うつ病とは?

うつ病とは気分障害の一種で精神障害の事です。抑うつ気分精神活動の低下意欲や興味悲しみや不安などの症状があります。現代社会において患者数も増えいる病気です。世界で3.5億人もの人がうつ病に悩み、多くの国でしっかりとした治療方法が見つかっておらず、また誤診により間違った抗うつ薬などの投与が行われている事も大きな問題です。原因も他の精神障害同様に特定がされておらず分類、定義をする事が困難とされています。

うつ病になる原因

うつ病になる原因は正直な所はっきりと分かっていません。脳の神経の働きが悪くなり、それと重なりストレスや環境の変化など色々な状況化で発病すると考えられています。過度なストレスが引き金になる場合「人間関係のストレス」「環境の変化によるストレス」などが多いと考えられています。うつ病の怖い所は、普段強そうに見えるタイプでもなる可能性があるという事です。責任感が強い、明るく周囲の評判も良いタイプの方でも多い病気です。

なぜか?
周りの評価が高い分、いつも限界を超えて頑張りすぎてしまう、弱音を吐けずにご自身の容量を超え、心のバランスを崩してしまいうつ病になってしまうケースです。無理せず完璧を求めすぎず、自分の考え方に余裕を持ちましょう。

こんな症状はうつ病かも!?

うつ病症状症状は様々ですが、身体的ストレス、精神的ストレスなどが重なり、一日中落ち込んでいたり食欲がない眠れない何をしても楽しめないなどの症状はうつ病の可能性がありそうです。

上記の症状が2週間以上続くと可能性も高まりそうです。脳がうまく働かず否定的になり自分の事が嫌いになり、普段耐えられるストレスも耐えられず悪循環が起きてしまいます。
自分では分からなくても周りの人達からみて表情が暗い、急に涙もろくなった、飲酒量が増える、会話が成り立たないなど周りの人が気付く事も大切です。これらの症状はあくまで目安の一つです。少し気になる方は専門家の診断を受け正しい改善、治療をする様に心掛けましょう。


うつ病の治療方法

うつ病治療方法改善方法は基本的には「良く休養を取る」「薬による治療法」がメインになっています。心理面から支える「精神治療」と組み合わせで行われる事も多くうつ病患者は自己管理も難しいので家族や恋人、周りの人達の助けも重要な治療の一つです。

休養も精神的にストレスが掛からない状態での休養が必要になりますので、仕事や家事も適度に調整しましょう。
認知行動治療」なども活用し、医師や専門家などの病気に対する知識や経験をもつ人達に自分の意見を客観的に聞いてもらい柔軟な思考にしていく事も大事です。


薬による治療

薬による治療も改善の大きな一つです。他の病気と一緒で薬により身体の異常を治す事も効果的です。主に抗うつ薬による治療が進められています。抗うつ剤は脳で働く神経の情報伝達物質のバランスを整える作用があります。伝達が整う事で意欲や活力がスムーズに伝達され日常生活のやる気が戻ってきます。
ただ症状も様々、薬の種類も様々です。ご自身にあった薬、用法容量を守り服用する事がとても大事です。服用前は必ず医師の診断を受け正しく使いましょう。