精力剤のED治療薬と媚薬の違い

目次

精力剤について

勃起薬や性器増大サプリメント、早漏防止薬など性器に関わるお薬は、一般的に精力剤と呼ばれています。精力剤は、医薬品(ED治療薬など)、サプリメントや健康補助食品などに分類され、精神的及び肉体的な疲れの軽減、更年期障害における精力減退の改善など、男性だけでなく女性も使用されます。精力剤は身近なものだとビタミン剤、にんにくから成分を抽出した滋養強壮の効果を与えるものなどがあります。また、サプリメントではビタミンB群、亜鉛、鉄などのミネラル類、アミノ酸などさまざまなものがあります。

精力剤は性機能増強に使用男性の場合、精力減退が起こる原因は、加齢による血流の低下やホルモンの分泌低下の内分泌異常、メンタル的なものがあります。40歳以上の男性では、男性更年期が起こる場合が多く、若い方でも強いストレスを感じると男性ホルモンが急激に低下して起こる可能性があります。このように、栄養不足やホルモン低下を医薬品やサプリメントで補うように作られたものが男性向け精力剤となります。

女性の場合は、40代を過ぎると更年期障害が起こり、やる気の低下、倦怠感、女性ホルモンの急激な低下、ホルモンバランスの乱れで、大量の発汗やのぼせ、動悸などの症状がでます。また、その中にも性行為に対する嫌気強い嫌悪感など女性の精力を低下させます。まだ認知度は低いですが、国外での女性用精力剤の需要は広まっており、国内でも個人輸入代行を利用して女性用バイアグラを使用する女性が増えてきています。


ED治療薬について

ED治療薬は勃起力のサポートに使用ED治療薬は勃起不全(ED)や中折れを改善する治療薬で、80%以上の方に効果があると言われています。また、重度の疾患が無い健康な方だと95%以上有効的と言われています。服用のタイミングがとても重要で、完全な空腹状態で服用すると最大効果が発揮されます。

服用後は、性的刺激があると効果が発揮され、性的刺激を与えなければ普段通りに生活できます。長期的に服用したい場合も、お薬の身体的依存性はありませんので、安全性も高いです。お薬を服用すると、からだの血流がよくなりますが、心臓に負担がかかることはありません。ただ、心臓の疾患があって心配な方は、医師に相談することをお勧めします。


媚薬について

媚薬は、性欲を増進または相手に恋心を起こさせる薬とあります。媚薬の媚は、媚を売るという使い方もされ女性が色気を出すことや色っぽいなどという意味を持ち、基本的には女性が使用されるものを指します。一部に男性の媚薬もあり、精力が高まり性欲を高める、快感をアップさせるなどの効果を謳っているものが多いです。

媚薬は性欲アップに使用女性の媚薬は、スムーズにオーガズムに達しやすくなり、より強いオーガズムを感じることが出来る効果が期待できます。不感症やオーガズムに達せないとお悩みの方の手助けになります。ハーブや漢方、塗るタイプなど種類もさまざまです。中には一部ですが、男性ホルモンの分泌を促進させるものもあり、積極的、外交的にする効果や女性の性的欲求を高める効果があります。

副作用は、用法用量を守っていれば、ほとんどありませんが、過剰摂取してしまうと頭痛、かゆみ、食欲減退、体重低下、脱毛、関節痛などが出る可能性が高まりますので、ご注意ください。


ED治療薬や媚薬を使い分けよう

上記に記載した通りにED治療薬勃起をサポートするもの媚薬性欲を高める作用があるものと違いがあります。その中でも男性用や女性用と分類され、症状や状態に合わせて使いわける必要があります。