女性用バイアグラで頭痛の副作用が現れてしまった!

目次

女性用バイアグラの副作用とは?

女性用バイアグラの副作用の主な症状として、頭痛、顔の火照り、鼻づまり、潮紅が多く報告されています。続いて、吐き気、腹痛、めまい、動悸、血圧の変動、頻脈などがあります。また、極めて少ないですが、視界が青や黄色に見える、キラキラしたものが見えるなどの視覚異常があるようです。但し、副作用の症状には個人差があります。女性用バイアグラを服用しても副作用が全くあらわれない方も多くいます。

バイアグラと同一成分シルデナフィルの効果は4~5時間と言われています。効果が薄れていくと同時に副作用も弱まってくるので用量用法もきちんと守っていれば問題ないでしょう。しかし、症状が重く耐えられないほどのつらい症状がでた際は、かかりつけ医師に相談してください。

副作用の頭痛対策

副作用の頭痛対策女性用バイアグラの服用であらわれる症状の多くに頭痛があります。効果が薄れていくとともに頭痛も治まりますが効果の妨げになりこともあります。そのような場合、頭痛薬(ロキソニン)と併用することで痛みを和らげることができます。しかし、飲み合わせの悪い併用禁忌薬もございますので、女性用バイアグラと併用するときは十分に注意しましょう。


副作用以外に注意することは?

女性用バイアグラは妊娠中の方、授乳中の方は服用できません。また飲み合わせにも注意が必要です。
普段から服用しているお薬のある方は服用前に医師へ相談をしてから服用を決めてください。
副作用以外に注意することは?
得にニトロなどの硝酸塩系のお薬は併用禁忌になっているので十分に気をつけてください。バイアグラには血管を拡張させることで血流をよくする効果がありますので、硝酸剤と併用すると血圧が下がり過ぎてしますのです。また、同じ理由で高血圧の方が服用すると狭心症や脳卒中を引き起こしてしまう可能性があります。

また、アルコールとの併用は避けましょう。お薬に含まれたさまざまな成分は、アルコールと組み合わさることでお薬の効果増強や減弱されてしまう可能性があります。更に、副作用が強くでてしまうことも考えられます。1、2杯のお酒であれば問題ないとされていますが、可能なら避けるべきでしょう。

他にグレープフルーツにも注意が必要です。グレープフルーツに含まれている成分が、体の代謝を遅くしてしまうので、血中濃度が上がってしまいます。それにより薬の吸収率が上がってしまい、体内で薬の成分を取り込みすぎて副作用が強く出る恐れがあるのです。果実だけでなく、ジュースでも危険ですので注意してください。これは服用時のみ必要な注意ですので、普段は食べても大丈夫ですので安心してください。

正しい飲み方

女性バイアグラの正しい飲み方女性用バイアグラの副作用を避けるための正しい飲み方として、ピルカッターなどを使用して錠剤を半分に割ってしまい半錠を服用することです。女性用バイアグラは身体の大きな欧米人向けに開発された治療薬ですので小柄のアジア人の場合、半錠でも十分に効果を実感することができます。

副作用についても成分の吸収が半分になることで軽減されますので是非お試しください。バイアグラと聞くと副作用が強く怖いイメージを持つ方も多いと思います。ですが、バイアグラの効果や安全性は年々高くなり、ポピュラーになっています。しかし、若干の副作用があることも事実ですので、それを知って服用することが大切です。

ラブグラ購入ページへ