海外医薬品の個人輸入とは?

海外医薬品の個人輸入とは?海外医薬品の個人輸入は個人で使用することのみ認められています。営業許可がある個人輸入代行サイトの販売は違法ではありません。しかし、安易に利用してしまうと様々なトラブルが起こる可能性があります。こちらのページでは海外医薬品の個人輸入や個人輸入代行サイトについて詳しくご説明します。


目次

  1. 1.海外医薬品の個人輸入の特徴
    1. 1-1.サプリメントは医薬部外品!?
  2. 2.海外医薬品の個人輸入に対する制限
  3. 3.海外医薬品の個人輸入の注意点
    1. 3-1.海外医薬品の偽物にご注意
    2. 3-2.品質・安全性の基準値
    3. 3-3.副作用による健康被害

海外医薬品の個人輸入の特徴

海外医薬品の個人輸入の特徴個人の手続きで海外医薬品などの海外製品を取り寄せる事を個人輸入と言います。通常の製品は企業の現地法人代理店などを使い日本国内に流通し販売します。それに対して個人輸入は直接現地の会社や店舗などと直接やり取りをして購入・注文をする取引店です。しかし、当然ですが個人的に海外医薬品を輸入する場合には現地の言語を使い取引をするのが通常です。申し込みに対する最低限の記入事項や応募要項、または海外医薬品の服用方法などを理解する読解力などが必要になります。到着の遅れや間違った配送などトラブルも多い為、中々一般の方が正しく取引を行うのも難しい事です。

当サイトの様な医薬品・医薬部外品等の海外医薬品を個人輸入する際は、基本的に薬事法の規定により厚生労働大臣の承認許可等が必要になります。一般の個人がご自身の為に輸入(個人輸入)をする場合も基本的には地方厚生局に必要書類を提出し、営業目的の為では無い事の証明を受ける必要があります。ただ決められた数量内であれば個人の使用目的に限り税関の確認を受けた上で輸入する事ができるのです。

個人の使用に限りとありますので、第三者へ売ったり譲渡したりする事も認められていません。同様に家族や友人の分もまとめて輸入、購入する事も認められていません。上記を踏まえ海外医薬品を希望する方は当サイトのような個人輸入代行業者に依頼するか個人的に輸入する事ができるのです。この制度が「海外医薬品の個人輸入」になります。


サプリメントは医薬部外品!?

薬事法ではドリンク剤・養毛剤・浴用剤などのサプリメントは医薬部外品となる場合もありますが、個人輸入に関しては医薬品に該当する場合もあります。また当然ながら指定薬物・覚醒剤および覚醒剤原料・大麻・麻薬および向精神薬などの輸入は禁止されています。その他ワシントン条約基づき輸入出来ない医薬品や医薬品原料もあります。詳しくは医薬品等の個人輸入についてをご覧ください。

海外医薬品の個人輸入に対する制限

では、決められた数量とはどの程度なのでしょうか?

【薬事法により定められた個人輸入に関する制限】
日本国内において処方が必要な要指示薬…1ヶ月以内
ジェネリック医薬品などを含めた海外医薬品…2ヶ月以内
サプリメントのビタミン剤など…4ヶ月以内

<参考>2ヶ月分の数量の算出方法
(1)1日3回 2錠服用の場合の2ヶ月分の数量
(2錠×3回)×30日×2ヶ月=360錠 まで2ヶ月の容量となります。

また、決められた分量であれば輸入・個人輸入代行を使い海外医薬品を購入する事は出来ますが、注文の際何らかの理由で身分を隠したいからと会社名での注文やニックネームなどで購入手続きをしてしまうと税関で止められる場合もあります。しっかりと個人名での申し込みをしてください。その他薬事法などのルールを守り用法容量をしっかり理解し利用すれば、健全かつ安全に健康管理等に役立つ使い方が出来るのです。

海外医薬品の個人輸入の注意点

海外医薬品の個人輸入の注意点海外医薬品を個人輸入する場合、インターネットで個人輸入代行サイトを利用すると非常に便利です。しかし、正規品を偽った海外医薬品や商品が届かないなど悪質なサイトが多数存在しております。個人輸入代行サイトを安心・安全に利用するための注意点を下記に記載しましたのでご検討の方はご確認ください。

海外医薬品の偽物にご注意

個人輸入代行サイトの利用で一番問題視されているのが正規品を偽ったニセモノを販売する業者です。インターネットの普及とともに悪意のある個人輸入代行サイトが存在しています。SNSやヤフー知恵袋などでニセモノ被害にあった方々の投稿も多くあります。しかし、スーパーコピー品などは正規品と見分けが難しく素人ではニセモノと判断できないのが現実です。対策として、サイト内に特定商取引法の表記や鑑定証などがあるか確認することで被害を防ぐことができます。


品質・安全性の基準値

海外医薬品の品質や安全性の基準は日本と海外では大きく違います。例えば日本の某冷凍食品メーカーの製造工場が海外にあり、杜撰な管理、不衛生な製造過程などの動画がニュースや新聞などに公開されて大問題になりました。ニセモノの海外医薬品製造工場も同じような環境で製造している可能性があり、医薬品にウイルスや有害物質が混入していることも考えられます。日本の高品質で安全な製薬会社に比べると基準値が低いです。しかし、海外医薬品の大手製薬会社は日本と同等もしくはそれ以上に品質や安全性が高いところもあります。海外医薬品を購入する際はメーカーなども調べることをおすすめします。

副作用による健康被害

海外医薬品の服用によって副作用が強く発症した健康被害も多数あるようです。
「効果が全くなかった」
「副作用があらわれた」
「病院に行くほど体調が悪くなった」
などがあります。副作用があらわれたことにより
「ネットで買ったからニセモノだったのでは?」
と疑う方もいらっしゃるようです。勿論、ニセモノを扱った販売業者なら健康被害は考えられます。しかし、過剰摂取などの誤った服用方法や併用禁忌薬との併用をしてしまうと予期せぬ副作用があらわれてしまうのは当然です。特にバイアグラなどのED治療薬は服用方法や併用禁忌薬に注意が必要です。狭心症などに治療に使用される硝酸剤は血管を拡張する作用があります。ED治療薬と併用することで血圧が急低下してしまう危険性があります。このようにそれぞれの海外医薬品には服用方法を誤ると多大な健康被害を及ぼす可能性がある場合もあります。初めて海外医薬品を服用する方は一度、病院または専門クリニックで医師から処方してもらい正しい服用方法を薬剤師に聞いて処方せんを服用してください。次回から便利な個人輸入代行サイトを利用することをおすすめします。

お支払方法 コンビニ COMODO

お薬ラボのご利用上の注意事項

  • ・お薬ラボで取扱う商品は全て海外で認可のある薬局から発送されていますのでご安心ください。
  • ・商品のパッケージや見た目など、製造元によっては違う場合があり、商品詳細ページに添付されている画像とは異なることがあります。
  • ・お薬ラボにおける個人情報については個人情報の取り扱いをご覧ください。
  • ・当サイトは個人の輸入代行サービスになります。当サイト内の効果・効能・副作用などにつきましては販売メーカー発表の製品概要を参考にしております。詳しい情報につきましては販売元、医療従事者の薬剤情報、商品情報を参考の後、当サイトにてご購入下さい

お薬ラボのセキュリティについて

  • ・お薬ラボではお客様のセキュリティ遵守として、購入代金を信頼ある決済代行企業に委託しております。
  • ・お薬ラボはSSL認証に対応しております。お客様の入力した情報は暗号化しておりますので安心してご利用ください。

TOPへ