マクサルトジェネリック

目次

片頭痛が起こる仕組み

医学的に、頭痛は大きく分けて他の疾患のない一次性頭痛と他の疾患から起こる二次性頭痛に分けられます。頭痛に苦しむ患者さんの多くは一次性頭痛に分類され、片頭痛緊張型頭痛群発頭痛と更に細かく別れていきます。

頭痛の原因片頭痛の由来は頭の片側が痛むこととされますが、実際には頭の両側が痛む方が4割近くいらっしゃるそうです。症状としては、まず4時間から72時間拍動性の頭痛が続きます。(拍動性の痛みとは、脈拍に合わせてズキンズキンと痛むことです)多くは頭の片側が痛みますが、両側に痛みを感じることもあります。日常生活に支障をきたし、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。女性に発症することが多いことも特徴で、特に若年〜中年期の発症が多いと言われています。実は片頭痛の原因は未だ確定的な説が現れていません。痛みの起源も脳幹上部を起源とする中枢起源説と脳血管や三叉神経起源説が有力で、長く提唱されてきた脳血管の収縮によるものとは現在では考えられていません。

どのような時に発症するのか人によって様々です。一般的にストレス、緊張、天候、アルコール、月経、睡眠などが影響を及ぼすことがあると報告されています。片頭痛を誘発するものが何なのかを見極めることも治療にあたってはとても重要と言えます。


マクサルトジェネリックとは?

マクサルトジェネリックとは、トリプタン系片頭痛治療剤です。先発薬のマクサルトはアメリカ合衆国のメルク社で開発され、日本においても1995年から開発が開始され、2003年に正式に認可が下されました。マクサルトは片頭痛に大変有効な薬と言われており、服用から30分ほど経過した後効果が現れ始めます。頭痛発作が起こってから早いタイミングで服用できれば、非常に効果的に使用することができます。効き目が早く出るため、アスピリン等の頭痛薬が効かなかった方が使用することが多いと言われています。

マクサルトジェネリックのリザクトはインドのシプラ社で開発されており、マクサルトに比べると比較的安価とされる場合が多いと言われています。経口薬で、口の中で溶ける性質を持つため、急な頭痛発作が起こり、水がない場合や吐き気や嘔吐で水分を摂取できない場合でも服用することができます。ただし、喉に張り付く可能性もありますので、なるべく水分と一緒に摂取することをお勧めします。

効果について

マクサルトジェネリック(リザクト)のようなトリプタン系頭痛治療剤には大きく分けて3つの作用があります。

  1. 1)神経ペプチドと呼ばれる痛みの伝達物質の放出を抑える
  2. 2)広がりすぎた脳血管を元に戻す
  3. 3)三叉神経が受け取った痛みの刺激が大脳に伝わる事を防ぐ
服用のベストタイミングは30分以内高い頭痛消失率に加え片頭痛に付随する症状(悪心、吐き気、嘔吐、光過敏、音過敏)に対しても優れた効能を発揮することがわかっています。即効性があり、片頭痛に対して速やかな効果が期待されます。
服用するタイミングは、頭痛発作が起こった初期です。痛みが始まってから30分以内の摂取が望ましい為、なるべく薬剤を携帯するようにしましょう。片頭痛の発作には人によっては前兆(例えば気候、ストレス、月経等)がありますがこの前兆期には服用しないで下さい。頭痛症状の初期に服用することによって最大の効能を得ることが可能となります。同様に予防薬ではありませんので、症状を防ぐために継続的に摂取するのではなく、頭痛発作が発症してからのみ服用して下さい。また、予兆期の肩こり等の痛みと頭痛の痛みの違いを区別できるよう、痛みの種類をよく観察して下さい。記憶しづらいと感じる場合は、頭痛日記などで記録を付けることも良い方法です。


副作用があります

服用した方の全体から20%程度に、傾眠、倦怠感、めまい、喉の渇き、脱力感、悪心、感覚減退などの副作用が起こる場合があります。自動車などの運転は止めて下さい。このお薬の服用前後に、他の片頭痛薬を服用する場合は24時間以上あけて下さい。

トリプタン系片頭痛薬を多用すると薬物乱用頭痛になる可能性があります。薬物乱用頭痛とは頭痛薬の過剰服用によりかえって頭痛が起こってしまうことを指します。お薬を服用する際は月に10回程度にとどめて下さい。

重大な副作用として、不整脈、狭心症あるいは心筋梗塞を含む虚血性心疾患様症状、頻脈(WPW症候群における)、てんかん様発作、血管浮腫、中毒性表皮壊死症、呼吸困難、失神が報告されています。頭痛の原因は片頭痛以外にも、くも膜下出血など急性の頭痛の場合もあります。状況が異なると感じた場合は救急車を呼ぶ、病院に行くなどの対応をして下さい。

