早漏の原因と改善について

早漏は精神的原因と肉体的原因によって射精が早いことを指します。ご自分が早漏になってしまった原因を理解することで的確な改善方法を見つけることができます。こちらのページで早漏の原因と改善方法について詳しくご説明します。

早漏の定義

早漏の定義を知ることで何が原因で早漏になったのかが分かります。
原因を知る前に確認しましょう。

一般的には射精までの時間が極端に短い男性のことを指す言葉ですが、実際の早漏にはどのような基準が定められていたのかご存知でしょうか。
2008年にアメリカの泌尿器科学会で定められた早漏の基準が存在しております。女性に早漏だと思われると「早漏」のレッテルを貼られる

  • ・膣内へ挿入する前に射精してしまう
  • ・挿入してから1分以内に射精してしまう
  • ・射精を我慢できない
  • ・性行為に対して苦痛やストレスを感じる

但し、基準を満たしていなくても、女性から「この人は早漏だ」と思われてしまえば、早漏としてのレッテルを貼られてしまいます。
実際に、200人の女性に理想的な挿入時間のアンケートを行ったところ、平均で14.4分になったという統計結果があり、女性が求めている時間よりも早く射精してしまえば早漏だと思われてしまう可能性は高いです。

上記の項目に該当する方は早漏の可能性があります。
早漏の定義理解した上で、以下の原因についてご覧ください。


早漏になる2つの原因

早漏の原因は大きく分けて精神的原因肉体的原因があります。

  • ・亀頭が刺激を敏感に感じ取りすぎてしまう「過敏性早漏」
  • ・不安やプレッシャーなどを感じることで起こる「ストレス性早漏」

精神的原因は性行為に慣れていない方や極度の緊張状態を迎えた方、性行為に対して何らかのトラウマなどを抱えている方が引き起こす可能性があります。

また、肉体的原因として

  • ・加齢による筋力の低下や男性ホルモンの減少などの「衰弱性早漏」
  • ・真性/仮性包茎や泌尿器系の「病理性早漏」

などがあります。

早漏の原因のタイプによっては改善方法も異なりますので、ご自身に適した改善方法を見つけていきましょう。

精神性早漏の原因

精神的原因での早漏には過敏性早漏とストレス性早漏があります。

過敏性早漏はペニスが敏感過ぎて刺激に耐えられず、自分の意思で射精を我慢できずコントロールすることができない状態です。

ストレス性早漏は初めて性行為を行う男性や久しぶりに性行為を行う男性がプレッシャーを感じて、極度の緊張状態に陥ることで射精をしてしまうことです。

また、過去に性行為に対して何らかのトラウマがあったりして、脳内が不安や緊張状態に陥るとノルアドレナリンという伝達物質が分泌され、射精をしやすくなってしまうという科学的な根拠もあるのです。
ノルアドレナリンの分泌を抑えるセロトニン不足も早漏の1つの原因と言えるでしょう。

精神性早漏の改善方法

精神性早漏の過敏性早漏を改善するには、とにかく刺激になれることです。
自慰行為と早漏には大きな関係があります。

精神性早漏は刺激に慣れるように20分以上の自慰行為をしましょう自慰行為が早く終わってしまう方は早漏になりやすい傾向があり、正しいオナニーをしっかりと行えば早漏を改善することができる場合もあります。
早く射精してしまうと、性行為でも早く射精してしまうような体質になってしまう為、オナニーをする際は最低でも20分以上は時間をかけてじっくり行ってください。
そして、絶頂を迎える際はペニスが完全に勃起して硬直した状態で射精するよう心がけましょう。
半立ちの状態でも射精することは可能ですが、勃起力が低下しても射精する体質になりますので、早漏になりやすい傾向があるのです。
オナホールなどを使用して刺激になれたほうが宜しいでしょう。


精神性早漏のストレス性早漏を改善するのであれば、とにかく心をリラックスさせることです。
最初はセックスに対して極度の緊張状態に陥るかも知れませんが、回数を重ねていけば自然と慣れてくるものです。
パートナーとなる女性がいるならば、一緒に協力してもらって何度もセックスを試みることをおすすめします。

もしパートナーの都合も悪ければ、自分の中でイメージトレーニングを行うことです。
妄想でもなんでも構いませんので、とにかく性行為をするイメージを何度も頭の中で思い描くのです。
それによって実際にセックスをする際も、頭の中でイメージした通りに行えばある程度の時間は持つようになるでしょう。

