ビタミンD3・マキシマムストレングス

  • ビタミンD3・マキシマムストレングス

販売価格

ビタミンD3・マキシマムストレングス
ビタミンD3・マキシマムストレングス
個数 販売価格 購入
1本 定価:2,000
1,800
(1本あたり1,800
カゴに入れる
2本 定価:4,000
3,500
(1本あたり1,750
カゴに入れる
3本 定価:6,000
5,150
(1本あたり1,716
カゴに入れる
電話注文

商品詳細

アメリカのナトロール社(Natrol LLC)が開発・販売しているビタミンD3・マキシマムストレングスは、骨のみならず、様々な臓器や筋肉のケアや加齢による筋力低下にも効果的なビタミンD3を豊富に含んだサプリメントです。欧米でも近年ますます注目されている成分で、是非意識して補給したい栄養素です。年齢を重ねると共に体内のビタミンD3の生産は低下してしまいますが、ビタミンD3・マキシマムストレングスを摂取することで骨の健康維持が期待できます。ビタミンDは、体内でのカルシウムやリンの吸収調節、骨の発達と成長に不可欠なものです。ビタミンDが不足するとカルシウムや骨代謝異常を引き起こし、乳幼児・小児のくる病や成人の骨軟化症が起こってしまいます。屋外で適度に日光を受けることのできる生活をしている人は、一般的に食事からのビタミンD摂取が不足してもビタミンD欠乏症はほとんど起こりません。しかし、日光を受ける生活に恵まれない地域の人や屋内での生活時間が長い高齢者は注意が必要です。その為、サプリメントで効率的に摂取することをおすすめします。

使用方法

ビタミンD3・マキシマムストレングスは一日1錠を目安にお召し上がりください。食事による影響は特に報告されていませんので、ご自身の飲みやすい時間帯に合わせて、毎日継続されることをおすすめします。医薬品のような即効性はない為、3ヶ月を目安に継続していただくと良いでしょう。

効果・副作用

ビタミンD3・マキシマムストレングスは、慢性腎不全・副甲状腺機能低下症・くる病・骨軟化症におけるビタミンD代謝異常に伴う諸症状(低カルシウム血症、しびれ、テタニー、知覚異常、筋力低下、骨痛、骨病変など)の改善に効果があります。くる病では肋骨や下肢骨の変形が、骨軟化症では骨の石灰化障害が生じるのが特徴といえます。その他、ビタミンDが不足すると、閉経後の女性・高齢者では骨粗鬆症や骨折のリスクが高まります。

副作用は特に副作用は報告されておりませんが、異常を感じた際はただちに使用を中止し、医師の診察をお受けください。

使用上の注意点

過量摂取を防ぐ為、ビタミンD3・マキシマムストレングスの使用中は血清カルシウム値が正常域を超えないよう一日の服用量を守ってください。高カルシウム血症を起こした場合には、直ちにご使用を中止し、医師にご相談ください。高齢者、妊婦、授乳婦、小児には慎重に使用してください。
※高カルシウム血症とは…血液中のカルシウム濃度が上昇して高カルシウム血症を起こしたり、血管壁や心筋、肺などにカルシウムが沈着し、軟組織の石灰化や腎障害などを起こしたりします。しかし、食物からのみビタミンDを摂取している場合には、 過剰症を起こす心配はほとんどありません。サプリメントなどで多量に摂取している場合には注意が必要です。

併用禁忌

ビタミンD3・マキシマムストレングスの併用禁忌は特にありませんが、ビタミンD及びその誘導体(アルファカルシドールなど)は高カルシウム血症があらわれる恐れがある為、併用に注意してください。

保管方法

小児の手の届かない、直射日光と高温多湿を避けた場所へ保管してください。

有効成分 ビタミンD3(コレカルシフェロール)250mcg(10,000IU)1250%,ホウ素(ホウ素クエン酸塩由来)3mg,リン酸水素カルシウム,マルトデキストリン,結晶セルロース,ステアリン酸,二酸化ケイ素,セルロースガム,ステアリン酸マグネシウム,メチルセルロース,グリセリン 内容量 1本/60錠
メーカー Natrol LCC 発送国 香港
ビタミンD3・マキシマムストレングス購入者の声
  • ★★★★★
    2021-07-08
    ゆうさん(25歳)女性
    毎日ちゃんと飲んでいたらたった1週間で花粉症がすっかりと消えてしまった。効きすぎて副作用がきつかったエフェドリン系の鼻炎薬とか、逆に効き目薄くてあまり効果のわからなかったアレジオン系の薬に払っていたお金と今までの辛さが虚しいほど!このビタミンDの効果って医者は知ってるのかな?鼻炎薬じゃなくてサプリメントを勧めてほしいわ。
  • ★★★★★
    2020-06-22
    紅桜さん(39歳)女性
    免疫力を上げてコロナウィルスの対策として飲んでいるが、効果がすごい!そもそも飲もうと思ったのが、NHKの番組。インフルエンザがどうして冬に流行るのかという答えとして日照時間が少なくなるからというのがあり、ビタミンDを積極的に摂るのが良いと言っていたので。どうやらビタミンDが減るとウィルスとか細菌に戦うための抗菌ペプチドの生産が下がるのだとか。今のところコロナウィルスにはかかっていませんし、思ってもいなかったよい点があった。それは何十年も悩んできた花粉症の症状が今回とても軽くなっていることです。鼻水はもちろんのこと目の痒みも最近ではひどかったのが、今では良くなっている。今までの花粉症のための医薬品を飲んでいた体の負担は何だったのだろうと思うくらいもっと早く飲んでいたらよかったと思いました。さらにはビタミンK2といっしょにとれば副作用はないらしい。(高カルシウム血症が怖いからね)納豆1パックでビタミンK2が取れるらしいので、毎日納豆を食べることにしてますよ。全国民にオススメしたい。
口コミ・レビューを投稿する

レビューを投稿する

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

購入する

  • 第1弾サマーキャンペーン

お薬ラボ公式ライン@
お薬ラボ公式ツイッター
お薬ラボ公式インスタグラム