ゾニセップの通販情報

  • ゾニセップ

販売価格

ゾニセップ
ゾニセップ
個数 販売価格 購入
50カプセル 定価:2,000
1,800
(1カプセルあたり36
カゴに入れる
100カプセル 定価:4,000
3,420
(1カプセルあたり34
カゴに入れる
150カプセル 定価:6,000
4,860
(1カプセルあたり32
カゴに入れる
電話注文

商品詳細

サンファーマ社が製造・販売を行っている抗てんかん薬のゾニセップは、日本国内で承認されているエクセグランのジェネリック医薬品です。有効成分であるゾニサミドは、脳神経の興奮を抑え、けいれんや意識障害などの発作を予防する効果があります。部分発作・全般発作・混合発作を問わず、様々なタイプのてんかんに有効ですが、特に部分発作において優れた効果を発揮します。また、パーキンソン病にも有効性がわかっており、運動障害を改善します。様々な要因によって起こる慢性の脳疾患であるてんかんは、主に大脳の神経細胞の過剰は興奮によって発作がおこりますが、発症する原因により2つに分けられます。特発性てんかんは、遺伝によるものが主な原因ですが、発症のメカニズムが未だ解明わかっておらず、現在も原因究明が続いています。症候性てんかんは、脳の一部に傷がついたことでおきるとされ、低酸素や脳炎、脳出血、髄膜炎、アルツハイマー、脳外傷など過去に罹患した病気が原因となっています。てんかんを患ってしまうと、時と場所に関係なく突然発症して生活に支障をきたし、特に車の運転や危険が伴う機械の操作ができなくなる為、早期治療が大事です。治療には、長期的に正確な薬物療法を行う必要があり、特に特発性てんかん患者は殆どのケースで、薬によって発作をコントロールできるとされています。長期間の治療となると費用の負担が大きくなってしまうので、お安いジェネリック医薬品のゾニセップを活用することをおすすめします。

使用方法

成人は最初一日100~200mg(4~8カプセル)を1~3回にわけて服用してください。以後1~2週ごとに一日量200~400mg(8~16カプセル)まで増量してください。尚、ゾニセップの最高一日量は600mg(24カプセル)までです。

効果・副作用

ゾニセップの効果・効能は以下の内容です。
【部分発作】単純部分発作〔焦点発作(ジャクソン型を含む)、自律神経発作、精神運動発作〕、複雑部分発作〔精神運動発作、焦点発作〕、二次性全般化強直間代けいれん〔強直間代発作(大発作)〕
【全般発作】強直間代発作〔強直間代発作(全般けいれん発作、大発作)〕、強直発作〔全般けいれん発作〕、非定型欠神発作〔異型小発作〕
【混合発作〔混合発作〕】

副作用は、発疹、瘙痒感、多形紅斑、脱毛、眠気、無気力・自発性低下、精神活動緩慢化、易刺激性・焦燥、記銘・断力低下、頭痛・頭重、運動失調、複視・視覚異常、食欲不振、悪心・嘔吐、体重減少、倦怠・脱力感などがあります。重大な症状としては、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、紅皮症(剥脱性皮膚炎)、過敏症症候群、再生不良性貧血、無顆粒球症、赤芽球癆、血小板減少、急性腎障害、間質性肺炎、肝機能障害、横紋筋融解症、腎・尿路結石などがあります。何か異常を感じた際は、使用を中止して医師の診察を受けるようにしてください。

使用上の注意点

飲み忘れた場合は、気がついた時にできるだけ早く1回分を服用してください。但し、次の服用時間が近い場合は忘れた分を飛ばして、通常の服用時間に1回分を服用ください。絶対に2回分を一度に飲まないでください。眠気、集中力、反射運動能力などの低下が起こることがあるので、ゾニセップを服用中の方は自動車の運転など危険を伴う機械の操作に従事しないよう気をつけてください。用量調整をより適切に行う為には、血中濃度測定を行うことが望ましいとされています。また、定期的に肝・腎機能、血液検査を行うことをおすすめします。連用中における服用量の急激な減量ないし服用の中止により、てんかん重積状態があらわれることがあるので、服用を中止する場合には徐々に減量するなど慎重に行ってください。なお、高齢者、虚弱者の場合は特に気をつけてください。重篤な肝機能障害またはその既往歴のある方は血中濃度が上昇するおそれがある為、慎重に服用してください。また、本剤の成分に過敏症の既往歴のある方は服用しないでください。

併用禁忌

ゾニサミドの併用禁忌は特にありませんが、併用注意のお薬は以下の内容です。
・抗てんかん剤(フェニトイン、カルバマゼピン、フェノバルビタール、バルプロ酸など)
併用中の他の抗てんかん剤を減量または中止する場合には、本剤の血中濃度が上昇することがあります。

・フェニトイン
眼振の中毒症状があらわれることがあるので、減量するなど適切な処置を行ってください。

・三環系抗うつ剤(アミトリプチリンなど)、四環系抗うつ剤(マプロチリンなど)
MAO-B阻害作用において、高血圧、失神、不全収縮、発汗といった副作用があらわれ、更に死亡例も報告されています。

保管方法

小児の手の届かない、直射日光と高温多湿を避けた場所へ保管してください。

有効成分 ゾニサミド 25mg 内容量 1箱/50カプセル
メーカー Sun Pharma Laboratories Ltd. 発送国 香港・シンガポール
ゾニセップ購入者の声口コミ・レビューを投稿
  • 満足度:★★★★★
    投稿者:taikiさん 年齢:34歳 性別:男性
    効果が高いから、ずっとゾニセップを使ってる。他の薬は副作用が強くてだめだった。これは自分に合ってるようです。
口コミ・レビューを投稿する

商品名

満足度

ニックネーム

性別

年齢

口コミ・レビュー内容

※反映には時間がかかる場合がございます。

  • ジェネリック医薬品を検索
  • お得なセットのご案内
  • ピルカッター活用術

ジェネリックを知ろう
メールが届かない
お薬ラボ公式ライン@
お薬ラボ公式ツイッター
ビットキャッシュ決済 コンビニ お支払方法

TOPへ