デルモベートクリームの通販情報

デルモベートクリーム

販売価格

デルモベートクリーム
デルモベートクリーム
個数 販売価格 購入
1本 定価:2,200
2,090
(1本あたり2,090
カゴに入れる
2本 定価:4,400
3,980
(1本あたり1,990
カゴに入れる
3本 定価:6,600
5,640
(1本あたり1,880
カゴに入れる
電話注文

商品詳細

1979年に販売がスタートされたデルモベートクリームは、GSKファーマ社が開発したステロイド外用薬(副腎皮質ホルモン)です。有効成分クロベタゾールプロピオン酸エステルが炎症を引き起こす物質の働きを抑制して、皮膚炎などの湿疹・かゆみ・赤みなどの緩和皮膚症状を改善します。デルモベートクリームは抗炎症作用・免疫抑制作用が期待できます。ステロイド外用薬の中でも最強クラスの第1群(strongest)にランクされる非常に強い効果を発揮する為、主にアトピー性皮膚炎の方に処方されます。皮膚症状の中でも特に重度のアトピー症状への部分的な使用となります。デルモベートクリームを全身的に使用する場合には副作用などに注意が必要ですので、注意事項をよく読んで、必要な場合は皮膚科医師にご相談ください。アトピー症状が軽度で全身的に使用される場合にはプレドニゾロンクリーム、中度であればベトノベートスキンクリームの使用をおすすめします。

使用方法

皮膚を清潔な状態にしてから、デルモベートクリームを通常一日1~数回適量を塗布してください。なお、症状により適宜増減ください。 使用する量や期間は症状に合わせて医師に相談しましょう。
※ステロイド薬共通の使用量の目安として、必要最低限の使用に留めるようにしてください。

効果・副作用

デルモベートクリームは、湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、ビダール苔癬、日光皮膚炎)、痒疹群(蕁麻疹様苔癬、ストロフルス、固定蕁麻疹)、掌蹠膿疱症、乾癬、虫さされ、薬疹・中毒疹、ジベルばら色粃糠疹、慢性円板状エリテマトーデス、扁平紅色苔癬、紅皮症、肥厚性瘢痕・ケロイド、肉芽腫症(サルコイドーシス、環状肉芽腫)、アミロイド苔癬、天疱瘡群、類天疱瘡(ジューリング疱疹状皮膚炎を含む)、悪性リンパ腫(菌状息肉症を含む)、円形脱毛症(悪性を含む)の改善に効果があります。有効成分クロベタゾールプロピオン酸エステルには、強い抗炎症作用及び免疫抑制作用があります。炎症を起こす物質に関係のあるアラキドン酸の作用を抑え、抗炎症作用が発揮されることによって皮膚のアレルギー症状を抑制します。また、アトピー性皮膚炎の原因となる免疫機能の過剰な作用で起こるアレルギー反応を抑制する働きもあります。

副作用には皮膚萎縮、毛のう炎・癤、毛細血管拡張、眼圧亢進、緑内障、白内障、皮膚の感染症、皮膚の真菌症(カンジダ症、白癬等)、細菌感染症、過敏症があります。デルモベートクリームの使用により症状の改善がみられない場合や症状が悪化した場合は使用を中止し、医師の診察を受けてください。

使用上の注意点

皮膚感染を伴う湿疹・皮膚炎にはデルモベートクリームを使用しないことを原則としますが、やむを得ず使用する必要がある場合は、あらかじめ適切な抗菌剤(全身適用)、抗真菌剤による治療を行うかまたはこれらとの併用を考慮してください。皮膚萎縮、ステロイド潮紅などの局所的副作用があらわれやすいので、特に顔面・頸・陰部・間擦部位の皮疹への使用には、適応症、症状の程度を十分注意してください。また、大量または長期にわたる広範囲の使用により、副腎皮質ステロイド剤を全身投与した場合と同様な症状があらわれることがありますので、特別な場合を除き長期大量使用を極力避けてください。 症状改善後は、速やかに他のより緩和な局所療法に転換してください。

併用禁忌

デルモベートクリームの併用禁忌は特にありませんが、禁忌症状として以下の内容があります。
・細菌・真菌・スピロヘータ・ウイルス皮膚感染症及び動物性皮膚疾患(疥癬・けじらみ等)の方
・本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある方
・鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎の方
・潰瘍(ベーチェット病は除く)、第2度深在性以上の熱傷・凍傷の方

保管方法

小児の手の届かない、直射日光や高温多湿を避けた涼しい場所に保管してください。また、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。

