個人輸入って何?

個人輸入の特徴

個人の手続きで海外の製品を取り寄せる事を個人輸入と言います。
通常は海外の製品は企業の現地法人や代理店などを使い日本国内に流通し販売します。それに対して個人輸入は直接現地の会社や店舗などと直接やり取りをし購入・注文をする取引です。
しかし、当然ですが個人的に製品を輸入する場合には現地の言語を使い取引をするのが通常です。申し込みに対する最低限の記入事項や応募要項、または製品を理解する読解力などが必要になります。到着の遅れや間違った配送などトラブルも多い為、中々一般の方が正しく取引を行うのも難しい事です。

個人輸入の特徴当サイトの様な医薬品・医薬部外品等を個人輸入する際は、基本的に薬事法の規定により厚生労働大臣の承認許可等が必要になります。一般の個人がご自身の為に輸入(個人輸入)をする場合も基本的には地方厚生局に必要書類を提出し、営業目的の為では無い事の証明を受ける必要があります。ただ決められた数量内であれば個人の使用目的に限り税関の確認を受けた上で輸入する事ができるのです。

個人の使用に限りとありますので、第三者へ売ったり譲渡したりする事も認められていません。個人の使用とありますので家族や友人の分もまとめて輸入、購入する事も認められていません。

上記を踏まえ医薬品を希望する方は当サイトのような代行業者に以来するか個人的に輸入する事ができるのです。この制度が「医薬品の個人輸入」になります。


薬事法ではドリンク剤・養毛剤・浴用剤などは医薬部外品となる場合もありますが、個人輸入に関しては医薬品に該当する場合もあります。また当然ながら指定薬物・覚醒剤および覚醒剤原料・大麻・麻薬および向精神薬などは輸入は禁止されています。
その他「ワシントン条約」基づき輸入出来ない医薬品や医薬品原料もあります。
詳しくは「医薬品等の個人輸入について」をご覧ください。

個人輸入に対する制限

では決められた数量とはどの程度なのでしょうか?

【薬事法により定められた個人輸入に関する制限】

日本国内において処方が必要な要指示薬…1ヶ月以内
ジェネリック医薬品などを含めた医薬品…2ヶ月以内
サプリメントのビタミン剤など…4ヶ月以内

<参考>2ヶ月分の数量の算出方法
(1)1日3回 2錠服用の場合の2ヶ月分の数量
(2錠×3回)×30日×2ヶ月=360錠 まで2ヶ月の容量となります。

また、決められた分量であれば輸入・個人輸入代行を使い製品を購入する事は出来ますが、注文の際何らかの理由で身分を隠したいからと会社名での注文やニックネームなどで購入手続きをしてしまうと税関などで止められる場合もあります。しっかりと個人名での申し込みをして下さい。その他薬事法などのルールを守り用法容量をしっかり理解し利用すれば、健全かつ安全に健康管理等に役立つ使い方が出来るのです。