器質性EDについて

身体の要因によって発症する勃起不全についてこちらのページでは詳しくご説明いたします。

目次

  1. 1.器質性EDとは?
  2. 2.生活習慣によるED
  3. 3.加齢によるED
  4. 4.手術や外傷によるED
  5. 5.その他の原因によるED
  6. 6.器質性EDの治療方法
  7. 7.器質性による体験談

器質性EDとは?

器質性EDとは、身体的要因によって起こるEDを指し、加齢や生活習慣病など多岐に渡る原因が存在します。主に動脈硬化が原因となっているケースも多く、加齢によって血管が細くなって血流が悪くなり、海綿体への血液が十分に集まらないことが勃起不全の理由です。さらに生活習慣病が重なってしまうと、常に高血糖状態の血液が流れて血管壁の弾力性が失われることにも繋がり、血中の成分が血管壁に付着してしまい、動脈硬化にも繋がってしまうのです。また、外的な要因でEDとなるケースもあり、主に外科的な手術や事故等による血管の損傷で勃起不全に陥る恐れもあります。不慮の事故だった場合、脊髄などが損傷して神経障害を起こしてしまい、脳から陰茎までの神経が伝達されずに勃起不全となる場合もあるのです。

器質性EDには大きく分けて、「生活習慣によるもの」「加齢によるもの」「手術や外傷によるもの」の3点が主な原因です。これらの原因をしっかりと理解し予防することで、年齢を重ねても勃起することが出来る健康な身体を維持することに繋がるのです。

生活習慣によるED

糖尿病や高血圧などの生活習慣病によって起こる器質性EDは、神経や血管などが正常に働かなくなることによって勃起不全に陥る症状です。

  • ・過度な喫煙
  • ・アルコールの摂取
  • ・睡眠不足
  • ・不規則な食生活

上記によって引き起こす勃起不全は生活習慣によるものです。

生活習慣によるEDは喫煙・アルコール・睡眠不足・食生活により起こり、糖尿病の方のED併発率は80%以上特に糖尿病を患ってしまった場合、血液の中に含まれる糖度が高すぎる状態となり、血液がドロドロになって血管を詰まらせやすくしてしまいます。当然、血管が詰まりやすくなれば海綿体への血流も遮られてしまい、正常に勃起する為の機能が失われてしまいます。重度な症状となれば失明や肝機能障害などを引き起こす可能性や、手足の先の細胞が壊死して最悪の場合は切断ということも稀にあります。糖尿病患者のED併発率は約80%以上にものぼると言われており、早急に生活習慣の改善が必要となります。また、高血圧の場合でも動脈硬化を引き起こす可能性が高くなり、陰茎に血液を送りにくい状態となってしまいます。さらに高血圧患者の場合は、医師から処方されているお薬の副作用がEDの原因となっている場合もある為、普段からの生活習慣を正して事前に予防することが大切となるのです。


加齢によるED

どんなに健康に気を使っていても、人は誰しも歳をとるものです。年齢を重ねていけばどうしても身体が衰えてしまい、器質性EDの症状があらわれてしまうものですが、これらは生活習慣を正すことで事前に予防し、年をとっても十分な勃起力を維持することが可能です。

まず、加齢EDとなってしまう主な原因は動脈硬化や血管障害によるものがほとんどです。歳を重ねるごとに、血管の壁というのも弾力性が失われてしまいます。弾力性を失ってしまった血管は、十分に拡張することが出来ずに勃起する為に必要な血液を陰茎へと送ることが出来なくなります。特に歳をとればとるほど高血圧になる恐れがあり、動脈硬化を引き起こす可能性が高くなります。しかし、これらは生活習慣病と密接な関係がありますので、規則正しく生活をするよう心がけて嗜好品などにも注意すれば、十分に予防することが可能です。

老化というのは防ぎようがないかも知れませんが、血管の老化は普段の生活習慣を注意すれば防ぐことが可能です。80歳を過ぎても現役でいられる男性を目指して今から生活習慣を見直しましょう。

手術や外傷によるED

手術や外傷によって器質性EDを発症してしまう事例もいくつか存在します。主な原因としては伝達神経の障害や、血管機能の損傷などが挙げられます。

EDにならないように神経や血管を傷付けずに残す方法を医師と相談不慮の事故によって脊髄が損傷してしまったり、骨盤などが損傷してしまったりすることで、神経を伝達する機能に障害が起こって脳からの命令が伝わらなくなってしまう場合もあります。例え脳で興奮を感じても、伝達する為の神経に異常があれば脳から発せられる勃起命令が正常に伝わらない為、勃起不全に陥ってしまうのです。また、手術などによって血管を傷付けてしまい、勃起する為の血液が正常に送られなくなってしまう場合もあります。特に、膀胱ガンや前立腺ガンなどの陰茎周辺の手術は、海綿体へ血液を集める重要な血管を傷付けてしまう可能性が高く、手術後に勃起できなくなってしまったという事例もあるほどです。このような可能性がある為、重大な手術を行う際は出来る限り勃起機能を損なわないように、神経や血管を出来る限り傷付けずに残す手法を用いるよう担当医と十分な話し合いが必要です。