有効成分 クロベタゾールプロピオン酸エステル 0.05% 内容量 1本/15g
メーカー GSKファーマ 発送国 シンガポール
デルモベートクリーム購入者の声口コミ・レビューを投稿
  • 満足度:★★★★★
    投稿者:みくさん 年齢:33歳 性別:女性
    小さいときからステロイドの塗り方はよくわかっていたし、自分に合った塗り方もよく理解しているので、皮膚科に行くよりも通販で買うほうが楽だし、無駄な時間も取られないので通販購入が一番いいかな。デルモベートクリームは本当に最強クラスなので、絶対に長期的になってはいけませんよ。皮膚が萎縮してしまうし、ある程度湿疹が良くなったら中程度のステロイドに変えて、少しずつ弱いステロイドに変えていくという方法がベスト。見た目はきれいになっても皮膚の下ではまだ湿疹の残りが潜んでいるので最低でも2週間はしっかりと塗っていたほうがいいですね。私の場合は一年を通してわりと症状は良い方なので、ステロイドの入っていない普通の保湿剤をお風呂上りに全身に必ず塗っています。
  • 満足度:★★★★★
    投稿者:ヴェルさん 年齢:39歳 性別:女性
    生理前になると急におしりの周りや脇の下にものすごい強いかゆみの湿疹が現れるので、その時用にデルモベートクリームを塗っています。常備しています。すごい効くので、これさえあれば生理前の不快感はある程度避けられて助かりますね。
  • 満足度:★★★★★
    投稿者:マスク太郎さん 年齢:29歳 性別:男性
    効き目は病院で処方されるものと変わらず、しっかりと効きます。残念ながら、病院で保険対応の処方金額より高いのが痛手ですけど、通院にとられる時間や交通費を考えるとまあ一緒なのかな。
  • 満足度:★★★★★
    投稿者:はんばぁぐさん 年齢:37歳 性別:女性
    アトピーは塗ってバリアすることが大切。デルモベートクリームは必須アイテムです。
  • 満足度:★★★★★
    投稿者:きむねぇさん 年齢:41歳 性別:女性
    毎日の食器洗いや、掃除の仕事で手湿疹になってしまいました。はじめの頃は皮膚科に通って、テルモベートクリームを処方してもらい、よくなってきたら少しずつ程度の低いステロイドに変えて症状も軽くなっていきました。でも一度湿疹ができると繰り返すんですよね。手袋をしないで仕事をしていたらやっぱり湿疹が出来てきました。家が郊外にあるため皮膚科が遠く、通販でテルモベートクリームが販売していることを知り、それからはこちらで購入しています。ある程度塗って2週間くらいで良くなったら、塗るのはやめて後は毎日保湿剤を塗り、仕事をするときは必ず手袋をするようにしています。シャンプーや体を洗うときの洗浄剤の刺激すら手湿疹の原因になってしまうので、お風呂に入っている間も手袋をしないといけないのがとても面倒。あまりにひどくなってきてしまってひどい痒みで眠れないときにデルモベートクリームがあるのはとても心強いですよ。
  • 満足度:★★★★
    投稿者:ロック派さん 年齢:35歳 性別:男性
    小さいときからひどいアトピーでしたが、大人になるにつれて症状は軽くなりました。しかし時期的にかゆみがひどくなることがあるので、特に強いかゆみでどうしようもない時にこの薬を塗っています。
  • 満足度:★★★★★
    投稿者:masaさん 年齢:31歳 性別:男性
    昔からひどいアトピーで、通院していましたが、引っ越してから環境が変わって症状が良くなったけど、たまーにひどいかゆみと湿疹に襲われて眠れないときがあり、その時に塗ってますよ。強い薬だけあって効き目は抜群。クリームタイプだからワセリンみたいなタイプに比べてべたつかないのがいいいですね。容量も多く安心感が◎なくなったらまた注文させて貰います。
  • 満足度:★★★★★
    投稿者:ノビヤマさん 年齢:25歳 性別:男性
    夏場のあせもや発疹にはいつもこれ。湿疹の出ている箇所にしっかりとムラなく塗って、これで朝起きたら7~8割方綺麗に治っています。
口コミ・レビューを投稿する

商品名

満足度

ニックネーム

性別

年齢

口コミ・レビュー内容

※反映には時間がかかる場合がございます。

  • 銀行キャンペーン
  • 秋トクキャンペーン
  • ジェネリック医薬品を検索
  • お得なセットのご案内
  • ピルカッター活用術

ジェネリックを知ろう
メールが届かない
お薬ラボ公式ライン@
お薬ラボ公式ツイッター
ビットキャッシュ決済 コンビニ お支払方法

TOPへ