EDとは?

ED(イーディー)は男性の「勃起機能の低下」という意味です。英語表記は「Erectile Dysfunction」、日本語表記では「勃起不全」または「勃起障害」などと表されます。ではどの様な状態の時EDの疑いがあるのか?多くの方は完全に勃起をしないとEDという認識がありますがそうではありません。勃起状態になるのに時間を要する途中で萎えてしまう納得のいく性交が出来ないなどの症状がある男性はEDの疑いがあります。

EDの違い専門的な定義では「性交時、十分な勃起状態を維持できない、有効的勃起が得られない為満足いく性交が出来ない状態」と表されています。また、通常、性交の機会に75%以上の確率で正常な性交が行われない状態ともあります。勃起に至るまでの困難さ、硬さの不足、維持などもED診断の基準になっており、性交渉の途中に完了まで勃起状態を維持出来ない症状「中折れ」もEDの症状です。EDは神経や血管が深く関係し、性的刺激が脳から神経を介し陰茎の動脈に伝わり血液が流れ肥大し勃起状態になります。勃起が正常に行われない方の中には神経にダメージがある方や動脈に十分な血液が流れないなどの障害が起きている可能性が考えられます。


EDに悩む年齢層

EDに悩んでいる年齢層は意外にも若い方も多く、20代30代40代が相談件数の7割を占めています。

医師や専門家に対する質問内容や質問ツールを見ると若い方はネットを使った相談が多く、50代60代の方は電話相談などが多く、幅広い年代の方がEDに悩んでいるという結果が出ています。また、近年は女性パートナーからの相談も増加傾向にあり、年代・性別に関わらず多くの人が抱えている問題の一つとなっています。

年代別に見た場合、若齢の頃よりも老齢の頃の方が性交渉の頻度は少なくなります。原因はEDだけに関わらず、精巣に萎縮が見られるなど様々ではあります。ある調査によると60歳以上の90%近くの方が性欲は有ると答え、その内の40%~60%の方が性行為を望んでいるという結果も出ています。

主な原因

原因は様々ですが、明確な事故による外傷など以外では、高血圧・更年期障害・動脈硬化・ビタミン不足などがあげられ、その他、糖尿病・腎機能障害・うつ病などが原因になる場合もあります。

またタバコの影響も懸念され、アルコールに関しては短期的な影響だけに留まらず長期的にも影響が出る可能性も考えられています。
上記の事などから、EDの治療は生活習慣の改善がEDの対策には効果的なのではないでしょうか。