育毛・薄毛

成人男性の4人に1人が薄毛薄毛で悩んでいる人は現代非常に多く、一般的に頭髪が薄くなっていく現象を指します。薄毛の種類は様々有り、親からの遺伝や体質などで発症する「体質的脱毛症」などがあります。また、この症状は正常な生理現象とあり病気として扱われるものではなく病気の治療ではないので保険適用はされません。

近年は薄毛対策用の洗髪剤や専門の病院など薄毛に特化した商品や専門機関も増えてきていますし、ある会社の調査によると日本人の男性の26%が薄毛の症状を抱えており、成人男性の4人に1人が「薄毛」と言われる状態と言われています。また、男性に限らず女性の間でも薄毛に悩んでいる方も増えて来ています。


男女の薄毛の傾向

男性の多くはAGA(男性型脱毛症)での薄毛が大半を占めています。この症状は近年フィナステリドを服用する事により進行を抑える事が出来る様になったと言われています。男性の薄毛の場合は額や頭頂部が薄くなっていく傾向にありますが、一方で女性の多くは「びまん性脱毛症」と言われ、全体的に薄くなっていく傾向にあります。びまん性とは「広範囲にわたって」という意味があり、症状として薄毛の他に分け目が目立つやボリュームが無くなったなどの症状・悩みが多く有るようです。

簡単に出来る薄毛の対策

男女共にですが美容院などでの過度のヘアーカラーやパーマなども髪にとっては大きな負担となり薄毛の原因となる場合も有るようです。加えて髪にばかりに注目しがちですが、頭皮もしっかりとケアする事も心掛けましょう。また、良く有る悩みの一つに「フケ」の問題があります。基本的にはフケは代謝が活発になり古い角質が剥がれ落ちる物なので問題はありませんが、フケの量が以上に多く痒みなどを伴う場合などは医師、専門家に相談しましょう。内服薬などにより治療が可能です。少し気になる程度であれば、専門の洗髪剤などを使いケアし乾燥の時期には保湿をする事が大切です。その他原因の一つに考えられているのが日々の生活の中で睡眠時間が削られている事や食生活の中での野菜の摂取の減少運動不足などです。また、加齢などによるホルモンバランスの変化や日常生活でのストレスが考えられており生活習慣の問題も関係しています。

現状、薄毛でお悩みの方は生活改善を心がける事も薄毛解消の大事な事かもしれません。このままいくと薄毛に悩む人の割合はまだまだ増えていく可能性も有りそうです。髪は若年の内はどんどん太く成長していきますが男性20歳前後、女性で25歳前後を境に細くなっていく傾向にあります。男女問わずに誰にでも起こりうる症状という事を認識し、早めの対応策をしていきましょう。

育毛って出来るの?ミノキシジルの場合

薄毛に悩む殆んどの方が考えるのが育毛です。では、実際に育毛は可能なのでしょうか?
育毛剤として有名な薬にミノキシジルタブレットがあります。この薬は「ロニテン」のジェネリック医薬品で臨床試験報告も多く安価なので数多くの人が愛用している育毛剤です。元々は高血圧患者の治療薬でしたが副作用で強い発毛効果が発見され、希釈調合をして育毛薬として認可され販売され始めました。

「ロニテン」はミノキシジルの内服医薬品で直接頭皮に塗布する外用ミノキシジルとは違い、服用する事により体内に循環されるので高い発毛効果が得られると人気の薬です。日本で有名な外用ミノキシジルはCMでお馴染みのリアップなどを想像すると分かりやすいかもしれません。現在のAGA治療では服用する事により発毛効果を発揮するのが主流になりつつあります。ロニテンはその服用薬の代表的な医薬品です。

ミノキシジルタブレットは高い発毛効果が得られる服用ミノキシジルタブレットの特徴として

  1. ・血液に吸収され毛根に送られる為、効果が早い
  2. ・作用時間が長く毛乳頭の代謝が良くなる
などが上げられます。

外用薬の場合は薬液の頭皮吸収が必ず良いとは限らず、頭皮の皮脂などの影響で薬液の浸透が均一とは言えず、体温熱による薬品の気化により効果が薄れるという短所もあります。その点、内服薬の場合は体内から薬の成分を届ける為毛根へ均一に効果を行き届けられるのがメリットです。


副作用

ミノキシジルは元々高血圧患者の薬として作られた医薬品です。内服薬としてはAGA治療薬として認可がありませんので自己責任の元、個人輸入が基本となります。高血圧の降圧剤として作られた経緯から心臓系の疾患を持っている場合は使用をやめましょう。
その他、寝起きが悪くなる、頭皮の痒み、ニキビの発生などの副作用の報告があります。頭髪以外のすねや腕などの体毛が増えるなどの報告もあります。その他、よくご理解の元用法用量を守り正しくお使い下さい。