ラブグラで頭痛発症時の軽減方法

ラブグラは女性用バイアグラジェネリックで一番人気のある不感症改善薬です。効果がある反面、副作用があらわれる方が多く、特に頭痛が発症する場合があります。こちらのページでは、ラブグラ服用によって頭が痛くなる原因と軽減方法をご説明します。

ラブグラで頭痛が発症する原因とは?

ラブグラを服用して頭痛が発生する原因は拡張された血管が脳神経を圧迫する為ラブグラは女性用バイアグラと言われているウーメラのジェネリック医薬品で、不感症の方や膣が濡れにくい体質の方、夫婦間のマンネリの解消など、様々な目的で飲まれています。
ED治療薬のバイアグラと同じ成分のシルデナフィルが、陰核(クリトリス)や女性器周辺の血流を促進して、感度が良好になり濡れやすくなる効果があります。

しかし、膣内だけでなく体内の血管を拡張させる為、ラブグラの効果が出ると同時に頭痛などの副作用があらわれる可能性があります。
これはシルデナフィルによって脳内の血管も拡張され、脳神経を圧迫してしまう為に起こる症状です。

頭痛以外にも、喉の渇き・鼻づまり・動悸・吐き気などの症状があらわれる場合もありますが、ラブグラの効果が切れると頭痛などの副作用も治まることがほとんどですので、あまり深く気にする必要はありません。

副作用が出るということは、ラブグラの効果が身体にあらわれているという合図だと思ってください。


頭痛の軽減方法

ラブグラの効果が持続している間は、頭痛などの副作用も同時にあらわれる確率が高いとされています。
ラブグラを飲んで発生する頭痛などの副作用は、ラブグラの効果が切れると症状も治まるのが一般的です。

しかし、痛みの強い頭痛などがあらわれた際は以下の方法で軽減することができます。


頭痛薬と併用する

ラブグラと鎮痛剤を併用すると頭痛がおきにくいラブグラを飲んで起こる頭痛の軽減方法として、最も一般的なのがロキソニンなどの頭痛薬と併用することです。

ラブグラに限らず、医薬品には一緒に飲むことができない併用禁忌薬がありますが、頭痛薬と併用しても、身体に害を与えたりラブグラの効果に影響が出ることはありません。
痛み止めで有名なロキソニンや、市販の薬ならばバファリンなど、鎮痛剤であれば効果があります。

頭痛薬を併用する際の注意点として、通常ラブグラは空腹時の服用が最も効果を発揮します。
頭痛薬はなるべく食後の服用が望ましいとされているので、空腹時にラブグラと併用する場合は、胃の負担を避ける為に普段よりも多めの水で飲むようにしましょう。


量を調整する

ピルカッターでラブグラをカットして自分に合った量に調整頭痛薬とラブグラを併用して飲むことに抵抗がある方や、頭痛薬が手元にない場合は、ラブグラの量を調整するのも有効な頭痛の軽減方法と言えるでしょう。

ラブグラは1錠に有効成分シルデナフィルが100mg含まれており、シルデナフィルの一日の最大摂取量は100mgです。

基本的に海外の医薬品は、日本人に比べて大柄な欧米人向けに製造されています。
個人差はありますが、欧米人向けに作られたお薬を日本人がそのまま服用すると、体格の違いからお薬が効きすぎて、効果や副作用が強く身体にあらわれる可能性が高くなります。

欧米人よりも比較的小柄な日本人は、少ない量でも十分に効果を得ることが可能です。
半錠の50mg相当や1/4錠の25mg相当で服用しても、十分な効果を得ることができたという声をよく耳にします。

初めてラブグラを服用する方は、ピルカッターなどを使用して少量から試していただき、徐々に量を増やしていくことをおすすめしています。


体調が万全な時に飲む

生理中など体調不良時にはラブグラは服用しないラブグラを服用する際は、体調が万全な時に飲むようにしてください。

風邪を引いている時や、生理中など体調が優れない状態で服用すると、頭痛などの副作用があらわれやすく、体調が更に悪化する可能性があります。
そもそも風邪を引いている時に、性行為をするという時点であまり良くありません。

