性転換について

近年、性的マイノリティ(LGBT)や性同一性障害(GID)をニュースなどで耳にすることが多くなりました。また、ニューハーフの方のテレビ露出などで日本においても否定的なイメージが薄くなってきたのではないでしょうか?しかし、ココロを閉ざしている当事者の方は多くいます。こちらのページは性転換について実際に性別適合手術(SRS)を行う方の道しるべになるように詳しくご説明します。

性転換とは?

性転換とは性別を変更することを指します。
日本では2003年に法が改正され、戸籍上の性別を変更することが可能となりました。

しかし、厳しい条件が設けられています。

性同一性障害の性別の取り扱いの特例に関する法律-第三条

  1. 二十歳以上であること。
  2. 現に婚姻をしていないこと。
  3. 現に未成年の子がいないこと。
  4. 生殖腺がないこと又は生殖腺の機能を永続的に欠く状態にあること。
  5. その身体について他の性別に係る身体の性器に係る部分に近似する外観を備えていること。
引用:電子政府の総合窓口e-Gov

上記の内容を満たすには性器をとり、異性の性器を備えることが重要となります。
以前は性転換手術と言われていましたが、現代では性別適合手術(SRS)と言います。

性転換手術を受ける方は性同一性障害(以下GIDと記載)つまり、カラダとココロが一致しない方が対象です。

性的マイノリティ(LGBT)と性同一性障害(GID)は違うものまた、性的マイノリティ(以下LGBT記載)とGIDは一般的には同じと解釈されているようですが異なります。
GIDとは医学的な疾患名となります。

  • L=レズビアン(女性同性愛者)
  • G=ゲイ(男性同性愛者)
  • B=バイセクシャル(両性愛者)
  • T=トランスジェンダー(自認する性別の不一致)

4つをまとめてLGBT(エルジービーティー)と言われています。
しかし、実際は複雑で一括りに言うことは混乱を招くことになります。

「僕は女の子なのではないか?」

「私は男の子なのではないか?」

幼少期から成人にかけ、自身の性別に疑問を抱く方もおり、十人十色それぞれに特徴があるのでLGBTと称するのは難しいでしょう。


男性から女性へ

男性の身体を持ち女性へココロやカラダ又は容姿を変えることを日本では女性化ニューハーフと一般的に呼ばれています。

ニューハーフとは水商売や風俗業など職業名称から「男と女のハーフ」ということで名称されたとの説があります。

しかし、呼名は時代と共に変わっていき、Mr.レディー、おかま、ニューハーフ、おネェ、などと変わっていきました。

特に「おかま」という呼名は差別的用語とされていますので、ご注意ください。

一方で海外ではシーメール(She-male)、トラニー(Trannie)、タイではレディーボーイ(Lady-boy)と言われていますが、世界共通としてエムティーエフ(以下MtFと記載)と呼ばれています。

さまざまな呼名がありますが、近年のテレビなどでは「おネェ」「おネェタレント」などと呼ばれていることが多いようです。男性から女性になることは世界共通でMtFと呼ばれている

また、女性化の準備について

  • ・美容整形
  • ・脱毛
  • ・去勢
  • ・乳房
  • ・声

など性転換手術を行い、最終的には戸籍を変更して女性として社会で生きていく方も多くいます。


女性から男性へ

女性が男性のように立振る舞うことやココロが女性ではないと自認する不一致などの男性化エフティーエム(以下FtMと記載)と言います。

海外ではヒーフィメール(Hefemale)、タイではトムボーイ(Tomboy)と呼ばれています。

日本人は男性化を「おなべ」と呼ぶ方が多く、水商売などで名称されている職業名称です。

本人の表現でなく、呼名とすることは「おかま」同様に差別的用語になります。

世界共通のFtMが呼名となります。女性から男性になることは世界共通でFtMと呼ばれている

女性化に比べて男性化の方は少ないようですが、男性化の準備に向けて

  • ・男性ホルモン投与
  • ・乳腺摘出
  • ・乳房切除
  • ・陰茎形成
  • ・声

など性転換手術を行い、MtF同様に戸籍を変えて男性として社会にでる方もいます。

医療ツーリズムinタイ

性別適合手術を行う病院が多く医療技術が世界的にも発展しているので医療ツーリズムでタイで受ける人が多い医療ツーリズムの認識として無保険で数百万〜数千万円の高額医療費を支払い、難易度の高い外科手術や認可されていない薬の投与など、欧米の最先端医療を求め日本国外へ手術や治療を受けるイメージがあると思われます。
実際に日本では難しい手術を受けに海外へ行かれる患者さんもいますが、それは日本の医療ドラマなどの影響によるものではないでしょうか?