肉体性早漏の原因

肉体的原因での早漏には衰弱性早漏と病理性早漏があります。

衰弱性早漏は年齢を重ねることによって筋力が低下したり、勃起力が衰えたりすることで発症してしまう早漏の一種です。
射精管閉鎖筋と呼ばれる筋肉が衰えてしまい、射精をコントロールすることができなくなってしまうことが原因です。

病理性早漏の中には包茎性早漏というのもあり、ペニスが皮をかぶって亀頭が刺激に慣れていない為、性行為の際に亀頭があらわになって刺激に耐えられず、射精をしてしまうという症状が起こります。

包茎以外の病理性早漏では、泌尿器系の病気で尿道炎や前立腺炎などの原因があります。

肉体性早漏の改善方法

肉体性早漏は肛門を意識する運動でPC筋を鍛えましょう肉体性早漏の衰弱性早漏の場合はとにかくPC筋を鍛えてあげることです。
骨盤底筋という筋肉の総称であるPC筋を鍛えるには、肛門を意識して「締める・緩める」という動作を各5秒ずつ行ってください。
10回1セットとして朝・昼・夕・就寝前の4回、合計4セットを行うといいでしょう。

仮性包茎が原因の場合は出来るだけ皮を剥く癖をつけるようにして、常に亀頭が刺激される状態にして慣れさせる必要があります。
真性包茎や重度の病理性早漏だった場合は、病院や専門クリニックなどで治療を受ける必要があるでしょう。


早漏改善薬について

早漏の原因を理解しても、自分の意思では改善することができない男性も多くいます。
早漏を克服できない場合は早漏改善薬の力を借りて克服するのも1つの手段です。

早漏改善薬は脳内のセロトニンを増やして強制的に射精を遅らせたりするタイプのプリリジーや麻酔作用を持つ成分をペニスに染み込ませて刺激に対して鈍感にさせるタイプのリドスプレーなど、様々な治療薬があります。

ジェネリックの早漏改善薬ポゼットなど、低価格の治療薬で早漏を改善することができるというメリットもあります。

ED治療薬の副作用が原因で早漏?

勃起不全(ED)と早漏の両方を改善したい方にはスーパーカマグラがおすすめ早漏はバイアグラなどのED治療薬の副作用が原因で早漏になる可能性もあります。

ED治療薬は個人差によって勃起力が高く、通常以上に敏感になってしまい挿入後直ぐに射精してしまう方がいるようです。
ED治療薬の効果は性的な刺激や脳内が興奮状態になった際に作用します。
射精は脳内伝達により行われるのでED治療薬を服用中は射精しやすい状態とも言えます。

しかし、勃起不全と早漏を同時に改善したい方はバイアグラの成分と早漏治療薬の成分を兼ね合わせたスーパーカマグラがおすすめです。


まとめ

早漏の原因は精神的要因と肉体的要因によって早く射精してしまいます。
また、ED治療薬の副作用によって早漏となる場合もあります。

射精するだけで自分は気持ち良いですから特にデメリットは少ないように感じますが、女性からしたらとても重大で深刻な問題です。

パートナーとの将来さえも考えてしまうほどの重要な問題でもありますので、もし自分が早漏なのではないかと少しでも疑問に感じたら、改善方法に積極的に取り組み男女共に満足できる性生活を送れるよう心がけましょう。


お薬ラボ公式ライン@
お薬ラボ公式ツイッター
ビットキャッシュ決済 コンビニ お支払方法 COMODO

お薬ラボのご利用上の注意事項

  • ・お薬ラボで取扱う商品は全て海外で認可のある薬局から発送されていますのでご安心ください。
  • ・商品のパッケージや見た目など、製造元によっては違う場合があり、商品詳細ページに添付されている画像とは異なることがあります。
  • ・お薬ラボにおける個人情報については個人情報の取り扱いをご覧ください。
  • ・当サイトは個人の輸入代行サービスになります。当サイト内の効果・効能・副作用などにつきましては販売メーカー発表の製品概要を参考にしております。詳しい情報につきましては販売元、医療従事者の薬剤情報、商品情報を参考の後、当サイトにてご購入下さい

お薬ラボのセキュリティについて

  • ・お薬ラボではお客様のセキュリティ遵守として、購入代金を信頼ある決済代行企業に委託しております。
  • ・お薬ラボはSSL認証に対応しております。お客様の入力した情報は暗号化しておりますので安心してご利用ください。

TOPへ