レビトラについて

目次

レビトラとは

レビトラとは貴方は即効性No.1の勃起薬をご存知ですか?本剤はバイアグラに続く第二世代のED治療薬になります。平成15年にドイツのバイエル社で開発されました。日本では翌年の平成16年に医療機関で販売が開始されました。バイアグラは世界的に有名で人気がありますが、実は日本国内で一番人気があるのはレビトラです。なぜなら、日本人のセックスに費やす時間と回数は外国人に比べると非常に淡泊で短いため、持続時間よりも即効性を求める傾向があるからです。

レビトラを飲んでいただくと、主成分である「バルデナフィル」が水にとても溶けやすい性質だとわかります。そのため、服用後15分から30分(個人差があります)ほどで作用が働きます。勃起力も従来の治療薬を凌ぐほどといわれており、日本人にはとても相性のよいED治療薬といわれています。


効果効能について

効果効能について性的にムラムラすると勃起神経陰茎へと一つの勃起の流れが起こります。スムーズに流れているとサイクリックGMPという物質が主役となって勃起することができますが、勃起不全の場合、勃起するまでの流れの中に、流れを妨げるダムのような大きな壁が出現します。このダムのような壁はホスホジエステラーゼタイプ5という酵素です。この酵素が男性にとって強力な宿敵となります。

レビトラの主成分である「バルデナフィル」は、宿敵ホスホジエステラーゼタイプ5を迅速(約30分)に倒し、勃起に導いてくれる頼もしい成分といえます。他のED治療薬より優れているポイントは迅速に効果があらわれる、この即効性なのです。


正しい服用方法

正しい服用方法最大の効果を得るための正しい飲み方をご紹介します。一日の限度量である20mgの場合、持続時間が4時間から10時間といわれています。主成分が半分である10mgの場合、42時間から5時間といわれていますので、ご自身に合った用量を服用してください。10mgと20mgともに性行為のおよそ1時間前に、多めのお水またはぬるま湯とご一緒に飲んでください。

食事と併用は可能といわれていますが、効果を十分に得る場合、空腹の状態で服用するか、食後2時間ほど間隔をあけてから服用することをお勧めします。食事と併用する際は、脂っこくない食事を摂取するように注意してください。油分が多い食事との併用は、成分が油分に吸収されてしまうことや効果があらわれない可能性がありますので、正しい服用方法で服用するように心がけましょう。


副作用について

副作用についてレビトラは副作用のある医薬品です。特に顔のほてりや目の充血の報告が多く見られます。これは主成分の「バルデナフィル」による作用が、陰茎の血流を良くすると同時に体内の血流にも作用が働くため、顔のほてりなどの症状はあらわれてしまうようです。他に鼻づまりや頭痛、動悸やめまい、視界不良などがあります。鼻づまりは、服用により鼻の中にある血管が拡大してしまい、血管により穴が塞がれて鼻づまりを発症してしまいます。また頭痛による副作用も多いようです。市販薬の頭痛薬を併用しても問題はありませんので、頭痛が辛く性行為に支障がでるようでしたら服用しましょう。

レビトラの効果がなくなっても副作用が続くようであれば、服用を中止し、かかりつけの医師や専門医に相談してください。レビトラの併用禁忌はこちらをどうぞ。


10mgと20mgの違い

レビトラをお薬ラボでご購入の際、レビトラ10mgと20mgの2種類ございます。20mgの場合レビトラは、有効成分としてバルデナフィル塩酸塩水和物23.705mgうちバルデナフィルとして20mg含んでいます。初めて服用される方は、ピルカッターで半分に割って半錠にして服用することをお勧めします。

10mgと20mgの違いレビトラの効果は開発国(ドイツバイエル社)の男性を標準に開発されているため、ドイツ男性に比べ小柄な日本男性は、成分量を少なく摂取しても十分に効果が期待できます。ですが、「メタボリックシンドローム体型」、「元々大柄な体型」や「高血圧」、「高血糖」、「高コレステロール」などの数値が高い場合は効果を感じられないことがあります。その場合は一日の限度量であるレビトラ20mgを服用ください。効果がないからといって限度量を超えるような服用や続けて服用することは、強い副作用がでる恐れがありますので、24時間以上間隔をあけてください。空腹の状態で服用すると最大の効果を得ることができますのでお勧めします。

10mgと20mgでは主成分が含まれている量が違いますので、ご自分に合った量をお選びください。レビトラをご購入の方はこちらをどうぞ。


食事との併用

「食事に左右されない」がレビトラの特徴といわれていますが、脂っこい食事をしてしまうと、成分が摂取した油分などに吸収されてしまい効力が弱まってしまいます。説明書では「総エネルギーの脂肪の割合は30%」と記載してあります。例えば、特大ハンバーガーや牛丼、生姜焼き定食大盛りなどはオススメできません。標準的な日本食ヘルシー料理などは併用できることになりますので、生活習慣によるEDを予防するためにも油分の少ない食事をするように心掛け、性行為を楽しむためにもED治療薬を服用する前に暴飲暴食は控えましょう。

食事との併用柑橘系(みかんやはっさく、グレープフルーツ)、特にグレープフルーツ(ジュースを含む)は、「フラノクマリン酸」という成分が含まれており、薬物代謝酵素を阻害してしまう作用があり、併用によって効果が強烈にあらわれてしまう恐れがありますので注意してください。

アルコールの場合、レビトラの主成分である「バルデナフィル」の効果である血管拡張の作用により、アルコールが体内で急速に回ってしまう危険があるので、気分がリラックスできる程度にしましょう。


レビトラジェネリック

レビトラジェネリック貴方は即効性No.1のレビトラのジェネリックをご存知でしょうか?優れた商品であるレビトラは1錠あたり1200円以上と高く経済的にとても手が出せない方が多いので、先発薬と同一の成分含み、更に1錠あたりの価格がとても安いレビトラジェネリックは注目されています。認可が下りていない商品は病院では購入することができないため、海外で販売されている医薬品が、今とても人気があるようです。

特にオススメなのがレビスマです。成分はバルデナフィルで先発薬と効果効能は変わりません。またレビトラよりも副作用が少ないとのお声もあります。是非お試ししてみてはいかがでしょうか?レビトラジェネリック一覧はこちら


偽物に注意してください

偽物に注意してくださいレビトラは人気の商品であるため、個人輸入代行を装った悪徳業者により、偽物が出回っています。偽物は不純な混合物が混じっていることがあるので、勃起どころか体内の健康を損なう危険があります。購入の際はくれぐれも注意してください。特にプラスチックボトルに「大量錠200錠で○○円です」などの広告があるようなものは偽物ですのでご注意ください。

現在、仕事が忙しいため病院に通えず、ネットを利用する方が大多数です。膨大なネットの情報から、本物か偽物か見分けることはとても重要です。サイトの口コミや評判などを冷静に見極め、ED(勃起不全)の改善にお役立てください。正確な判断で快適なセックスライフをお過ごしください。