バイアグラの偽物と正規品の見分け方について

バイアグラの偽物には注意を!

インターネットで流通しているED治療薬のうち、正規品であるのは45.6%という事実をご存知でしょうか?
半分以上が偽造品であり、多くの方が知らずにその偽物のED治療薬を服用してしまっているようです。

流通しているバイアグラのうち50%以上は偽物です偽造医薬品は国際的に大きな問題であり、取り締まっても次から次へと新しい製造者があらわれ、流通され続けています。
特にバイアグラは世界でも愛用者の多い医薬品の為、偽物に惑わされやすいのでしょう。
偽造品を製造している販売元は特に中国やアメリカで多く、年間何百万もの偽物が差し押さえられておりますが、その隙間を抜けて日本を含む多くの国で販売されています。
アメリカでは推定250万人もの男性が偽造品を服用し、健康被害を起こしたり死亡したケースもあります。
偽造品に含まれる有効成分の量も製造元によってばらつきがみられ、認められている用量より多い・少ないだけではなく、全く含まれていなかったり、いくつかの不純物が入っているものがあります。

この記事を読んでいる方の中にも以前にバイアグラを飲んで体調が悪くなった方もいるのではないでしょうか。
そうならない為にも、インターネット上で購入する際には正しい判断と知識を持っている必要があります。


偽物バイアグラの健康被害

偽物バイアグラは酷い副作用があらわれ酷いと死亡することも…偽物バイアグラを飲むと、副作用にはない以下の症状があらわれます。

  • ひどい頭痛や長引く頭痛
  • 倦怠感
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 低血糖
  • 昏睡
  • 死亡

一番ひどいケースである死亡例は、中国やアメリカ、シンガポールでありました。
例えば、シンガポールでは死亡者1例、昏睡症例2例、重症例89例と、100人に近い報告があります。
この被害者数は、因果関係を特定できたものだけであり、これ以外に無数の疑い例が存在します。
そして、この報告以降も継続して健康被害が発生し続けています。

被害者たちが飲んでいた偽物バイアグラを調べてみると、ED治療には全く関係の無い成分(混合物)が多く検出され、それらのパッケージには存在のない工場の名前が記載されていました。
正規品の青色に似せる為に発色のいいインクが混入されたり、カフェインなどはまだ良い方ですが、中には糖尿病の為の血糖降下剤が混在され、重症低血糖によって緊急搬送された方もいます。
偽物を製造している環境はとても不衛生な現場である事が多い為、緑膿菌や黄色ブドウ球菌などの菌が混ざり、感染症の危険性も考えられます。


バイアグラの正規品と偽物の見分け方

正規品と偽物を比較すると違う点が多々あるのでしっかり確認しましょうバイアグラと偽物バイアグラを見分ける方法としてはまず、メーカーであるファイザー社の名前が記載されているかを確認しましょう。
パッケージにはもちろん、錠剤にも記載があります。

生産国が中国となっていた場合は間違いなく偽造品で得体のしれない異物が混ざっているでしょう。
バイアグラの有効成分シルデナフィルが含まれていたとしても、印刷用のインクで着色していたりと何が入っているかわかりません。
商品の箱の色が本物の箱の色よりも薄かったり、商品の箱に製薬会社のホノグラムシールが貼っていなかったり、そのシールにファイザー製薬の名前が入っていないと偽物です。
また、箱止めシールにPfizerの刻印がなかったり、印刷が雑なものもコピー品である為、避けるべきでしょう。

実際に開けてみると、本物は青色で表面がコーティングされ、ピルカッターなどで割ってみると中身が白色ですが、偽物の場合は中身も青色です。
しかし、白でも本物の保証はありません。
更に水に入れて2分くらい経って錠剤が溶け始めたら本物の確率は上がりますが、10分くらい経っても溶けない場合には偽物バイアグラです。


医師から処方してもらう

安心してバイアグラを購入したいという方には、病院で処方を受ける方法がよいかもしれません。
また、偽物を見分ける為にも最初は病院で処方してもらうことも対策の一つです。
しかし継続して使用するならば、正規品を販売している通販サイトを知って購入していくほうが、断然安くて便利です。

病院で処方を受ける場合は25mg錠1つで1,000~1,300円、50mg錠1つで1,500~2,000円で、それに加えて診察料と初めてならば初診料も加わり、5,000~10,000円と大変高い出費となります。
ジェネリック医薬品も扱っている病院もありますが、それでも50mg錠1つで1,000円ほどと、通販サイトに比べるとはるかに高いです。
通販サイトの場合だと、バイアグラのジェネリック医薬品は1錠あたり450円と大変お安いです。

安く正規品を購入できるだけではなく、病院にかかる時間(1~2時間)も取られず、人にも知られずならば、やはり信頼のできる通販サイトで購入することをおすすめします。
そして商品到着後もしっかりとご自身の目で本物がどうかを判断していただき、実際に使用し効果を実感してその後の購入もご判断いただければと思います。

通販サイト利用の注意点

では、バイアグラを販売している通販サイトのうちどこが信頼できるかをどうしたら見分けたらよいのでしょうか?
それは、以下の2点がサイト内にきちんと記載されているかによって判断する必要があります。

1.特定商取引法表記

消費者を守る事を目的とし、事業者による勧誘行為や悪質な違法行為などを防止する法律が定められております。
当サイトのような個人輸入代行の通販サイトはこの取引法をきちんと記載することが義務付けられています。

2.鑑定証

第三者機関が商品を鑑定して品質性を保証した証明書のことを言います。
この証明がない場合には、偽物の可能性がとても高いのでバイアグラを購入する際は注意したほうがよいです。
信頼できる安全な個人輸入代行では商品にしっかりと記載されております。

※個人輸入代行とは、個人によってメーカーから海外製品を直接取り寄せたものを販売しているサイトです。
個人輸入代行を利用しない場合、その海外サイトが信頼できるかどうかを英文から判断しなければなかったり、英文で手続き踏む必要があり、購入までに時間がかかってしまうことがあります。


ジェネリックを知ろう
メールが届かない
お薬ラボ公式ライン@
お薬ラボ公式ツイッター
ビットキャッシュ決済 コンビニ お支払方法 COMODO

TOPへ