バイアグラの併用禁忌薬について

ED治療薬のバイアグラには飲み合わせの悪い医薬品があります。こちらのページでは併用禁忌薬と併用注意薬について詳しくご説明します。普段服用しているお薬との相性を確認しましょう。

バイアグラの併用禁忌薬とは?

お薬の説明書の裏によく書いてある併用禁忌薬という言葉はバイアグラを服用する上で周知していただきたい単語です。併用禁忌薬とは、一緒に飲むことで悪い作用が発症する可能性のあるお薬のことを指します。併用した際、副作用が強く出てしまったり、効果が弱くなってしまうことなど、身体に様々な悪影響が発症してしまう可能性があります。

併用禁止薬は使用すると悪影響が出る可能性があるバイアグラはペニスや体内の血流に作用が働き、ペニスに血液を促すことで勃起する効果があります。元々バイアグラの主成分シルデナフィルは、狭心症治療薬として開発されました。狭心症の治療薬のほとんどは血液の循環を円滑にする成分を含有している為、同様の作用成分が含まれるバイアグラと併用してしまうと、効果が重複し、急激な低血圧状態に繋がる可能性があります。その為、狭心症や不整脈などのお薬は併用禁忌薬です。

発売当初に起こった、バイアグラの服用後に死亡した事故原因の多くはお薬の誤った服用方法です。悪い飲み合わせにより、健康状態を悪化や時には死に至る事もあります。また、性行為自体が心臓に負担がかかるので、服用する前には必ず自分の健康状態を把握しておくことが必須となります。


バイアグラと硝酸剤(ニトロ)

併用禁忌薬の危険性を知ったところで、具体的な薬名と原因を解説していきましょう。バイアグラとニトロの併用は急激な血圧低下に陥る危険がある

  • ・ニトログリセリン
  • ・亜硝酸化合物
  • ・亜硝酸剤
  • ・硝酸剤
  • ・一酸化窒素供与剤

狭心症や心筋梗塞の原因は、心臓を取り囲むようにして走行している冠動脈と言う動脈が狭くなってしまったり、閉塞する事で心臓に負担がかかることで発症します。心筋梗塞や狭心症の特効薬であるニトロなど硝酸剤は血管拡張薬になります。効果として全身の静脈と細い動脈を開く事で心臓負担を軽減し、心臓に栄養や酸素を送ることができます。

バイアグラと硝酸剤を併用するとお薬の特性上、血圧が急激に低下し危険な状態に陥る可能性がとても高くなります。ニトロなどの硝酸剤を服用している患者でも、常時服用して居なければバイアグラを処方される事もあります。しかし、安全だと思って油断をしてしまうと、負担が心臓にかかってしまい、発作を起こす可能性があります。また、発作時にニトロを所持している方は、バイアグラを服用中に突然発作が起きてもニトロを服用することができませんのでご注意ください。


抗不整脈薬の一部

抗不整脈薬の一部はバイアグラと併用することができません。抗不整脈薬の中では、アンカロンアオダミンが併用禁忌薬となります。塩酸塩アオダミンは、心臓の脈拍リズムを元の状態に整えてくれるお薬です。これらは身体に危険のある心室細動や心室性頻拍、または肥大性心筋症に伴う心房細動などの抗不整脈の治療薬に使用されており、服用を中止した後でも体内に長く蓄積している事がある為、服用していないからといって直ぐにバイアグラを使用するのは大変危険です。併用すると、血圧を過度に下げさせてしまう可能性が高く、鼓動を乱す危険性があるため併用禁忌薬となっております。

慢性血栓性高血圧症の治療薬

慢性血栓性高血圧症は、肺動脈内に発生した血栓による肺動脈の閉塞と、それに伴って起こる肺高血圧症が特徴の病気です。代表的な治療薬は、アデムパスというお薬です。有効成分リオシグアトが血管壁にある酵素を刺激し、肺の血管を広げる事で、肺動脈の血圧を下げます。心臓の負担を減らし、同時に肺動脈を流れる血液の量を増やす事で、呼吸を楽にします。アデムパスは血管を広げる作用がある為、バイアグラとは併用禁忌薬とされています。