ラブグラの有効成分シルデナフィルは、避妊薬などの成分に含まれているホルモン系の成分ではありませんので、ホルモンバランスに関係している生理には特に影響がありません。

しかし、生理中は体調が優れない時が多いと思いますので、体調が万全の時に服用するように心掛けてください。


【注意!】飲み合わせについて

飲み合わせで不安があるときはラブグラを飲む前に病院で確認ラブグラを服用する際は、「飲み合わせが悪いもの」があることを知っておかなければいけません。

お酒に含まれるアルコールは、ラブグラと併用すると危険な場合があります。
ラブグラの作用で血管が拡張された状態でお酒を飲むと、普段よりもお酒がまわりやすいので、転倒など思わぬ事故につながる可能性があります。
ラブグラとお酒を併用する場合は、1杯程度にするなど普段よりも抑えて服用してください。

コーヒーに含まれるカフェインや、グレープフルーツに含まれるフラノクマリンは、ラブグラと併用すると有効成分シルデナフィルの血中濃度が高くなりすぎて、頭痛などの副作用や効果が強くあらわれる可能性が高くなります。
ラブグラを服用する際は、摂取しないように注意してください。

また、ラブグラは医薬品なので併用禁忌薬が存在します。
降圧剤・硝酸剤・抗ウイルス薬・抗真菌薬などと併用すると、身体に重篤な健康被害を与える危険性があります。

上記以外でも、普段から常用しているお薬がある方や持病をお持ちの方は、専門の医療機関に行って医師や薬剤師にラブグラを服用できるか確認するようにしてください。


まとめ

ラブグラは有効成分であるシルデナフィルによって体内の血管が拡張されるので、頭痛などの副作用が起こることがあります。

しかし、頭痛薬と併用したりピルカッターなどで量を調整して飲むことで、副作用を軽減することができます。

お酒・コーヒー・グレープフルーツとラブグラは相性が悪いので、ラブグラ服用時は併用しないでください。

ラブグラは医薬品なので併用禁忌薬があります。
常用しているお薬がある方や持病をお持ちの方は、専門の医療機関でラブグラを飲んでも問題がないか確認をしてください。

ラブグラに限らず全てのお薬には正しい飲み方があり、飲み方を間違えると副作用が強く出たり、重篤な健康被害を身体に与える危険性があります。
飲み合わせや併用禁忌など、最低限のことを把握したうえで、お薬を飲んでください。
そうすることによって、お薬の持つ効果を最大限に発揮して、危険性を抑えて楽しくラブグラと付き合っていくことができます。


お薬ラボ公式ライン@
お薬ラボ公式ツイッター
ビットキャッシュ決済 コンビニ お支払方法 COMODO

お薬ラボのご利用上の注意事項

  • ・お薬ラボで取扱う商品は全て海外で認可のある薬局から発送されていますのでご安心ください。
  • ・商品のパッケージや見た目など、製造元によっては違う場合があり、商品詳細ページに添付されている画像とは異なることがあります。
  • ・お薬ラボにおける個人情報については個人情報の取り扱いをご覧ください。
  • ・当サイトは個人の輸入代行サービスになります。当サイト内の効果・効能・副作用などにつきましては販売メーカー発表の製品概要を参考にしております。詳しい情報につきましては販売元、医療従事者の薬剤情報、商品情報を参考の後、当サイトにてご購入下さい

お薬ラボのセキュリティについて

  • ・お薬ラボではお客様のセキュリティ遵守として、購入代金を信頼ある決済代行企業に委託しております。
  • ・お薬ラボはSSL認証に対応しております。お客様の入力した情報は暗号化しておりますので安心してご利用ください。

TOPへ