日焼け止め

シェードファクター
1錠 ¥25
ヘリオケアウルトラDカプセル
1錠 ¥189
サンセーフRX
1錠 ¥81
ヘリオケア・アンチオキシダント
1錠 ¥82

なぜ紫外線対策をしないといけないのか?

紫外線対策(日焼け止め)は人体に様々な悪影響を与えてしまうため、必要不可欠です。太陽の光には目に見える可視光線目に見えない赤外線紫外線と3種類があります。その中で紫外線は最も波長が短い光です。波長は3つにわけられ、UVA(紫外線A波)UVB(紫外線B波)UVC(紫外線C波)があります。中でもUVAとUVBは地表に届きます。UVCは、大気層(オゾン層)などで、吸収されて地表には到達しません。そのため、UVAとUVBが人体に深く関係しています。

UVAとUVB

UVAは、太陽から届く紫外線の約9割を占め、肌の奥の真皮まで侵入し、肌のハリや弾力を低下させます。肌に蓄積的なダメージを与え、光老化を引き起こす原因になるのです。物質を透過しやすく、雲の影響も受けやすいです。また、すでにできているメラニン色素を酸化させ、肌を黒くする作用もあります。

UVBは、大気層(オゾン層)などで吸収されますが、その一部は地表に到達します。太陽から届く紫外線の約1割と量は少ないですが、短時間でも肌が赤くなるサンバーン(日焼けによる炎症作用)数日後に肌が黒くなる(色素沈着反応)を引き起こす作用があります。

紫外線の通過・浸透

季節によっても変動し、紫外線が大気層を通過する距離の関係で夏は強くなり、冬は弱まります。夏は紫外線が大気層を通過する距離が短いため、強い紫外線が頭上に降り注ぎます。反対に冬は、紫外線は大気層を通過する距離が長くなるため、紫外線が弱まります。

UVBは、夏に比べて冬におよそ1/5に減るに対し、UVAは夏に比べて冬は1/2になります。また、冬季の紫外線は、UVBは弱くなりますが、UVAは季節や天候の状態に関係なく一年中変化しません。そのため、酸化ストレスおよび免疫抑制の原因になります。UVAは対策が不十分であっても、UVBによる肌の赤みのような兆候はありません。それは、UVAが皮膚の深部に浸透し、ダメージを与えるため年間通して日中の紫外線から皮膚を守ることが重要です。また、一日の中で午前10時から午後2時まで紫外線が強いので注意しましょう。ただし、朝夕であってもUVAの量は大きな変化はないため、一日を通してケアが必要になります。曇りの日はある程度遮断され地表に到達する量は減少します。薄い雲でもUVBを80%以上が透過してしまいます。UVAは、雲の影響は少ないため注意が必要です。さらに、場所によっても紫線は変動します。高地や赤道に近づくほど紫外線は強まり地表の表面状態によっても紫外線反射率は異なります。新雪は約80%、砂浜は約25%、水面は約95%を透過します。そのため、紫外線対策を怠ると肌表面の表皮細胞やDNAを傷つけたり、炎症やシミの原因になり、人体への影響が強いです。

メラニン色素の重要性

紫外線を浴びるとメラノサイト(メラニン色素産生細胞)へ指令が届いて、メラニン色素が生成されます。そのため、強い紫外線を浴びるとメラニン色素が過剰に生成されてシミ、そばかすの原因になります。結果、弾力が失われていき老化を促進するだけでなく、しわの増加や皮膚癌を誘発する原因になることもあります。日焼けをすると肌が赤くなるだけで、黒くならない人ほど皮膚癌になりやすいこともわかっています。

人間の肌(皮膚の色)はメラニンの量が決まっています。メラニン量が多いと肌の色が黒く、紫外線から肌を守る力が強いので黒人ほど皮膚癌の発症率が低いです。日焼けをすると、フリーラジカル(活性酸素)が発生して細胞を酸化させてしまうため、細胞を守るためにメラニン色素がでてきます。これがシミやそばかす、また細胞の損傷を防ぐためにできたシミやしわなのです。

日焼け止めサプリメントで対策を!

このように私たちの肌は、日々の生活や季節、気候によって紫外線の影響を受けてしまいます。UVAやUVBのダメージは十分に紫外線対策をすることによって、最小限に抑えることができます。目や体毛など日焼け止めを塗りにくいところや日傘を使用しても不十分なときにも日焼け止めサプリメントで有効に対策ができます。