バイアグラの正しい服用方法について

バイアグラの服用方法をしっかりと守れば効果を最大限に発揮することができます。また、自分に合う成分量を知っておくことで副作用を軽減できるかもしれません。こちらのページではバイアグラの正しい飲み方を詳しく説明します。セルフプランニングを意識して上手に服用してください。

バイアグラの服用方法について

ED(勃起不全)の方にとって、バイアグラは夢のような薬だと思います。早くEDを治したいという強い思いから、処方されたよりも多く服用することで効果を最大限に出したいと思う方もいます。しかし、バイアグラはシルデナフィルを有効成分とした医薬品です。他の医薬品同様に服用方法を守って服用するように薬機法で定められています。日本国内で承認されているバイアグラには25mgと50mgの2種類があり、医師の判断によってそれぞれ必要量が処方されます。バイアグラは一日1回1錠(~50mg)コップ1杯の多めのお水と一緒に飲むのが正しい服用方法です。50mgを超えた過剰投与を処方されることはありません。

バイアグラを過剰摂取しても効果は変わらず副作用が増加国外で行われた臨床試験では、健常な被験者に800mgまでの単回投与を行ったところ、効果は通常の低用量(25mg)と大差がない結果が出ています。しかし、副作用の発生確率と重症度は、低用量の場合に比べて上昇しています。この実験によって投与量を増やしたとしても、効果が増えるということはなく、反対に副作用の増加や重症化が確認されました。一日の摂取できる成分量は100mgまでと定められています。

結論として、処方された量よりも多く服用すると副作用が重症化する可能性があるため、バイアグラの過剰服用にはご注意ください。


最大限の効果得る正しい服用方法

バイアグラを服用する際はタイミングが非常に肝心です。バイアグラは服用してから30~40分かけて血液の中に溶け出し、効果が出始めます。血中濃度がピークを迎えるのが1時間後です。最大限の効果を感じられるのが服用から2時間後なので、セックスの1時間前に服用することで効果を最大限有効活用できます。服用から3時間後には血中濃度が半減期を迎え、そこから徐々に効果が薄れていくので、効果の持続時間としては5~6時間とされています。この作用の時間系列を考慮して服用してください。

誤解されやすいのですが、服用して効果が出てからずっと勃起が継続するわけではありません。服用して効果継続時間内に性欲の高まりがあった時やペニスに性的な刺激を与えた時に、勃起を持続し改善効果があらわれます。服用したから勃起し続けるわけではないので安心してください。また、性欲を感じない際は効果も出ません。

食前のバイアグラ服用方法

バイアグラを食前に服用すると成分の吸収率がよく勃起効果がでやすいバイアグラに限らず、病院の処方薬や薬局で購入できる常備薬は、いつ服用すべきであるか必ず指定されています。バイアグラを食前に服用すると有効成分が吸収されやすくなるため食前の服用が最も効果的となります。

お腹が空いていると、満腹時に比べ沢山ご飯が食べれますよね?それと同様に、食前に服用した場合は有効成分が吸収されやすく、その分効果も出やすくなります。反対に、食後にバイアグラを服用した場合、有効成分の吸収が著しく悪くなります。その結果、バイアグラの効果が出るのが遅くなったり、効果自体が無くなってしまうことがあるのです。こういったことから、バイアグラの効果を正しく発揮させるためにも、食前の空腹時に飲むようにしましょう。


食後のバイアグラ服用方法

食後のバイアグラの服用の仕方は、食事の内容によって変わってきます。一般的な日本食の食事であれば、食後2時間以上空けた後に服用すれば問題なく成分が吸収できると言われていますが、満腹時はその分成分が吸収されにくくなってしまうので、腹7分目〜8分目で抑えておくことをおすすめします。

バイアグラを食後に服用すると成分の吸収率が悪く勃起効果がでにくい「高脂分なラーメンに餃子セット」「特盛牛丼&かつ丼」「ハンバーガーセット」「揚げ物大盛定食」「カルボナーラなどの高脂分なパスタ」のような油っぽい食事をたくさん食べた後は服用方法に注意が必要です。成分シルデナフィルは血液中に胃の中で吸収されて血液の中に入ることで効果を発揮します。ですが、高脂分の食事をしてしまうと胃の中で油の膜が張られてしまい、成分の吸収を妨げてしまいます。

高脂分の食事を完全に消化するには7〜8時間かかると言われていますので、なるべく油は落として少ない摂取で済むようにしてください。高脂分の食事後にバイアグラを服用するときは食後3時間以上空けることをおすすめします。それに伴い水分を沢山取り老廃物を流し出してください。極力満腹にならず、油っぽい食事を食べないことが一番効果を得られます。


アルコールと併用は可能か?

