バイアグラの効果効能について

バイアグラは勃起不全薬(ED治療薬)の中でも最も有名で人気のあるお薬です。どこかで聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。正しい服用方法を知ることで効果効能を最大限に得ることができます。こちらのページではバイアグラの効果効能について詳しく説明します。

目次

  1. 1.バイアグラの効果効能とは?
  2. 2.効果を得るための正しい服用方法
    1. 2-1.服用する時間
    2. 2-2.空腹時に服用
    3. 2-3.アルコールとの関連性
  3. 3.副作用は効果があらわれた予兆!?
  4. 4.バイアグラの効果持続時間について
  5. 5.効果がない場合
  6. 6.バイアグラの効果実感体験談(口コミ)

バイアグラの効果効能とは?

バイアグラの主成分であるシルデナフィルは酵素ホスホジエステラーゼタイプ5(以下PDE5と記載)を阻害する効能があるためPDE5阻害とも呼ばれている中折れなどの勃起不全(以下EDと記載)に効果があるED治療薬です。

バイアグラの成分シルデナフィルがPED5を阻害し勃起を促進人間の体内に元々あるPDE5という酵素は、人間が常に勃起状態になることを防ぐためにある勃起抑制酵素なのですが、この酵素が活発化してしまうと勃起や射精を阻害してしまうためEDや中折れなどの原因となってしまいます。

お薬の主成分であるシルデナフィルはこのPDE5の働きを阻害するとともに陰茎海綿体の血行を良くして勃起を促進する効果があります。ペニスに性的な戯れや脳が性的興奮を感じた時のみ勃起効果を発揮するので、バイアグラを服用したからと言ってずっと勃起したままということにはなりません。また、精力増強薬や媚薬といったお薬とは異なるので性的興奮を増大させることはありません。


効果を得るための正しい服用方法

バイアグラは服用方法を工夫するだけで確実な効果を得ることができます。正しい服用方法は3つのポイントがあります。以下ご覧ください。

服用する時間

バイアグラは服用から5時間程度持続し、そのうち服用から1.5時間前後が血中濃度のピークとなります。つまり最もお薬の効果効能が発揮される時間です。この時間を想定してセックスの1時間ほど前に服用することをおすすめします。

空腹時に服用

バイアグラは食事の影響を受けやすく、特に油分は成分シルデナフィルの吸収を阻害してしまうので食事内容により効果が減弱してしまうことがあります。そのため食前の空腹状態で服用することが大切なポイントになります。また、服用から30分~1時間で成分が体内に吸収されますので、その間胃を空にしておくとお薬が吸収されやすくなりますので服用から2時間以上は食事を控えてください。

アルコールとの関連性

バイアグラとアルコール(ビールなど)は適度な量であればリラックス効果があり、性欲を増進させるとも言われておりEDに有効な場合もあります。しかし、飲み過ぎるとお薬の効果を得られなくなるだけでなく、勃起を起こす神経を麻痺させてしまうため勃起障害を悪化させてしまいます。さらに副作用が出やすくなってしまうので飲みすぎには注意が必要です。

副作用は効果があらわれた予兆!?

バイアグラを服用すると、顔の火照りや目の充血があらわれることがありますが、これはいわゆる副作用と呼ばれる症状で、服用した方の約9割以上の方に見られる症状です。血管拡張作用のある医薬品なので、お酒を飲んだ時のような火照りなどの症状があらわれやすくなる為です。これらの症状はお薬が作用し、血管が確実に拡張されて勃起効果があるという証拠になります。

バイアグラの副作用は勃起効果のある証拠あまりにひどい症状でなければ心配する必要はありませんが、ひどい症状が続く場合はかかりつけ医師に相談することをお勧めします。稀に光に過敏になったり色が変化して見えたりすることもありますので車の運転などは控えてください。その他の症状として頭痛、動悸、鼻づまりなども報告されています。

お薬の効能が作用している4~6時間の間で症状が治まる場合は問題ありません。服用する度に頭痛が発症する場合は、ドラッグストアで購入できる市販薬のバファリンやイブ、ロキソニン等の鎮痛剤を併用することが可能です。


