アフターピルの副作用について

目次

ピル(避妊薬)には様々な種類があります

ピルには、低用量ピル、中用量ピル、高用量ピルと3種類あります。アフターピルは、中用量ピルで緊急時用の避妊薬です。受精から着床するのを防ぐため、避妊を失敗した場合や妊娠を望まずにセックスをした場合、思わぬ犯罪に遭遇し性行為を強要されて妊娠の心配がある場合など、約72時間以内に飲んでしまえば妊娠に至ることは無いというお薬です。

卵胞ホルモン(エストロゲン)の含有量服用後には、女性ホルモンを急激に増やして受精、着床せず人工的に生理を起させて、妊娠する状態を防げます。注意として、常備薬の感覚で服用すれば避妊をしなくてもいいということには決してなりません。一般的には、婦人科で処方してもらう形になりますが、保険適用外のため診察料を含み5,000~15,000円ととても高額治療になります。個人の判断で当サイトのような個人輸入代行の通販サイトを利用して購入できます。コスト削減をお考えの方は通販をご検討ください。


アフターピルは吐き気が最も多い副作用!?

アフターピルの副作用は体内に女性ホルモンが急激に増えるために、強い吐き気症状がでて体が非常に辛くなります。日常の生活も辛くなります。また、服用しても気持ち悪くなり嘔吐すると効果が薄れてしまうため、追加でアフターピルの服用をしないといけません。

病院で処方された方は再度病院に行き、処方してもらうことになり、時間と費用がかかり大変です。72時間を過ぎてしまうと効果が薄れて妊娠の可能性が高くなってしまいます。ですので、予め吐き気止めを同時に処方してもらうことをお勧めします。吐き気止めの併用は可能ですが、心配な方は医師に相談しましょう。

その他の副作用は?

アフターピルのその他の副作用として、頭が痛くなる、フラフラしてめまいがする、体が疲れる、乳房の不快感、不正性器出血、イライラ感、気分が優れなかったり、むくみや下腹部痛、体が重いなど人によって様々です。どれも重度の場合ではないですが辛いと感じる方が多いです。

副作用は、24時間以上続くことは稀で時間が経過するとともにその症状は、和らいできます。また、心身ともに中絶手術を行うよりは、負担が少なく麻酔のリスクもないです。しかし稀に重度な副作用が伴うこともあり、アフターピルの服用で激しい頭痛や胸痛の症状が出た場合は、すぐに病院を受診して医師の診断を受けてください。その他にも不安要素等は医師に相談してください。

その後の生理はどうなる?

アフターピルを服用後の生理は、およそ3~21日の間で出血があれば妊娠には至らないとなり、避妊成功ということになります。このときの出血を消退出血といいます。消退出血とは、その薬の効果によってホルモンを調整し強制的に子宮内膜を剥がし起こる出血のことです。消退出血以外の出血も十分考えられますので、気になる点がありましたら婦人科の医師に確認しましょう。また、子宮内膜が剥がれると着床せずに、妊娠に至りませんが、その後3ヶ月ほどは生理周期が乱れる可能性があります。急激な女性ホルモン増加によってバランスが崩れて普段通りにはいかなくなります。

アフターピルを服用後、不安があるときは病院へ服用が排卵直後の場合は、子宮内膜がまだ薄いため生理の量も少量になります。排卵日から日数が経っている場合は子宮内膜が厚くなっているので通常の生理の出血になります。ただし期間は3~4日と短い方が多いです。

出血の量や期間は、個人的な差がありますので服用後はご自身で経過を見ていただき、3ヶ月以上経過しても生理周期が不安定な時は婦人科を受診して今の状態を確認してください。


アイピル購入ページへ

アフターピル服用を回避するには?

アフターピルは副作用が心配と思う方は多くいます。アフターピルを服用せずに事前に避妊状態にするピルがあります。ピルとして安心安全な低用量ピルがあり、トリキュラーEDをオススメします。低用量ピルとは、28サイクルに月経周期を安定させて用法を守ることでほぼ完全に避妊することができるというお薬です。婦人科で手軽に処方してもらえます。また、生理痛の改善や不妊治療と広く使われているとものもあります。トリキュラーは3相性ピルと分類され配合成分が3段階に変化するように作られておりますので、ごく自然な状態で女性本来のホルモンバランスに近くなるようになります。そして、子宮内膜が安定して不正出血等の心配がなくなります。この様なメリットが安心できる要素になります。

ただ飲む順番を守ることがとても重要で、飲み忘れや間違いに気をつけましょう。特にお薬を飲まない期間後はズレや間違いが無いかよく確認してください。用法、用量が違ってしまうと妊娠してしまうかもしれません。カレンダーシールを利用すると飲む順番や日数が分かりやすく、予防することができます。副作用はアフターピルよりは軽い症状です。気持ち悪さや頭痛などがあげられますがそれぞれ個人差があります。副作用がでても2周期3周期目と減り、症状も改善されていきます。服用時にご不明な点や不快な症状が続くときは医師に相談しましょう。