不眠症と精神安定剤について

不眠症は、病院に通わなくても精神安定剤で治療ができます。近年では、快眠の効果はもちろん副作用が少なく依存性も低い薬が数多く開発されており、安全性も高く確立されているので安心してご利用ができます。このページでは、不眠症ってどんな症状があるの?市販の精神安定剤で治せるの?副作用や依存性は大丈夫なの?などといった疑問を、分かりやすく説明しています。

目次

  1. 1.精神安定剤の不眠症効果とは?
  2. 2.不眠症の種類と症状
    1. 2-1.入眠障害
    2. 2-2.中途覚醒
    3. 2-3.早朝覚醒
    4. 2-4.熟眠障害
  3. 3.不眠症の原因
    1. 3-1.身体的要因
    2. 3-2.生理学的要因
    3. 3-3.心理的要因
    4. 3-4.薬理学的要因
    5. 3-5.精神医学的要因
  4. 4.自分に合った治療薬
  5. 5.完治した後に再発しないための対策法

精神安定剤の不眠症効果とは?

精神安定剤は、不安や緊張やイライラなどをほぐし、自律神経の失調からくる様々な症状、動悸や息苦しさ、不眠や胃腸の不快感などを改善する効果があります。
一般的に不眠症には睡眠薬が使用されますが、不安や悩みが原因の不眠を発症している場合は精神安定剤(抗不安薬)を処方されることが多いです。
この場合は薬が不眠症状に直接的に作用するわけではなく、不安や悩みを精神安定剤で緩和することによって二次的に不眠を改善させます。
また、精神安定剤には副作用として眠くなる作用があるものが多いので、この副作用を利用して眠気を発生させることもあります。

神経機能を抑制する効果精神安定剤で代表的なものはベンゾジアゼピン系と呼ばれる薬です。
ベンゾジアゼピン系の薬は睡眠薬にも多く使用されていますが、精神安定剤でも睡眠薬でも効果の内容は基本的に同じです。
ベンゾジアゼピン系の治療薬は、脳内のGABA受容体、ベンゾジアゼピン受容体及びクロルチャンネルの複合体と結合します。
そしてGABA受容体を介して様々な神経機能を抑制する効果があります。
GABA受容体は脳内の中枢神経系における主要な抑制性の神経伝達物質受容体のことをいいます。
神経機能を抑制することにより、心の不安に大きく関係しているノルアドレナリンや、心のバランスを保つ役割をしているセロトニンに働きかけます。
他にも筋肉の緊張をほぐす筋弛緩作用(きんしかんさよう)やけいれんを抑える抗けいれん作用などがあります。
ノルアドレナリンを抑制することにより不安を取り除き、心を安定させて睡眠作用を発生させて快眠へと導きます。

5人に1人は不眠症日本では国民の20%が不眠症といわれていて、5人に1人は不眠症で悩まされているという計算になります。
年々その数は増加していて、睡眠薬を使用している方は20人に1人といわれています。
24時間社会といわれる現代では、不規則な生活習慣により、明るい時間に活動して暗くなったら就寝するという、人間本来の生活のリズムを崩してしまう傾向にあります。
近年では、快眠の効果はもちろん依存性も低い医薬品が数多く開発されており、安全性も高く確立されているので安心してご利用ができます。


不眠症の種類と症状

不眠症の種類と症状不眠症と聞くと、眠たくても眠れない病気と頭に浮かべると思いますが大きく分けて4つの症状に分かれます。
どんな種類と症状があるのでしょうか。
以下の状態が1つもしくは複数該当する方、1ヶ月以上続いている方は不眠症の可能性があります。

入眠障害

以前よりも明らかに寝つきが悪くなることです。
寝ようとしてから眠りにつくまでの一般的な平均時間は、30分前後といわれています。
もちろん普段から眠りにつくまで30分以上かかる方もいると思うのであくまで目安になります。
眠りにつくまでの時間が普段より2時間以上多くかかる方は、入眠障害の可能性があります。


中途覚醒

外の騒音や季節による温度の変化などの明らかな寝苦しさの原因以外によるものです。
途中で目が覚めてしまい、再び眠ろうとしてもなかなか眠れない方、一晩に2回以上目が覚めてしまう方は中途覚醒の可能性があります。

早朝覚醒

早朝と表現されていますが時間帯は関係ありません。
予定の起床時間よりも目が覚める時間が明らかに早くなり、目が覚めてから寝ようとしても寝ることができない状態のことをいいます。
年齢とともに目覚めが早くなるのは問題ありませんが、まだ寝ていたいと感じたり疲れが全然とれていないのに目が覚めてしまうことが続く場合は、早期覚醒の可能性があります。

