはない特徴があります。

食事と併用ができることから、「タイミングを気にしないで飲めるのが良い」といったお客様からの声をよく聞きます。

では、レビトラはどんな食事内容でも影響を受けないのでしょうか?
どれだけ量を食べても影響を受けないのでしょうか?
食前と食後の服用で効果は変わるのでしょうか?


「食事の影響を全く受けない」は勘違い!

油分の多い食事をとるとレビトラが体内で吸収されずに便として排出されてしまうあくまでもレビトラは食事の影響を受けにくいED治療薬です。
バイアグラなどのお薬と比べると食事と併用はできますが、「どんな食事内容でも勃起効果を必ず発揮する」というわけではありません。

レビトラを服用すると、有効成分のバルデナフィルが腸から吸収され、体内の血管を拡張することで男性器が勃起します。

脂分の多いガッツリした食事と併用すると、腸の壁に脂が張り付き本来身体に吸収されるはずのバルデナフィルが、そのまま体外に便として排出されてしまうのです。

レビトラは食事の影響を全く受けないと勘違いをしてしまうと、勃起効果が十分に発揮されない場合があります。


空腹時の服用が1番効く

レビトラは食事との併用ができるが空腹時が一番効果があらわれるレビトラの勃起効果を確実に得たいのであれば、空腹時に服用するに越したことはありません。

食事と併用ができるとはいえ、食事をすると有効成分のバルデナフィルが身体に吸収されにくくなるので、勃起効果が落ちてしまうのはほぼ確実と言えるでしょう。

どうしても食事とレビトラを併用する場合は、なるべく食前の服用にしましょう。
レビトラを飲んでから最低でも30分以上は時間を空けて食事をしてください。
食後の場合は、最低でも2時間以上は時間を空けて服用してください。

また、レビトラの勃起効果によって血流が促進されている状態でお酒を飲むと、酔いが回りやすくなり大変危険です。
少量のお酒であれば、リラックス効果や興奮を高めるので問題ないでしょう。


食事内容について

「食事の影響を受けにくい」と宣伝していても、空腹時での服用が最も効果を発揮することがわかりました。
デートをする場合は、2人で食事をするというのは定番の流れと言ってもいいでしょう。
そういった時の為に、影響を受けにくい食事受けやすい食事を把握しておきましょう。

これらを把握しているか、していないかで、勃起効果を得られるかどうかが分かれます。
セックスをするためにレビトラを飲むので、食事内容で失敗しないように十分に注意してください。

影響を受けにくい食事

お寿司やうどんなどの和食はレビトラと併用しても影響を受けにくいレビトラと食事を併用する場合は、脂分の少ないヘルシーな食事をするように心掛けてください。

影響を受けにくい食事として、うどん・そば・お寿司などの和食がおすすめです。
洋食や中華料理だと、脂分が多い食事がメインになるのでおすすめできません。

また、いくら和食などのヘルシーな食事にしても、食事量が多すぎると効果が半減されたり、発揮されない可能性があります。
食事をする際は満腹までは食べないようにして、腹7~8分目ぐらいまでに留めるようにしてください。

以上のことを注意して食事をすれば、レビトラと食事を併用しても勃起効果を得ることができるでしょう。


影響を受けやすい食事

ビッグハンバーガーなどの脂分の高い食事ととの併用はレビトラの勃起効果が発揮されないレビトラの製造元であるバイエル社の資料を要約すると、「総エネルギーが700kcal未満で脂質が23.3g以下であれば食事の影響を受けない」とあります。

以下の食べ物はバイエル社の定めた数値をオーバーしている食べ物なので、レビトラと併用することができません
目安にして参考にしてください。

チェーン店のビッグハンバーガー 約557kcal/脂質約30.5g
しょうが焼定食 約705kcal/脂質約29g

このように脂分の多いガッツリとした食事は、レビトラの勃起効果が発揮されない可能性が高くなってしまいます。
食事をしてからレビトラの服用までの時間を十分に空けたとしても、前回の食事の総カロリーや脂質や量によっては、やはり効果が発揮されない可能性があります。

また、グレープフルーツ(ジュース含む)の有効成分であるフラノクマリンはレビトラとの相性が悪く、併用すると相互作用によってレビトラの効果や副作用が強くでてしまう可能性があるので注意してください。

レビトラを服用する前は、確実に勃起効果を得るために前日や前回の食事は何を食べたか確認するようにしてください。

まとめ

レビトラは食事の影響を受けにくいED治療薬であり、どんな食事内容でも影響を受けないというわけではありません

確実に勃起効果を得たい場合は、空腹時での服用が最も望ましいです。

レビトラと食事を併用する場合は、なるべく食後ではなく食前に服用してください。
ハンバーガーなどの脂分が多い食事だと、有効成分の吸収を妨げてしまい効果が発揮されにくくなります。
併用する場合は、和食などのヘルシーな食事にして満腹までは食べないでください。

せっかくレビトラを利用する機会があっても、食事に対する認識を間違えてしまうと、勃起効果が発揮されず散々な結果になってしまう恐れがあります。

食事の影響を受けにくいとメーカー側が言っていても限度があるので、レビトラと食事を併用する場合は、食事内容を十分に注意しましょう。


ジェネリックを知ろう
メールが届かない
お薬ラボ公式ライン@
お薬ラボ公式ツイッター
ビットキャッシュ決済 コンビニ お支払方法 COMODO

TOPへ