無症状の性病について

近年、クラミジアなどの性病(性感染症)が増加傾向にあります。原因として、症状があらわれにくい無症状によって、知らず知らずのうちに感染してしまうからです。また、現代人はオーラルセックスと言われる行為によって、感染ルートが増えてしまい、社会問題となっているほどです。こちらのページでは無症状の主な性病と予防方法について詳しく説明します。

性病の無症状とは?

性病は無症状のまま悪化してしまうことがある最近、多くの年代の間で様々な性病(性感染症)が流行しています。
性病は症状があらわれにくいという特徴があります。
感染に気が付かずに過ごしてしまい、発覚した時にはすでに悪化してしまっていたということが少なくありません。

代表的な性病のクラミジアは年々感染者が増えています。

男性の20%の方は無症状で、感染初期から排尿時の痛みなどを感じる方が多いようです。
女性に至っては80%以上の方が自覚症状を感じないまま悪化し続けてしまいます。

実はこれには理由があり、これまで様々な症状を感じることで自覚できた病気も、症状がでにくくなってしまうという変化を遂げています。

これを無症候化といい、多くの人を悩ませています。

気が付かないうちに感染してしまっているため、知らぬ間に多くの人に広めてしまっていることがあり、これを無症候感染といいます。
女性の約80%はこの無症候感染とも言われています。
症状がないからと言って、問題がないわけではないですし、自然に治るということもありません
放置を続けてしまうと、子宮内膜や卵管が炎症を起こしたり、不妊や子宮外妊娠、早産や流産にも繋がってしまいます。


無症状は感染率が高い

無症状の性病は、感染していることに気が付かないままパートナーと関係をもってしまうことが多いので、相手に感染させてしまう可能性がとても高くなってしまいます。
少しでも早く気付くために、それぞれの病気について知っておきましょう。

性病に感染していても無症状であるとパートナーへの感染率がとても高いクラミジアは男性の場合20%女性の場合80%以上が無症状のようです。
男性の場合、排尿時の痛みや膿などの症状があるので気付くことが多いようです。

トリコモナスは女性の方に症状が出やすいため、女性が発覚してから男性も治療を始めることが多いようです。
女性の症状として匂いの強いおりものや、陰部の強いかゆみが症状としてあらわれます。

淋病は80%の女性が無症状ですが、おりものの量が増えることがサインとなります。
男性は排尿時の痛み、かゆみや膿の症状がサインです。

尿道炎の1つであるマイコプラズマも男女共に無症状であることが多いですが、クラミジアと同じような症状が出るため、間違えてしまうことが多いので検査をする必要があります。

B型肝炎は乳児期に感染した場合は無症状ですが、成人になってから感染した場合は感染から8~12週間で食欲不振、黄疸、吐き気、全身の倦怠感などの症状があらわれます。

C型肝炎は感染した80%の人が無症状で過ごしますが、食欲不振、色の濃い尿が出る、腹痛、倦怠感の症状があらわれます。

また、肝炎は80%ほどの人が慢性肝炎となり、10~20%の人が肝硬変や肝癌へと進行してしまうため、少しでも早く治療を始める必要があります。

20代、30代の人の感染が増えていると言われているHIVですが、男女共に潜伏期間があり、無症状のことが多いですが、微熱、全身の倦怠感、体重減少などの風邪に似た症状があらわれます。


感染しやすい性行為

性行為の時に妊娠、性病の感染を防ぐにはコンドームの使用はもちろんですが、実はしっかりとコンドームを使用していても、挿入時以外の行為によって性病が感染してしまうことがあります。

口、または舌を使って相手の性器を刺激するフェラチオやクンニリングス、リミングなどのオーラルセックスがその1つに挙げられます。
感染している人は口の中にも菌が繁殖していることがあるため、愛撫の際に口から性器に菌が付いてパートナーに感染します。

また、それとは逆に感染している方の性器に菌がついているので、口で愛撫した場合、性器から口へと菌が入り込んで感染していきます。
これを咽頭感染といいます。

アナルセックスはとても感染率が高くなっています。
直腸の粘膜は非常に薄く、粘膜のすぐ下に血管があるために感染しやすくなっています。
粘膜が傷つきやすいので、少しでも傷があれば感染率がさらに上がってしまうのです。

また、女性が生理中の場合、コンドームを使用せずにセックスをすることがしばしばあるようです。
この場合、妊娠の確率は別として、性病感染率に生理は関係ないのでコンドームなしのセックスとして感染率が上がることになります。

早期発見・治療を推奨

性病にかかってしまった場合、無症状であったとしても、何と言っても早期発見、早期治療が必要になります。

  • 「医者に話すのが恥ずかしい…」
  • 「病院に行く時間がない」

という方は通販で検査キットを買って調べるという方法もあります。
また、治療薬もネットで購入することができますのでとても便利です。

無症状の性病でも早期の発見と早期の治療が必要最も多いと言われるクラミジアを初めとする性病の治療にはレボフロキサシン水和物が主成分の抗生物質であるクラビットが多く使われています。
これは副作用が比較的少なく、安全性が高いとされているためです。

また、アジスロマイシン水和物を主成分とするジスロマックも人気があります。
これは1度服用すると1週間程度作用が持続するという特徴があるので、飲み忘れが心配な人におすすめです。
副作用が少ないので服用しやすい治療薬です。


無症状感染を予防する方法

無症状感染を予防する1番の方法は、セックスの時には必ずコンドームを使用することです。
ですが、射精時だけ使ったり、途中で外してしまったりするなど、誤った使い方をすると全く意味がなくなってしまいます。
必ず最初から最後までしっかりと正しい使い方をしてください。
また、オーラルセックスの際も使用することが望ましいとされています。
確実な避妊のためにもコンドームを必ず使用することを推奨します。

近年、様々な理由でコンドームを使用しない人が増えています。
しかし、パートナーのために必ず正しく使用することがお互いに健康でいられることなので気を付けましょう。

まとめ

性病は身近な病気ですが、とても怖い病気でもあります。
特に女性は不妊や早産や流産の原因にもなり大きなリスクを背負うことになってしまうのともあるので、用心することが大切です。
無症状の感染経路について知ることが予防の第一歩となるでしょう。
また、異変を感じた際には検査キットを使用して病気の有無を調べ、必要であれば病院へ行き医師に相談しましょう。
パートナーに感染させないように、お互いを守るために性感染症を甘く見ず、予防を徹底し、万が一感染してしまった場合は早めの対処を心がけることが大切です。

お支払方法 COMODO

お薬ラボのご利用上の注意事項

  • ・お薬ラボで取扱う商品は全て海外で認可のある薬局から発送されていますのでご安心ください。
  • ・商品のパッケージや見た目など、製造元によっては違う場合があり、商品詳細ページに添付されている画像とは異なることがあります。
  • ・お薬ラボにおける個人情報については個人情報の取り扱いをご覧ください。
  • ・当サイトは個人の輸入代行サービスになります。当サイト内の効果・効能・副作用などにつきましては販売メーカー発表の製品概要を参考にしております。詳しい情報につきましては販売元、医療従事者の薬剤情報、商品情報を参考の後、当サイトにてご購入下さい

お薬ラボのセキュリティについて

  • ・お薬ラボではお客様のセキュリティ遵守として、購入代金を信頼ある決済代行企業に委託しております。
  • ・お薬ラボはSSL認証に対応しております。お客様の入力した情報は暗号化しておりますので安心してご利用ください。

TOPへ