製品カテゴリー
個人輸入医薬品
コンテンツ
お客様サポート
その他

遅漏について

性行為から射精するまで時間が長い方は遅漏と言われています。
遅漏は女性パートナーを性交痛にしてしまう可能性やセックスレスになる原因があります。
こちらのページでは原因や改善方法を詳しくご説明します。

遅漏とは?

遅漏とは、性行為を行う際に射精までの時間が遅いタイプを分類する言葉となります。
セックスの際、いつまで経っても射精しない人を遅漏と称します。
対義語として挿入から射精までの時間があまりに早ければ早漏と称されます。

女性から不評なのは射精までの時間が長い早漏どちらのほうが良いのかという基準はありませんが、一般的には早漏の人のほうが女性から落胆されてしまいそうなイメージがあるかも知れません。
しかし、実は早漏よりも遅漏のほうが女性からは不評であり、長時間に渡るセックス中のピストン運動は不感症や性交痛さえも伴うと言われているのです。
挿入してから3分と持たない早漏も問題があるとは思いますが、挿入後に1時間以上経過しても全く射精しない遅漏のほうが女性からは敬遠されがちなのです。

なぜ遅漏となってしまうのでしょうか?

セックスに関しては男女間のデリケートな問題となっておりますので、本音を話せないパートナーも多くいるとは思います。
そんなパートナーと理想の性生活を送る為にも、遅漏の原因と対策をしっかり理解していきましょう。

遅漏の原因

女性にとって早漏よりもやっかいな相手は遅漏の男性です。
遅漏となってしまう主な原因としては、オナニーのやりすぎお酒の飲みすぎなどです。

オナニーをする時、基本は自分の手を使うので、状況によって力を入れたり抜いたりできます。
場合によっては強い力で圧力をかけて上下に動かしたりすることもあります。
強い力で圧力をかけてしまうと、ペニスが強い刺激に慣れ過ぎてしまい、女性器の膣内では刺激が不足してしまう状況に陥ってしまうのです。
膣内で締め付けるよりも手で思い切り握ったほうが力は強いのが当たり前です。
強い力でオナニーをし過ぎて、セックスの刺激では満足できなくなってしまうのが遅漏の1つの原因です。

また、お酒の飲み過ぎによって感覚が麻痺し、刺激が脳内に上手く伝わらずに射精できなくなるパターンも多くあります。
少量のお酒でしたらリラックス効果もありますが、大量のお酒を飲んでしまうと遅漏になってしまうということを覚えておきましょう。

遅漏の改善方法

オナニーを禁止することで刺激を受けた際に射精しやすくなり遅漏改善遅漏を改善するならば、オナニーの禁止をおすすめします。
オナニーをしなければ精子も溜まり、刺激を受けた際に射精しやすい状態になります。
当然ですが、セックス前のアルコールは控えておくようにしましょう。
もしどうしてもオナニーをやめられない場合は、自分の手で行うのではなくオナホールを使うことをおすすめします。
あまり力の入らない刺激の少ないタイプを使用するよう心がけましょう。
力を入れなくても亀頭への刺激だけで射精できるようになれば、セックスの際に膣内の力だけでも射精することは可能となってくるでしょう。

万が一、それでも遅漏を改善することができない場合は、普段からペニスを刺激せずに頭の中の妄想などで勃起できるようにする訓練などを試してみましょう。
アダルトビデオなどは一切見ず、頭の中の想像だけで勃起させることができるようになれば、実際のセックスで普段よりも脳内が興奮状態になり射精しやすくなるでしょう。

女性からの遅漏への視点

男性の心境としては、遅漏や早漏はカッコ悪いというイメージがあるかも知れません。
挿入して1時間以上持たせることができると自慢できる男性もいるかも知れません。
しかし、セックスの受け身はあくまでも女性です。
確かに挿入して2~3分で射精してしまったらガッカリする女性もいるかも知れません。
ですが、挿入してから1~2時間もピストン運動をされてしまえば、摩擦によって女性器は傷ついてしまい、痛いだけのセックスになってしまうのです。

遅漏による長時間のピストン運動は痛いだけのセックスになり女性の負担になる遅漏の男性は自分に自信がある人が多い為、女性も正直に自分の気持ちを伝えることができません。
中には、自分に魅力がないから射精してくれないのではないかと思う女性もいるのです。
早漏ならば、一緒に改善していこうという協力もできますし、母性本能をくすぐられて好印象を受ける人もいるでしょう。
早漏か遅漏かを決める一般的な水準は決まっているかも知れませんが、あくまでも早漏か遅漏を決めるのは全てパートナーの女性なのです。
自分が気持ち良くなることだけではなく、相手がどう思っているのかを聞いて、お互いに自分の気持ちを包み隠さず正直に打ち明けられることが理想の関係なのかも知れません。

TOPへ