美容スキンケア

クラリナ・ニキビ3点セット
1個 ¥1,680
ヒトプラセンタ(プラセントレックス)
1本 ¥2,500
ヒルドイドクリーム
1本 ¥1,520
プリム
1錠 ¥21

なぜ大人ニキビができるのか?

思春期から私達を悩ませるニキビ。長く悩んでいるお肌をよく見ると、10代の時にできていた症状と少し違うことに気がつきませんか?10代の頃にできていたニキビはおでこから頬にかけてできやすい思春期型で、過剰な皮脂分泌によって毛穴が詰まることが原因でできるニキビです。

それに対して大人になってからできるニキビは、場所も原因も違うのを知っていますか?主に顎や口周りにでき、ニキビはカサついていると思います。生理前になると多くできてしまうという人も多いのではないでしょうか。こうしたニキビが大人ニキビです。原因は様々ありますが、主に肌の生まれ変わりであるターンオーバーのバランスが崩れ、古い角質が毛穴をふさいでしまうことが原因で発生します。それ以外にもホルモンバランスが崩れることや、食生活の乱れ、ストレスなど、日常のちょっとしたことが原因になってしまうのです。

大人ニキビの種類

大人ニキビには様々な種類があります。ご自分の症状は、どのような改善方法が良いのかご覧ください。

白ニキビ

ニキビの初期段階と言われる白ニキビは、おでこやあご、口周りはもちろん、背中や二の腕などにもできます。実は毛穴が詰まってしまっているだけの状態なので、炎症などは起きていません。毛穴に角質ができ、汚れや皮脂が毛穴に溜まっている状態です。炎症もなく菌も発生していないので痛みもありません。ですが細かく大量にできることが多く、やっかいなニキビです。

毛穴のつまりが原因なので現在のスキンケア方法が自身に合っていないことや、顔の洗い過ぎ、お肌のターンオーバーの乱れなどが原因として考えられます。それ以外にもストレスや脂質の取り過ぎは毛穴のつまりに関わるので、日常生活の乱れも大きく関わります。生活習慣の見直しをしましょう。

黒ニキビ

黒ニキビとは、毛穴が皮脂や汚れが詰まった状態の白ニキビの表面が空気に触れることで、黒く酸化してしまった状態のことをいいます。

あご周りや鼻、頬、ひたいなど顔中にできますし、黒いのでとても目立つニキビです。白ニキビと同じように、この状態でも菌は繁殖していません。しかし、この状態を放置してしまうとニキビ菌が繁殖して毛穴のなかで炎症を起こして悪化しまうために早めの対処が必要になります。悪化すると治りにくくなることはもちろん、跡も残りやすくなってしまいます。このニキビは白ニキビが変化してできた症状ですので、白ニキビを発生させない悪化させないことが大切です。

赤(丘疹)ニキビ

丘疹(きゅうしん)とも呼ばれる赤ニキビはこれまでの白ニキビや黒ニキビとは違い、毛穴の中でアクネ菌が繁殖し、炎症を起こして腫れ上がってしまっている状態です。痛みとかゆみを伴うことが多くありますが、元は白ニキビであったことに変わりはありません。肌の常在菌であるアクネ菌が過度に分泌された皮脂に反応して増えすぎることで炎症を起こしてしまっています。このアクネ菌を増やさないことが大切です。

アクネ菌の繁殖を防ぐには、皮脂の過度な分泌や毛穴のつまりを解消する必要があります。また、つい触りたくなってしまいますがアクネ菌を増やす原因になり、炎症も悪化してしまうので注意が必要です。治療薬としてアクネ菌殺菌効果のあるアダフェリンジェルなどがオススメです。

黄(膿疱)ニキビ

白ニキビと間違えやすい黄ニキビは、白ニキビにとても似ていますが、悪化してしまっている状態で、膿疱(のうほう)とも呼ばれます。白ニキビは潰しても良いと言われていますが、この状態のニキビは潰してはいけません。毛穴のつまりからアクネ菌によって炎症を起こし、白血球がアクネ菌を減らそうと戦ってできた膿が溜まっている状態です。こうなった場合、皮膚の奥まで炎症が進んでいる可能性が高いので、潰してしまうと治りにくくなり、さらに跡になってしまうこともあるので注意が必要です。

治すにはまずは炎症を抑える必要がありますので、お薬を服用する、または皮膚科に相談することをお勧めします。治療としてクリームやジェルがお肌に合わず苦手な方は経口内服薬のイソトロインがオススメです。

結節(けっせつ)

皮膚の下で出血して血と膿が混ざり、しこりができてしまっている状態が紫ニキビです。結節(けっせつ)とも呼ばれます。結節はこれまでとは見た目が全く違うため、すぐに見分けることができると思います。膿を伴う黄ニキビから炎症が進行し、毛穴だけでなく周りの組織にまで影響している状態です。この状態になると、市販薬などでの治療は難しくなるため、皮膚科で医師の指示が必要になります。

病院では切開により血膿が取り除かれた後に炎症を抑える治療が行われることもあり、その治療もホルモン剤や漢方薬を使用することが多いです。長い時間をかけて治療していくため、この状態になる前に治療を行うことが賢明です。

効果的な予防とは?

ニキビは毛穴のつまりから始まっていきます。過剰な皮脂を取り除き毛穴をつまらせないようしましょう。皮脂を取り除くと言っても実は洗顔のしすぎは肌の乾燥を招いてしまいます。それが逆に毛穴を詰まらせてしまう原因になるのです。過剰な洗顔はせずに、一日に1回、優しく丁寧な洗顔をした後、徹底した保湿を心がけましょう。この時に油分の多い保湿剤は避けた方がよいでしょう。基礎化粧品の見直しをしてみてください。また、脂質や糖質の摂り過ぎを避け、刺激物やアルコール類もなるべく摂らないよう、食事に注意することもお肌ケアになります。

お肌のターンオーバーのためには十分な睡眠がとても大切です。一日6時間以上の睡眠に加え、肌のゴールデンタイムと呼ばれる22時〜午前2時に睡眠を取れるように工夫してみてください。生活習慣を見直すことは大変なことですが、ニキビを予防し、健やかできれいなお肌のために頑張りましょう。