熟眠障害

以前と睡眠時間は変わらないのに、目が覚めたときに全然疲れがとれていないと感じたり眠った気がしないと感じる方は熟眠障害の可能性があります。
眠りの要素には時間と質の2つがあり、眠りで必要なことは時間よりも質といわれています。

不眠症の原因

不眠症の原因は5つに別れます。
原因が複数重なる方もいます。

身体的要因

痛みかゆみ喘息アレルギーなど身体に異変が起きていて、寝つけなかったり寝てもすぐ目が覚めたり眠りが浅くなってしまうことをいいます。

生理学的要因

不規則な勤務時間によって、就寝時間と起床時間がその日によってバラバラになってしまい体内時計が狂ってしまうことをいいます。

心理的要因

仕事のプレッシャー人間関係失恋などが、緊張や不安のストレスになり気になって頭から離れず眠りの妨げになってしまうことをいいます。

薬理学的要因

お酒(アルコール)薬物コーヒー紅茶(カフェイン)タバコ(ニコチン)による副作用の影響で眠れなくなることをいいます。

精神医学的要因

うつ病などの精神障害の発症に伴って、興奮状態が続いたり、幻覚や妄想を抱くことによって眠れない状態のことをいいます。

自分に合った治療薬

最近の精神安定剤や睡眠薬は、快眠の効果はもちろん、副作用が少なく依存性も低い医薬品が数多く開発されており、安全性も高く確立されているので安心してご利用ができます。
全ての医薬品にいえることですが、必要以上の使用は身体に思わぬ悪影響を及ぼす可能性があります。
使用容量を守って自分に適した医薬品を使用しましょう。

ソクナイトデパスの代替品といえば有効成分エスゾピクロンを配合したソクナイト(ルネスタ)がおすすめです。
日本人に適した成分量なので、従来の精神安定剤に比べて副作用が軽減されています。


フルニル(プロザック)効き始めまでの時間の早さを優先したいという方は、フルニル(プロザック)などがあります。
副作用が少なく依存性も低いことから、世界中で人気があり200万人以上の方が使用しています。


メロセット(メラトニン)海外旅行などの時差ぼけが気になる方は、メロセット(メラトニン)があります。
ガン細胞予防や勃起不全(ED)にも使用されます。


ジェリフォルテ治療薬に抵抗がある方は、天然成分のみが配合された天然ハーブのサプリメント、ジェリフォルテがおすすめです。
有効成分にウコンが含まれていて身体に優しいサプリメントなので、初めて睡眠薬を使用する方にもおすすめです。


完治した後に再発しないための対策法

不眠症をやっとの思いで完治して、毎晩安心して眠れるようになったら誰でも2度と不眠を感じたくないはずです。
2度と再発しない為に、日常生活の中に少し気を配るだけで対策になります。

例えば、眠気を感じたら優先して睡眠をとるようにして、就寝時間と起床時間がバラバラにならないように、毎日同じ時間に合わせましょう。

就寝前のお酒やコーヒーや喫煙は、アルコール・カフェイン・ニコチンの過剰摂取によって睡眠の妨げになる場合があります。
お酒を飲むことによって眠りやすくなることはありますが、睡眠が浅くなって疲れがとれない場合もあるのでなるべく飲まないようにしましょう。

完治した後に再発しないための対策法適度な運動身体に疲労感を与えるので眠りやすくなります。
さらに、日中に運動をすると太陽の光を浴びることによって体内時計を調整する効果があります。
就寝時間や起床時間がバラバラな方は体内時計をリセットするのに有効といえるでしょう。
身体の疲れをとる為にぬるめのお風呂に入ることもおすすめです。
寝る前に体温を上げることは質の良い睡眠をとるうえでとても良いことで、上がった体温が下がってくる時に睡眠が始まるといわれています。
以上のことを、どれか1つ自分の生活に取り入れるだけでも快眠につながるでしょう。


お支払方法 コンビニ COMODO

お薬ラボのご利用上の注意事項

  • ・お薬ラボで取扱う商品は全て海外で認可のある薬局から発送されていますのでご安心ください。
  • ・商品のパッケージや見た目など、製造元によっては違う場合があり、商品詳細ページに添付されている画像とは異なることがあります。
  • ・お薬ラボにおける個人情報については個人情報の取り扱いをご覧ください。
  • ・当サイトは個人の輸入代行サービスになります。当サイト内の効果・効能・副作用などにつきましては販売メーカー発表の製品概要を参考にしております。詳しい情報につきましては販売元、医療従事者の薬剤情報、商品情報を参考の後、当サイトにてご購入下さい

お薬ラボのセキュリティについて

  • ・お薬ラボではお客様のセキュリティ遵守として、購入代金を信頼ある決済代行企業に委託しております。
  • ・お薬ラボはSSL認証に対応しております。お客様の入力した情報は暗号化しておりますので安心してご利用ください。

TOPへ