一方、日本へ医療ツーリズムに来られる方は中国やマレーシア、タイなどのアジアにいる富裕層が日本医療を受けに来られています。

ではなぜタイを目指して性転換手術を受けるのでしょうか?

それは、日本とタイの国民性の違いが大きくあります。

タイはLGBTに対して自由であり、タイへ訪れるとニューハーフ(レディーボーイ)の方をよく見かけます。
社会的オープンなことから性別適合手術(以下SRSと記載)を行う病院が多く存在しており、SRSに対しての医療技術が世界的にも非常に発展しています。

SRSは単に性器の摘出だけではありません。
当事者それぞれによって異なります。

男性化(FtM)

  • ・睾丸摘出
  • ・女性器形成
  • ・ボイスチェンジ
  • ・永久脱毛
  • ・美容整形

女性化(MtF)

  • ・乳腺摘出
  • ・子宮卵巣摘出
  • ・ミニペニス形成
  • ・陰茎形成
  • ・乳輪縮小
  • ・乳頭縮小

など、さまざまな治療が行われます。
タイの医療機関では手術の種類が豊富で非常に特化しており、申し込みから施術は早いというメリットもあります。

日本でSRSを受けることも可能ではありますが、「どこに行けばいいのか分からない」「誰に相談すればいいのか分からない」「恥ずかしい」など、閉鎖的な日本の国民性では自国でSRSを受ける方が少ないようです。

近年、テレビなどで「おネェタレント」の露出により、性別適合手術を行なったことをカミングアウトしたことで、一般の性同一性障害患者の方の背中を押してくれたのではないでしょうか。
カミングアウトした芸能人が性別適合手術を受けたガモンクリニックは、タイで権威のある有名な医療機関です。
手術実績も多くあり、安心して手術を受けることができます。


アテンダーを見つける

性別適合手術を受けるときはアテンダーのサポートを受けると入国から帰国まで安心できるタイで性別適合手術を受ける場合、

  • ・タイ語が達者である
  • ・土地勘がある
  • ・現地に知人がいる(緊急時)
  • ・2人の医師による性同一性障害の診断書(英文必須)
  • ・空港券やホテルなどの事前準備

など上記の条件を自分で行うことができる方が望ましいです。

しかし、ほとんどの方が該当しないでしょう。

そこでおすすめのプランがアテンド会社を見つけて入国から手術、帰国までのサポートしていただくことで解決することができます。

信頼のあるアテンダーさんにサポートを受けることで、下記の問題が解消されます。

  • ・孤独にならない
  • ・食事や滞在場所の確保
  • ・安心な病院の紹介
  • ・担当医師とのコミュニケーション補助
  • ・緊急時に連絡がとれる
  • ・タイ観光をして不安を解消

また、その他にもプリペイド携帯の貸し出しなどアテンド会社さんによって異なりますが、親日のある国民性のためとても親切にサポートしてくれるでしょう。

カミングアウトした芸能人の方が性別適合手術でアテンドを依頼したのはソフィアバンコクというアテンド会社です。
ソフィアバンコクは性別適合手術の他に美容整形や不妊治療のアテンドも可能です。

ソフィアバンコクの代表 槐 佑哉(Yuya Saikachi)さんはタイと日本のハーフということで会話がスムーズにできます。
タイ語とネイディブな日本語で担当医やナースさんと連携を結んでくれます。

さらに、槐 佑哉さんは男性化の性別適合手術をご経験された当事者です。
同じ苦しみや痛みを経験された方がアテンドしてくれるのは、これ以上ない安心に繋がるのではないでしょうか?

ソフィアバンコクを利用したお客様からの感想

北海道 25歳 コールセンター勤務

Q.なぜタイで手術することを決めましたか?

日本よりも性転換手術が最先端ということもあり、日本よりも安いから、観光を含めタイで性転換をすることを決めました。

Q.なぜソフィアバンコクを選びましたか?

