睡眠薬について

目次

睡眠薬とは?

人はなぜ眠れなくなるのでしょうか。ある調査では日本人の5人に1人が「睡眠で休養が取れていない」「睡眠に問題を抱えている」と答え、通院している方の20人に1人は睡眠薬を処方されているそうです。

太陽光と睡眠ホルモンの関係不眠の原因は様々ですが、最も多いと言われているのは精神的緊張や不安から引き起こされるものです。また生活リズムの乱れや、近年急速に普及してきたスマホやパソコンから放たれるブルーライトも不眠の原因と言えます。睡眠のためには、睡眠ホルモンが体内で分泌されることが必要ですが、体が覚醒状態にあったり、昼に光を浴びていなかったりするとそれが阻害されてしまうのです。改善のためには原因に応じた対処(生活リズムを整える、適切な運動を取る等の方法)のほか、即効性のある方法として睡眠薬の使用が有効です。近年使われる睡眠薬は用法を守れば副作用も少なく安全に使用できるものがほとんどです。

ベンゾジアゼピン系薬と非ベンゾジアゼピン系薬は作用時間が少ないため主に睡眠導入剤として使われます。より副作用が少ないものとしては、メラトニン受容体作動薬があり、これは安全性が高く、自然に眠りを促すことができます。睡眠ホルモンを刺激し、体内サイクルを整える効果がありますので、生活リズムの改善も期待できます。


効果効能について

メラトニンとは脳の松果体(しょうかたい)から分泌される成分で、睡眠ホルモンとも呼ばれています。
分泌は一日のうち浴びる光の量によって変わりますが、朝は少なく、夜は多いのが特徴です。夜にメラトニンが分泌されることで体が睡眠の状態に入り、眠ることができるのです。メラトニン受容作動薬を服用することで、乱れた分泌サイクルを整える作用があります。効果は穏やかで、即効性は他睡眠薬に比べると低いものの、副作用はほとんど認められていないため、安心して使用することができます。

ベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系は異なる構造を持ちますが、類似した効果を持ちます。ベンゾジアゼピン系は薬によって作用時間は様々なので、医師と相談し適切な種類を選ぶ必要があります。非ベンゾジアゼピン系は作用時間が短いため睡眠導入剤として使用される事が多く、高い即効性を持ちます。ベンゾジアゼピン系に比べると新しく、副作用も軽減されています。

どのような副作用があるのか

どのような睡眠薬を服用する場合でも、基本的には短期服用が前提とされています。期間を定めずずっと飲み続けてしまうというような状況は避けたほうがよいでしょう。メラトニン受容作動薬の場合、副作用はほぼありませんが、主に肝臓で代謝されるため、肝機能障害がある方は服用を控えることをおすすめします。ベンゾジアゼピン系は記憶障害や筋弛緩作用等の報告が認められており、特に高齢者の服用は注意が必要です。非ベンゾジアゼピン系はベンゾジアゼピン系から副作用を減らし、転倒やふらつきなどの問題が改善されていますが、その分効果は穏やかです。

睡眠薬の強さ

睡眠薬の種類と強さ最も古い睡眠薬にバルビツール酸系という種類がありますが、これは効果が強いかわりに、副作用や依存性も高く、大量に服用した場合死亡する事例もありました。安全性の低さ故現在ではほとんど処方されることはありません。
現代では安全に使用できる薬剤が多く開発されていますが、種類が豊富でそれぞれ強さや作用時間等も異なります。
一般にベンゾジアゼピン系は即効性があり、作用時間も長いものから短いものまで幅広く種類があります。非ベンゾジアゼピン系は即効性があるものの作用時間が短い為、寝付きが悪い方などにお勧めです。メラトニン受容体作動薬は即効性は低いものの穏やかな作用で最も安心して使用できます。


市販薬・処方薬について

市販薬つまり、町のドラックストアや薬局で購入することのできるお薬があります。市販薬の睡眠薬は「睡眠導入剤」又は「睡眠改善薬」などと呼ばれています。安くお手頃な価格で安易に購入することができますが、効果が薄く過剰(規定を超える量)に摂取してしまい思わぬ悪影響ででてしまう可能性があります。ですので病院に行き医師と十分に相談し処方してもらう睡眠薬が良いでしょう。しかし、仕事などで病院に行けない方や行くこと恥ずかしい方などは通販サイトを利用して購入することをお勧めしますが、用法用量はしっかりと守りましょう。

購入者の体験談①

購入者の男性
安住 俊雄(仮名)
神奈川県 52歳

眠りが深くなりました。

夜なかなか寝付けず、朝もすっきり起きられないことが続いていたため非常に困っていました。寝不足で仕事にも悪影響が出かねないと考え、薬の服用を決めましたが、病院の受診は抵抗があったためまずはこちらでお願いし、2週間程度服用しています。

寝付きがよくなったことと、以前に比べ夜中突然起きることが減りました。徐々に寝不足が解決されているように感じる為、まずは続けてみようと考えています。

購入者の体験談②

購入者の女性
竹林 みゆき(仮名)
東京都 45歳

日本で買えて助かっています。

以前アメリカに住んでいた時にメラトニン系のサプリを愛用していたのですが、日本に戻ってきてから購入できずに困っていたので助かりました。元々不眠気味で、疲れがたまりやすいので服用して調子がよくなったら止めたりしています。日本でも買えるようになればいいのですが、それまではこちらで購入させていただきます。

購入者の体験談③

購入者の女性
竹林 みゆき(仮名)
東京都 45歳

依存性がなく安心しました。

私はここ最近、仕事のストレスで不眠症になってしまいました。病院に行く時間もなく困っていたところ、同僚も同じ悩みと症状を持っている方がいたので相談したところ睡眠薬を飲み始めたら睡眠薬依存症に気を付けて!と言われました。

インターネットを依存性の少ない睡眠薬や成分を調べていたところ「メラトニン」が良さそうだったので、メロセットという薬を見つけました。効果も良く、毎日飲まなくても眠れる日が増えたので、依存性が無く安心して飲んでいます。