HIV治療薬

バイアグラなどのED治療薬は、肝臓にある酵素によって分解し、体の外に排泄されます。HIVの治療薬は、肝臓の酵素の働きを邪魔する働きがある為、ED治療薬と併用した際、ED治療薬の成分は分解されず、身体内の薬剤濃度がとても高くなってしまうリスクがあります。抗ウイルス薬の中でもHIV治療薬のみが併用禁忌薬になっており、バイアグラ、レビトラシアリスの3大ED治療薬の中では、レビトラのみ併用禁忌薬に指定されています。しかしバイアグラとの併用が100%安全という訳では無いので服用の際はかかりつけ医師に相談してください。

バイアグラの併用注意薬とは?

以下の薬は、バイアグラとの併用禁忌薬までは行かずとも、注意した方が良い併用注意薬になります。併用注意薬は飲み方によって悪影響がでる可能性がある

  • ・血圧を下げるα遮断薬などの降圧剤
  • ・CYP3A誘導剤
  • ・急性心不全治療剤
  • ・前立腺肥大治療薬
  • ・抗真菌薬(水虫治療薬など)

深在性真菌症などで処方された抗真菌薬は併用注意です。バイアグラ・レビトラ・シアリスの中では、レビトラだけが併用禁忌薬に指定されていて、バイアグラは併用注意とされています。これらの薬と併用すると、体内で薬の成分分解が遅くなり、血中濃度が過度に上昇してしまう危険があります。

併用注意薬の種類によっては、使用中止しても身体に1週間以上成分が残っている可能性があるので、医師や薬剤師に服用薬の効果持続時間等を確認してから服用してください。


バイアグラと頭痛薬は併用可能

バイアグラの副作用として多く見られるのが頭痛です。様々な併用禁忌薬や注意薬があり、お薬を一緒に服用するのはあまり良く無い印象ですが、頭痛薬に関しては併用可能となります。頭痛薬や胃腸薬との併用は特に問題なし

ほとんどの頭痛薬は、服用してから効果を実感できるまでの時間と効果の持続時間がほぼ同じです。バイアグラは空腹の際に服用することで効果を発揮しますが、頭痛薬は副作用で胃粘膜が荒れてしまう可能性があり、空腹時の服用を避けることが推奨されているため、胃の弱い方は頭痛薬と胃薬を同時に服用する事をおすすめします。


まとめ

バイアグラの他に世の中には沢山のED治療薬が存在します。治療薬を使用する事でEDの悩みを改善できた人も多くいます。しかし、バイアグラを筆頭にED治療薬の服用方法を誤ってしまうと、過度の副作用や事故に繋がる可能性があるので気をつけなければなりません。ED治療薬の知識が無いまま服用して、深刻な事態になった事例もあります。効果が出る分、正しく服用しないと、大変なリスクを生じる場合があります。併用禁忌薬と注意薬を周知して、自分の常備薬との相性などをきちんと確認してから服用してください。

COMODO

お薬ラボのご利用上の注意事項

  • ・お薬ラボで取扱う商品は全て海外で認可のある薬局から発送されていますのでご安心ください。
  • ・商品のパッケージや見た目など、製造元によっては違う場合があり、商品詳細ページに添付されている画像とは異なることがあります。
  • ・お薬ラボにおける個人情報については個人情報の取り扱いをご覧ください。
  • ・当サイトは個人の輸入代行サービスになります。当サイト内の効果・効能・副作用などにつきましては販売メーカー発表の製品概要を参考にしております。詳しい情報につきましては販売元、医療従事者の薬剤情報、商品情報を参考の後、当サイトにてご購入下さい

お薬ラボのセキュリティについて

  • ・お薬ラボではお客様のセキュリティ遵守として、購入代金を信頼ある決済代行企業に委託しております。
  • ・お薬ラボはSSL認証に対応しております。お客様の入力した情報は暗号化しておりますので安心してご利用ください。

TOPへ