アテンド会社を選ぶときはホームページ上で、文字で判断するしかないですが、ソフィアバンコクを選んだ理由は「勘」です。

勘とソフィアバンコクのホームページに載っている温かい言葉だったり、まめに更新されるブログだったり他とは違う何かを感じたし、料金も一番安いのもきっかけですね。

Q.入院中の生活はどうでしたか?

ガモンクリニックの雰囲気はとても綺麗で新築ということもあり、個室になっていて、とても有意義に入院生活を送ることができました。

ソフィアバンコクの対応は、毎日、術後も術前も観光お見舞いだったり。
自分が一番印象的だったのは術後にゼリーをくれたことです。
あと、手術中に自分の同行者が不安で、自分の手術が終わるのを待っていたときに、同行者と一緒に居てくれたことです。

仕事とはまた違う温かさがある会社だなと思います。

ナースの対応については、みんな優しいし、英語とかタイ語が話せない状態だけど、それでもフィーリングで会社の通訳も含めて、いい関係が築けたと思います。

Q.退院後の生活はどうですか?

退院後は一日2回、朝と夕方通院して患部の消毒などナースにやってもらいます。
最初は面倒くさいと思いながらも暇なのでナースと戯れたり、アテンド会社の人と戯れたりして、なんだかんだ楽しく送っていました。

観光については、一日昼と夜、自分の好きな食べ物屋に行って、食べ物を食べに行くのですが、夜ご飯はアテンド会社の人と食べに行ってそれが一番の思い出です。

Q.今後タイで手術を考えている方へのメッセージ

日本で手術をしてタイに修正をする方が最近凄く多いらしくて。

実際にタイのイメージが

  • ・感染しないだろうか
  • ・ケアがちゃんしてない
  • ・汚い

などのイメージが日本人にはあると思いますが、実際来てみるとそんな事はなくて、GID大国というか、性転換において最先端な国だけあって、ケアとか感染リスクとか、(クリニックが)凄い綺麗だったりとか。

あと、ガモンクリニックに良いところはガモン先生が一人で全員の手術を必ずやっています。
ケアもそのあとの検診も先生が必ず回って、最後まで見てくれる部分がすごく良いかなと思いました。

これから手術をしようと思っている方がいるなら、日本でやるよりもタイでやったほうが安全で間違いないんじゃないかなと思います。
胸や下半身も術後は綺麗なのかなと思います。


まとめ

性転換を希望する方は、医師から性同一性障害(以下GIDと記載)と診断され性別適合手術(以下SRSと記載)を受けて、戸籍を変更することができます。
2015年に東京都渋谷区でパートナーシップ証明書が発行され、LGBTのカミングアウトや社会的理解が増えてきています。
同性愛の種類はさまざまですが、SRSを求めタイへ医療ツーリズムをする方も増えてきました。

また、近年多くのアテンド会社が参入しています。
現地でアテンダーさんを探したり、ネットで安易にアテンド会社を見つけることは注意が必要です。
注意が必要なのは医療ツーリズムだけのことではありません。
タクシー料金のぼったくりや不親切なガイドなどで旅行トラブルは後を絶ちません。

手術目的で海外へ来ているのにトラブルが発生したら大変です。

タイのSRS料金相場は日本とあまり変わりません。
しかし、タイの物価が安いため手術滞在期間のコストが削減になるのは大きなメリットです。

信頼のできるアテンダーさんを見つけることがSRS成功の道しるべになるでしょう。

ソフィアバンコク
お支払方法 コンビニ COMODO

お薬ラボのご利用上の注意事項

  • ・お薬ラボで取扱う商品は全て海外で認可のある薬局から発送されていますのでご安心ください。
  • ・商品のパッケージや見た目など、製造元によっては違う場合があり、商品詳細ページに添付されている画像とは異なることがあります。
  • ・お薬ラボにおける個人情報については個人情報の取り扱いをご覧ください。
  • ・当サイトは個人の輸入代行サービスになります。当サイト内の効果・効能・副作用などにつきましては販売メーカー発表の製品概要を参考にしております。詳しい情報につきましては販売元、医療従事者の薬剤情報、商品情報を参考の後、当サイトにてご購入下さい

お薬ラボのセキュリティについて

  • ・お薬ラボではお客様のセキュリティ遵守として、購入代金を信頼ある決済代行企業に委託しております。
  • ・お薬ラボはSSL認証に対応しております。お客様の入力した情報は暗号化しておりますので安心してご利用ください。

TOPへ