処方せん不要について

処方せんが不要な理由

日本国内においては、処方せん薬を処方せんなしで販売等するのは薬事法に定められている様に違法になります。
ですが、基本的に海外医薬品については処方せんは不要です。
では、なぜ不要なのでしょうか?

日本国内において医薬品を販売する時は医師の処方せんが無いと違法になります。
この処方せんはいわば、記載され使用した医薬品において何か起きれば医師側に責任があると示している書類とも言えます。
個人輸入の場合は個人の判断において輸入、または個人輸入の代行業社を使い取引をするので、医師による処方せんは必要ないという事になります。

輸入代行業者の選び方

個人輸入をするまたは代行業者を使う場合、個人が販売店等と直接取引をする事になり、医師が関わりをもたない中での取引となりますので医師の処方せんは必要ないのです。
ですが代わりに責任はご自身となりますので、その点は十分注意が必要です。
また、当サイトの様な代行業社を使う場合、サイト側が医薬品を販売するのではなく輸入のお手伝いだけをします。
その為、医師の処方せんも必要なくご利用、服用しますので責任もご自身にあります。

当サイトの様な輸入代行業者は、販売ではなく個人の輸入をお手伝いする代行という名目の業態です。
在庫をもつ訳ではなく、販売をしているサービスではありません。
よって日本の薬事法は対象外です。
個人輸入の最大の長所は、処方せんが必要ないのでご自身の判断で必要な薬を選び購入する事ができる事かもしれません。

薬を選ぶときの注意点

当サイトの安心要素(メーカー正規品・お届け保証・プライバシー保護)気を付けないといけない事も多々あります。
値段が安いからと偽物を買ったり成分の分からない製品を買ってしまうなどトラブルがあるのも確かです。
成分表記などしっかりしているか?値段が法外に高くないか?または安くないか?など正規品ではないものを見分ける術をもち、しっかりとした正規品を取り扱っている代行業社を選びましょう。
また、用法・用量(個人輸入で認められている量「厚生労働省」)を守り、安全に使用してください。

用量を守らなければ、輸入時に税関で没収される事もあります。
没収されれば費やした時間もお金も戻っては来ません。
用法を守らなければご自身の健康や健全の為に使用、服用するはずの事が逆に健康を害する事もあります。

個人輸入のメリット・デメリットをしっかり利用者ご自身が理解し、ご利用ください。
当サイトサービスにおいて代行販売している製品・医薬品は、全てメーカーの正規品です。
輸入、輸入代行が薬事法において認められた商品になります。



ジェネリックを知ろう
メールが届かない
お薬ラボ公式ライン@
お薬ラボ公式ツイッター
ビットキャッシュ決済 コンビニ お支払方法 COMODO

TOPへ