その他の原因によるED

器質性EDに関しては、主に生活習慣病や加齢による血管機能の低下、手術や外傷による伝達神経の障害や血管機能の損傷が原因となっておりますが、これら以外にも勃起不全の症状が起こりやすくなる例があります。その代表的なものが泌尿器科系の疾患(前立腺肥大症、前立腺炎、精巣静脈瘤など)となります。排尿状態が悪いと心理的な影響なども受けてしまいEDが起こりやすくなったりします。治療薬の副作用として勃起不全の症状があらわれる場合もあり、服用する際は十分に注意が必要です。また、内分泌機能の低下によってEDを引き起こす場合があります。男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌が低下してしまい、性欲・勃起力・精子の産生などの性機能が正常に機能しなくなってしまう症状があらわれます。30歳ごろから徐々にテストステロンの分泌量が低下し、40~50代になると明らかに数値として低下してしまう男性がほとんどです。

極度の肥満 慢性腎不全
椎間板ヘルニア 脊髄腫瘍
多発性硬化症 血液透析を受けている方

上記の方は一般の男性と比べてEDが発症する可能性が非常に高いのでご注意ください。

器質性EDの治療方法

器質性EDの原因については加齢や生活習慣病など、様々な要因が考えられますが、実際にEDを治療するにはどうすれば良いのでしょうか?

器質性EDの治療ポイントは生活習慣改善とED治療薬やサプリメントの服用1つめは、生活習慣を改めることが大切となります。早寝早起きは当然、一日3食を決まった時間に摂るよう心がけてください。もちろん、食事の際のカロリー管理なども考え、脂っこいものやコレステロールの高いものは控えて、アルコールや喫煙などは控えるようにしたほうが良いです。しかし、会社の上司や同僚、知人とのお付き合いでお酒を嗜んだり、日々のストレスを喫煙などで発散している方も多いのが現実です。実際に生活習慣をすぐに改善するというのは非常に難しい話です。

そんな時は、2つめのED治療薬やサプリメントの協力を得て体質を改善する方法です。勃起する為に必要なのはタンパク質やミネラル、ビタミンなどを十分に摂取することです。そして、精力を作る上で最も重要なのが亜鉛です。バイアグラなどのED治療薬と併用して亜鉛の多く含まれるサプリメントなどを服用すれば、ED体質を改善して力強い勃起力を発揮することも可能です。

ED治療薬は病院で処方してもらうこともできますが、海外医薬品個人輸入代行を利用することでパソコンやスマートフォンで気軽に購入することができます。通販は海外で取り扱っているジェネリック医薬品などがお手頃な価格で購入でき人気があります。


器質性EDの体験談①

購入者の男性
佐久間 和己(仮名)
宮城県 男性 52歳

交通事故にあってから…

私は5年前に交通事故に遭ってしまいました。全治3ヶ月以上の大怪我です。右半身が動かなくなるほどになりました。リハビリ期間から実感していたのですが、ムラムラとした時に性器が全く反応しなくなっていたのです。最初は怪我をしたから仕方がなくて完治したら勃起するだろうと思っていました。

しかし、リハビリも終え無事に完治した半年後、妻と久しぶりの夜の営みをしようかと思っていたらやはり性器が反応しませんでした。これには本当にガッカリです。精神的ショックからしばらく立ち直れなかったです。しばらくしてから入院していた病院に相談に行ったら、「交通事故の怪我が原因で勃起不全になった可能性が非常に高いです…」と診断されました。ED治療薬のバイアグラを処方してもらい勃起することができるようになったので安心ですが、薬を服用しないと勃起することができません…


器質性EDの体験談②

購入者の男性
伊藤 義隆(仮名)
石川県 男性 55歳

加齢が原因でしょうか。

女性無しでは夜も日も明けない御仁です。ところが、若い頃からの不摂生がたたってか、このところ下半身が絶不調です。そこで、同僚の勧めもあって安く購入することのできるバイアグラのジェネリックを購入、奥さんではなく不倫相手で試してみました。

1錠を服用してしばらくすると副作用で、顔がほてり、鼻が詰まる感覚がありました。それでもペニスは今までにない勃起力です。相手女性を突きまくり、何度も絶頂に導きました。今度は奥さんを相手に半錠に割って服用しましたが、効果は同じでした。以前、遊びでバイアグラを使ったことがありましたが、ジェネリックも遜色ありませんね。


お支払方法 COMODO

お薬ラボのご利用上の注意事項

  • ・お薬ラボで取扱う商品は全て海外で認可のある薬局から発送されていますのでご安心ください。
  • ・商品のパッケージや見た目など、製造元によっては違う場合があり、商品詳細ページに添付されている画像とは異なることがあります。
  • ・お薬ラボにおける個人情報については個人情報の取り扱いをご覧ください。
  • ・当サイトは個人の輸入代行サービスになります。当サイト内の効果・効能・副作用などにつきましては販売メーカー発表の製品概要を参考にしております。詳しい情報につきましては販売元、医療従事者の薬剤情報、商品情報を参考の後、当サイトにてご購入ください。

お薬ラボのセキュリティについて

  • ・お薬ラボではお客様のセキュリティ遵守として、購入代金を信頼ある決済代行企業に委託しております。
  • ・お薬ラボはSSL認証に対応しております。お客様の入力した情報は暗号化しておりますので安心してご利用ください。

TOPへ