デリケートゾーンがかゆい!原因と対処法について

デリケートゾーンがかゆい!ニオイがある!黒ずみがある!など一度は経験がある悩みについて、原因や症状、対処方法など詳しくご説明します。

目次

  1. 1.デリケートゾーンがかゆい!症状とは?
  2. 2.かゆみの原因
  3. 3.かぶれは接触皮膚炎可能性がある
  4. 4.生理時のかゆみ
  5. 5.感染によるかゆみ
  6. 6.デリケートゾーンがかゆい時の対処や予防

デリケートゾーンがかゆい!症状とは?

デリケートゾーンの悩みをもつ女性は2人に1人と多いデリケートゾーンのかゆみに悩んだことのある方、は多いのではないでしょうか。
女性同士でもなかなか話すことが少ないかも知れませんが、何らかの理由によって陰部の症状に悩む女性は2人に1人いると言わせているほどで、決して少なくありません。

下着や生理用ナプキンによる摩擦やムレによってかぶれ、洗いすぎなどによる刺激がかゆみの原因となってしまいます。
また、性感染症の可能性も挙げられます。
性感染症は、性行為をしないと感染しないと思われがちですが、実は温泉やプールでも感染することがあります。
気が付かずに感染してしまい症状が出てしまうこともあります。

デリケートゾーンのかゆみは対処せずに放置すると夜も眠れないほど悪化してしまったり、血がでるほどかきむしってしまったという人もいます。

更に、ニオイを発してしまうことや黒ずみの原因となってしまうこともあります。

かゆみは一度発症してしまうとなかなか治まらないのでやっかいです。
発症させないための方法と発症してしまった場合の対処法をしっかりと身につけましょう。


かゆみの原因

デリケートゾーンのかゆみの原因はいくつか挙げられます。
原因として最も多い原因が接触性皮膚炎だと言われています。
これは一般的に言うかぶれの症状のことで、外部からの刺激によってかゆみなどの炎症を起こした状態のことをいいます。

外陰部のかゆみは痛かゆくなる症状が起きる皮膚の表面にある表皮と呼ばれる部分は外からの刺激から皮膚を守るためのバリアの役目をもっていますが、このバリア機能が体調などの理由から弱くなってしまったり、下着や生理用ナプキンなどの擦れなどによってバリア機能を破られてしまうと発症し、炎症を引き起こしやすくなってしまいます。

さらに、最近増えている原因として外陰部掻痒症があります。
これは外陰部が痛かゆくなる症状のことをいいます。
おりものが多い人や下着を汚したくないという人など、おりものシートを使っている人は多くいると思いますが、実はこれは症状を引き起こしてしまう原因になります。

一般的におりものと呼ばれている外陰部皮脂腺の分泌は、デリケートゾーンの感染を予防するためにありますが、これをおりものシートで過剰に取り除いてしまうことで炎症を引き起こし、痛がゆいといった症状を発症してしまうのです。
同じようにお風呂などで膣内を洗浄するなどしても発症のリスクは高まります。


かぶれは接触皮膚炎可能性がある

先ほど挙げたように一般的にかぶれと呼ばれる接触皮膚炎は日常生活の中に原因があることが多く、これによってかゆみを引き起こしてしまことが多くあります。
これはデリケートゾーンを清潔に保っていても起こってしまうことのある症状なので注意が必要です。
接触皮膚炎は外部からの刺激によって皮膚のバリア機能が失われたり、バリアを破られてしまうことで発症します。

デリケートゾーンは腕や足などに比べると粘膜に非常に近い部分であり、常に下着でおおわれているため、摩擦が多くムレやすい場所です。
下着の擦れによる刺激ももちろんですが、ムレも刺激になってしまいます。
ムレやすい夏場に症状が起きやすいように思われがちですが、寒い冬は厚着をするのでムレは起きやすくなるので注意が必要です。
これ以外にも、肌の乾燥、洗いすぎやコンドームなどの避妊具のこすれなど、些細なこともかぶれのきっかけとなってしまいます。

これらは一時的なものの場合が多く、正しいケアをして環境を変えれば自然に改善されることが多いです。


生理時のかゆみ

生理用ナプキンやおりものシートの刺激もデリケートゾーンのかゆみの原因毎月必ずやってくる生理ですが、これもデリケートゾーンのかゆみの原因のひとつです。

経血によるムレが発生することが大きな原因のひとつで、PMSや生理痛と同じように毎月の悩みのひとつとしても挙げられます。
夏場は汗もかいてしまうので特に悩ましいです。
経血や尿が長時間接触してしまうこともあるため、生理用ナプキンやおりものシートの刺激はとても強く、ひどい人はナプキンやおりものシートの形に赤くなってしまう人もいるようです。

ムレを防ぐ生理用ナプキンなども多く発売されていますが、解消にはやはり限界があります。
また、化学繊維に敏感な人は生理用ナキン自体でもかぶれてしまうこともあります。
最近では化学繊維を使わないコットンやガーゼなどで作られた布ナプキンも人気がありますが、処理などに手間がかかるため、ハードルが高く使えないと感じる人も多いようです。

生理期間中はデリケートゾーンが特に敏感になっているため、少しのムレや摩擦でもかゆみが発生してしまいます。
清潔を保つためと思い、念入りに洗うこともあると思いますが、洗いすぎは逆効果になってしまうので注意が必要です。
生理は毎月付き合っていくものなので、自分にあった対処法を探して上手に付き合っていく必要があります。