バイアグラは適量のアルコールなら問題はありません。中枢神経の働きを抑制して、リラックス効果をもたらすので性行為前の緊張や不安を軽減できます。精神的にリラックスすることで性的興奮が高まりやすくなり、バイアグラの勃起促進効果を引き出すことができます。つまり、適量のアルコールはEDの症状を緩和させる効果があるのです。適量のアルコールと一緒に摂取する限り、大きなリスクはないと言えます。

適量のアルコールはリラックス効果があり勃起障害を緩和させるが過剰のアルコールは重大な副作用を発症させるただし、数年前に日本の某芸能人が大量のブランデーを飲んだ後にバイアグラを大量摂取して倒れた事件があります。過剰量のアルコール摂取をしてバイアグラなどのED治療薬を併用すると命に関わる重度な副作用が発症してしまう可能性もありますので十分に注意してください。

バイアグラは勃起抑制酵素であるPDE5の働きを抑えることで勃起を促す薬ですが、そもそも陰茎に対する指令が神経を通して伝わらなければ、どんなにPDE5を阻害しても勃起は起こりません。お酒に弱い人はアルコールが回りすぎて性行為が行えないほどの泥酔状態になることもあります。急性アルコール中毒に発展することもあるので、多量のアルコールとバイアグラを同時に摂取するのは避けてください。


併用注意の飲み物

医薬品全般としてバイアグラも同じようにコーヒー・お茶・牛乳・アルコールとの飲み合わせには注意が必要です。バイアグラは特にグレープフルーツ(ジュースを含む)などの柑橘系との飲み合わせは、頭痛やめまいなどの副作用が強くなりやすいため絶対に避けてください。乳製品やカフェインなども飲み合わせしないようにご注意ください。

正しい服用方法で副作用を軽減

バイアグラの効果があらわれると同時に、多くの方が感じる副作用が頭痛や顔のほてり、目の充血です。逆に言うと、この症状はバイアグラが体内に入ったことの合図だとも言えます。バイアグラには血管拡張作用があるので、お酒を飲んだ時のようなほてり、潮紅、動悸などの副作用が起きます。これはペニス以外の身体全体の血流も良くなるからです。また、血管が拡張することにより血圧も低下します。その他に、視覚異常や鼻づまりといった症状が出る人もいます。

頭痛は、ロキソニンなどの抗炎症作用のある鎮痛剤で解消することが出来ます。病院で処方されたものに限らず、薬局などで市販されている頭痛薬も効果的です。副作用の頭痛を抑えるために鎮痛剤を服用する際は、胃が荒れやすいので空腹時の服用は避けたいのですが、バイアグラは空腹時に服用するのが正しい方法であるため、副作用が発生した時にも空腹である可能性が高いです。空腹時にロキソニンなどの鎮痛剤を服用すると、成分によって胃粘膜が荒れる副作用が発生することがあります。念のため胃薬との併用をお勧めします。EDの症状と副作用の程度を考慮して服用量を決めるべきです。

COMODO

お薬ラボのご利用上の注意事項

  • ・お薬ラボで取扱う商品は全て海外で認可のある薬局から発送されていますのでご安心ください。
  • ・商品のパッケージや見た目など、製造元によっては違う場合があり、商品詳細ページに添付されている画像とは異なることがあります。
  • ・お薬ラボにおける個人情報については個人情報の取り扱いをご覧ください。
  • ・当サイトは個人の輸入代行サービスになります。当サイト内の効果・効能・副作用などにつきましては販売メーカー発表の製品概要を参考にしております。詳しい情報につきましては販売元、医療従事者の薬剤情報、商品情報を参考の後、当サイトにてご購入下さい

お薬ラボのセキュリティについて

  • ・お薬ラボではお客様のセキュリティ遵守として、購入代金を信頼ある決済代行企業に委託しております。
  • ・お薬ラボはSSL認証に対応しております。お客様の入力した情報は暗号化しておりますので安心してご利用ください。

TOPへ