性転換後のセックスについて

性別適合手術(SRS)には、男性から女性の身体になる女性化(MtF)と女性から男性の身体になる男性化(FtM)があります。こちらのページでは性別適合手術を受けた後の期間や手術後のセックスについて、どのような問題に直面するのか解説します。

手術後のセックスについて

性転換後のセックスについて、不安な方が多くいます。
性器を、性と反対にする手術ですので、術後のケアが非常に重要です。
女性化(MtF)と男性化(FtM)どちらも、直ぐにセックスすることはできません。

最低でも3ヶ月以上の安静が必要です。

では、性別ごとに詳しくご説明します。

女性化(MtF)のセックス

女性化の手術は、男性器を切除して、女性器である膣を造る形となっております。

一般的には陰茎反転法と言う手術を行い、尿道と直腸の間をメスで切って睾丸を摘出し、陰茎は根元の一部分以外は全て削ぎ落します。
残った陰茎部分は尿道と直腸の間に出来たスペースに入れ込んで、亀頭部分は陰核として使用する形になります。

疑似的に女性器が出来上がりますで、実際にセックスをすることは可能となります。

膣が塞がらないように毎日ダイレーションをする必要がある但し、手術後は造られた膣が塞がってしまわないよう、ダイレーションと呼ばれる行為をしなくてはなりません。
ダイレーションとは専用の器具を使って毎日2~3回は穴を固定させる行為であり、最低でも3ヶ月以上は継続しなくてはならないのです。
手術後、直ぐにセックスをするのは難しいでしょう。

しかし、ダイレーションの期間が過ぎてしまえば膣も安定して、愛するパートナーとの性生活を送ることも可能となります。
SRSを受けた9割以上の方が陰核に感覚があったというアンケート結果もありますので、例え造られた性器でも快感を得ることも十分に可能となります。


男性化(FtM)のセックス

男性化のSRSは、一般的に乳腺摘出子宮卵巣摘出膣閉鎖尿道延長陰嚢形成陰茎形成と手順を踏んでの手術となります。

どの手術を受けるかは個人差もありますが、大抵は大変な手術となりますので、手術後は絶対安静となります。

通常、手術後1ヶ月程度は患部や筋肉の痛みが生じます。
個人差はありますが、手術後2ヶ月程度は膣から軽度の出血やおりものが出ることがありますが、徐々に自然と治ってくるものなのでご安心ください。
6ヶ月~1年程度で、縫合痕は見えにくくなる位に回復します。

重いものやトレーニングは術後3カ月は控える重いものを持ったり、筋肉トレーニングなどの激しい動きは、術後3ヶ月程度は控えていただく必要があります。
医師により見解は異なりますが、ほとんどの医師が3ヶ月間はセックスも控えたほうがいいと推奨しています。

傷口がふさがる前は、性感染症のリスクも高まり、非常に危険です。

陰茎形成手術を受けるとセックス時に挿入も可能となります。


性転換後セックスの注意点

性転換後にセックスをすることは可能ですが、いくつか注意しなければならないことがあります。
女性化、男性化それぞれ以下の点を注意しましょう。

女性化(MtF)の注意点

女性化の手術後の性器は、膣液の分泌が限りなく少ないということが前提としてあります。

手術によって女性器ができたとしても、人工的に造られた性器ですので本物の膣ではありません。
膣内から分泌する液体については一般の女性よりは明らかに少ないので、挿入する際や触れる際は女性潤滑ゼリーなどの使用をおすすめします。セックスをする際は潤滑ゼリーの使用がおすすめ

セックスが終わった後は、内部の汚れが付着する可能性が高い為、相手の男性器をよく洗ってもらうことが重要です。

手術によって造られた膣にも女性と同様にオリモノが発生するのですが、普通の女性と違い自浄作用がない為、一度付着するとこびりつきやすい特徴があります。
その為、清潔にしないと雑菌が繁殖して性病などのもとになってしまいます。

以上の点に注意することで、通常の女性と同様に愛するパートナーとかけがえのない性生活の時間を送ることが可能です。


男性化(FtM)の注意点

男性化の手術後は、免疫が下がっているので性感染症を発症しやすい環境になります。

退院した後も術後3ヶ月間は激しい運動やセックスは控えください。

性転換後、ファーストセックスはあまり激しくしないようにし、潤滑剤を使用するなど身体に極力負担がかかり過ぎないように注意してください。

性転換で男性器を作っても精子は出ないホルモン剤を投与すると性欲が強くなる人もいます。
食欲が増進して太りやすくなったりと気をつけないといけない部分も出てきますので、自己管理をしっかりとしましょう。

また、性転換手術を受けて男性器を作ったとしても、精子を出すことはできませんので、セックスの終わり方はお互いが満足したときになります。
男性ホルモンを投与している方の場合、個人差もありますがクリチンといってクリトリスが2~10cmほどに肥大化する為、人によっては挿入できる大きさになる方もいます。


まとめ

性別適合手術の前はホルモン剤投与から始まり、一度の手術をするのではなく徐々に身体を作り変えていきます。

治療期間から手術、そして手術後と、身体へ大きな負担がかかります。

手術後のセックスは基本的に、術後3ヶ月以降が推奨されています。

2ヶ月ほど経つと、だんだん痛みも軽減されてきます。
日常生活も支障なく過ごすことができます。

今後の生活を、より快適に過ごすためにも、最初の3ヶ月間はセックスを控えましょう。

性転換をして、念願の身体が手に入り、セックスを試してみたいところですが、傷口の回復のためにも十分な休息をとってください。

3ヶ月後、性器の回復状況や注意点をしっかりと確認してから行為をしましょう。

▼タイで性別適合手術をご希望の方はこちら▼

ソフィアバンコク

お薬ラボ公式ライン@
お薬ラボ公式ツイッター
ビットキャッシュ決済 コンビニ お支払方法 COMODO

お薬ラボのご利用上の注意事項

  • ・お薬ラボで取扱う商品は全て海外で認可のある薬局から発送されていますのでご安心ください。
  • ・商品のパッケージや見た目など、製造元によっては違う場合があり、商品詳細ページに添付されている画像とは異なることがあります。
  • ・お薬ラボにおける個人情報については個人情報の取り扱いをご覧ください。
  • ・当サイトは個人の輸入代行サービスになります。当サイト内の効果・効能・副作用などにつきましては販売メーカー発表の製品概要を参考にしております。詳しい情報につきましては販売元、医療従事者の薬剤情報、商品情報を参考の後、当サイトにてご購入下さい

お薬ラボのセキュリティについて

  • ・お薬ラボではお客様のセキュリティ遵守として、購入代金を信頼ある決済代行企業に委託しております。
  • ・お薬ラボはSSL認証に対応しております。お客様の入力した情報は暗号化しておりますので安心してご利用ください。

TOPへ