感染によるかゆみ

下着や生理用ナプキンなどによるかゆみに心当たりがない場合、感染症の可能性を考える必要があります。
デリケートゾーンは粘膜にとても近く、粘膜はバリア機能が弱くなっているため、ウィルスが入り込みやすくなっています。
また、ウイルスのエサとなる皮脂や汚れもたまりやすいため、どんどん菌が繁殖してしまいます。

菌に感染・繁殖してかゆみがある性病になる可能性がある原因となる主な感染症として

  • ・性器ヘルペス
  • ・クラミジア
  • ・トリコモナス
  • ・カンジダ症
  • ・いんきんたむし
  • ・毛じらみ症

などがあります。
どれも性病として耳にしたことのある名前だと思います。
かゆみと共におりものの増加や形状の変化などもあるので、判断の基準にすると良いでしょう。

性行為によって感染してしまうのはもちろんですが、トリコモナス、いんきんたむし、毛じらみ症は温泉やプールなどで感染してしまう可能性があります。

ウイルスを持っている人と一緒に温泉やプールに入った全ての人がかかるというわけではありませんので安心してください。
体調不良や妊娠中など、免疫が弱っている時にかかりやすいようです。
温泉やプールに行く場合、自分の体調と相談した方が良いようです。
性病は長期間放置してしまうと不妊に繋がってしまうことがあるので注意してください。


以下、デリケートゾーンのかゆみの原因になる主な病気をまとめましたのでご覧ください。

症状 場所 おりもの
外陰部搔痒症 かゆみ(個人差あり) 外陰部、肛門周辺 異常なし
細菌性膣炎 むずがゆい、におい 膣、外陰部 生臭い、黄色で水っぽい
膣カンジダ 痛痒い、ヒリヒリ、ブツブツができる 膣周辺 白色でヨーグルト、カッテージチーズ状になる
接触性皮膚炎 激しいかゆみ、赤いブツブツ(紅斑)、水疱 陰毛部分、外陰部(原因物が触れる部分) 異常なし
トリコモナス膣炎 痛痒い、膣の痛み、赤い腫れ 膣、外陰部 黄色や緑色で泡状、悪臭
性器ヘルペス 痛痒い、性器周辺の水疱、痛み 外陰部、膣の入り口付近 異常なし
白癬症 むずがゆい、ポツポツとした湿疹、水疱 外陰部、性器周辺 ポロポロした白いおりもの
尖圭コンジローマ やや激しいかゆみ、イボ 外陰部、性器周辺 異常なし
毛じらみ 激しいかゆみ、下着に茶色い粉末がつく 陰毛部分 異常なし
精神性疾患 激しいかゆみ、ひっかき傷、赤み、ただれ デリケートゾーン全般 異常なし
疥癬 激しいかゆみ、赤み 外陰部 異常なし
外陰萎縮症 むずがゆい、白斑 外陰部、性器周辺 異常なし
糖尿病、肌の乾燥 むずがゆい 外陰部 異常なし
膀胱炎 むずがゆい、残尿感、排尿時の痛み 外陰部 異常なし

デリケートゾーンがかゆい時の対処や予防

デリケートゾーンのかゆみを起こさないように予防することが重要です。
免疫力を上げる活習慣を心掛け、善玉菌を減らしすぎない範囲でデリケートゾーンを清潔に保つよう心がけましょう。

ムレ予防のために

  • ・通気性のよい下着を履く
  • ・生理ナプキンをこまめに取り換える
  • ・布ナプキンに変更する

などの他に日本ではあまり主流ではありませんが、デリケートゾーンの脱毛処理をするのもおすすめです。
アメリカなどでは男性でも脱毛処理をしているそうです。

予防していてもかゆみを発症してしまうことはあります。
そうした場合、少しでも早くに対処することが大切です。
お薬を使って早期に治すことも大切です。
蒸れや乾燥などの外部からの刺激が原因であれば、ドラッグストアでも買えるお薬のフェミニーナ軟膏は手軽に手に入りますし、正しく使えば解消できます。

しかし、カンジダ症などの性感染症による症状の場合は、フェミニーナ軟膏では根本的な治療にはならないため、専用のお薬が必要になります。

通販で購入できる二ゾラルクリームラミシールスプレーなどがおすすめです。
水虫やいんきんたむしなどにも使用されていて効果が出るのが早く、副作用もないので人気があります。

お支払方法 COMODO

お薬ラボのご利用上の注意事項

  • ・お薬ラボで取扱う商品は全て海外で認可のある薬局から発送されていますのでご安心ください。
  • ・商品のパッケージや見た目など、製造元によっては違う場合があり、商品詳細ページに添付されている画像とは異なることがあります。
  • ・お薬ラボにおける個人情報については個人情報の取り扱いをご覧ください。
  • ・当サイトは個人の輸入代行サービスになります。当サイト内の効果・効能・副作用などにつきましては販売メーカー発表の製品概要を参考にしております。詳しい情報につきましては販売元、医療従事者の薬剤情報、商品情報を参考の後、当サイトにてご購入ください。

お薬ラボのセキュリティについて

  • ・お薬ラボではお客様のセキュリティ遵守として、購入代金を信頼ある決済代行企業に委託しております。
  • ・お薬ラボはSSL認証に対応しております。お客様の入力した情報は暗号化しておりますので安心してご利用ください。

TOPへ