バイアグラの効果持続時間について

バイアグラは一般的な成人男性の場合、基本的に約30分~1時間で効果効能があらわれ始め、最長で約5~6時間作用が持続します。この間は何度も勃起をすることが可能です。最も効果を発揮する時間は服用してから約1時間半となり、その後約3〜4時間経過すると作用が軽減し始めます。効果効能や持続時間、副作用などはご自身の体質やコンディションによっても変わる可能性がありますので、ご自身の服用からの時間経過を把握して最も良いタイミングで服用してください。

また、上記でご説明したように空腹時に服用し、服用後の食事は控えることや油分を抑えた食事に気をつけ、アルコール摂取量を適度に控えることで効果持続時間を延ばすことが可能です。

効果がない場合

バイアグラには薬物耐性がないので、例え毎日服用したとしても効かなくなる、効果が減弱するということはありません。「お薬を飲んでも効かなかった」「最近効かなくなったと感じる」などのような場合いくつかの原因が考えられます。

バイアグラの効果がない場合は服用のタイミング・性欲がない・服用量が合っていないなどが原因最も多い原因が服用のタイミングです。性機能障害の研究をしている日本性機能学会の報告でも「効果がない」と訴えた人のほとんどが服用のタイミングを間違えているとされています。成分の吸収率を上げ、しっかりとした効果を得る為、空腹時の服用が最も良いとされています。なるべく空腹時に服用するよう工夫してみてください。

バイアグラは性欲を引き起こすのではなく、ご自身の性欲と共に勃起を起こさせる働きのあるお薬ですので十分な性欲がない場合は勃起を得ることができません。疲れやストレスがたまっている場合など、性欲が落ちている時は効果がない可能性もあります。これらの原因の他に服用量がご自身の年齢や体調に合っていない可能性も考えられますので、用量用法にはご注意して服用してください。

ED治療薬はバイアグラと成分の異なるレビトラシアリスなどもあります。個人差によって相性がありますのでED治療薬を選ぶ際は、かかりつけ医師に一度ご相談することをお勧めします。


バイアグラの効果実感体験談(口コミ)①

購入者の男性
本田 勤(仮名)
愛知県 男性 55歳

効果はバッチリです。

はっきり言ってEDです。若いころの自分を思い出すと、こんなことで悩む日がくるとは思わなかった。男としての自信だけでない何かを失ってしまったような気持ちでした。最初は一時的なものだろうと思っていましたが立たないことや、中折れが続いてこれは確実だと思いました。妻は自分で調べてコレステロールの低い食事を作ったり運動を勧めてくれたりしていましたが、そう簡単に治るはずもなく…。結局妻と話をしてバイアグラを試してみることにしました。

お互いいい歳ですがやはり夫婦のコミュニケーションとしてセックスは必要なので。効果があると聞いていましたが、それ以上に副作用も怖かったので勇気がいりましたが、飲んでみると意外と副作用は気になりませんでした。というより、ばっちり効いてくれたのでそれどころじゃなかったという方が正しいかもしれません。久しぶりに何回も楽しめました。これからもこうして楽しめると思うと嬉しいですね。


バイアグラの効果実感体験談(口コミ)②

購入者の男性
谷口 愼太郎(仮名)
北海道 男性 34歳

納得のいく効き目です!

ストレスを感じているわけでも、疲れているわけでもないのに役に立たなくなりました。30代なので年齢も関係ないと思います。原因が分からないと対策の立てようもないのでバイアグラを飲み始めました。

仕事も忙しいので彼女に会う機会も少ないのですが、飲み始めてからは確実に満足させてあげられているので嬉しいです。セックスの質もあがりました。効果の割に副作用は特に感じていません。体が熱くなることはありますが、逆に効いている感じがするので嫌いじゃありません。(笑)自分は割と早くに薬が効き始めるようなので、そういう雰囲気になるちょっと前くらいに飲むと丁度よく効いてくれます。

この若さでEDかと考えたりもしますがありがたいことに問題なく薬も使えているし、治るかも知れないので、生活に気をつけながら気長に治る時を待とうと思います。