マクサルトとロキソニンの違い

マクサルトとロキソニン頭が痛くなった際の応急処置として市販薬のロキソニンを服用することが一般的に多いですが、ロキソニンは緊急型頭痛に特効性があり、片頭痛には効果が薄いのです。ですが、頭が痛くなったとき、緊急型なのか片頭痛なのか見分けることはできません。そこで初期症状で頭が痛くなった時に先ずロキソニンを服用して、それでも痛みが軽減されなかった時は、片頭痛に特効性のあるマクサルトを服用することで頭の痛みを緩和することができます。

片頭痛だと分からずにロキソニンを連日服用すると副作用として薬物乱用性頭痛を引き起こす可能性があります。1度と薬物乱用性頭痛に症状がでてしまうと治療が困難と言われています。マクサルトとロキソニンを計画的に併用することで確実に頭痛を改善することができます。


購入者の体験談①(マクサルトジェネリック

購入者の女性1
荏田 真希(仮名)
千葉県 39歳

飲みやすくて便利です

私は低気圧が近づいたり天候が荒れると頭痛が激しくなるのですが、一度始まってしまうと半日以上頭痛が続くのでとても困っていました。発作が怖くてプライベートでも気軽に予定が入れられないし、仕事でもお休みを頂いてしまうことも半年に一度はありました。(介護職なので、出勤してもうまく体が動かないことも有ります)後頭部・側頭部あたりにドクドクと痛みの塊みたいなものが脈打っているような感じです。頭痛の影響で肩こりもひどくなり、30代を過ぎてからは発作の後は体が筋肉痛?バリバリに固まるようになってしまいます。

中学生からずっと続いていたのでそういった体質なのかとも思っていたのですが、受診を勧められて、お医者様からマクサルトを処方されました。今までの市販頭痛薬はほとんどきかなかったのですが、こちらは痛みが消えました。高いのでジェネリックのリザクトを1ヶ月前から使用しています。最初は心配していましたが、効き目に大きな変化はないようです。頭痛は飲み始めると大分おさまります。ただ少し眠くなってしまうのが困りますが、おさえられないほどではないので、仕事中でも私は使える程度です。

購入者の体験談②(マクサルトジェネリック

購入者の女性2
田中 いずみ(仮名)
三重県 30歳

飲んでみてよかったです!

とにかく頭が痛くなりはじめると何も手に付かないし、体を横にしてじっと我慢するしか無い時間が延々と続くのが本当に苦痛でした。痛みが激しく噛みしめて我慢するので、噛み締めの影響で歯もあまりよくないようで、歯医者からは頭痛治療と並行するように言われています。あまりにひどいので他の病気かとも思ったのですが、片頭痛とのことで、逆にすぐに治るようなものではなく…。結婚して仕事を半年前に辞めたので、大分ましにはなったのですが、一度具合が悪くなってしまうと1日何も出来ずに終わってしまうこともあり自己嫌悪です。

一度お医者様を変えて、夫の会社の方が通っている病院に行った際この薬マクサルトを処方してもらいました。痛みが随分収まりやすく、とても良かったです。あまり強い薬は不安だったのですが、安心して日常生活が送れるので、それはとても安心しています。家族旅行も、具合が悪くなってしまうと1日つぶれることもあったのですが、薬を飲んでなんとかなることがわかったので、ずっと行きたかった海外旅行も今年は行ってみようと相談しています。

購入者の体験談③(マクサルトジェネリック

購入者の男性
杉崎 太郎(仮名)
長野県 40歳

会議や出張など重要な時に使っています

飲み始めて半年ほどです。とても好調です。頭痛が起こると立ちくらみがして、ひどいときは嘔吐するほどでした。服用してから30分ほどで効果がでるので、急な症状が出て辛い時に助かっています。

営業職なのですが、外せない会議がある時など緊張がたかまると頭痛が起こりやすく、この薬を飲み始めてからは仕事に集中できます。医者からは誘発している要因を避けるようにしたほうがよい、と指導されたことがあったのですが、自分なりに考えてみたところ仕事の緊張とアルコールといったところでした。アルコールは止めましたが、仕事での緊張はどうにもならないので薬に頼っています。大体週に2〜3回は症状が起こるのですが、薬の服用上限と重なってしまうので、重要な時にだけ飲むようにしています。仕事で運転をしなければいけない時があったのですが、片頭痛治療薬の副作用で眠気があることを上司に相談した所、仕事内容も調整してもらえたので、よかったです。
妻も片頭痛があると言っているので、この薬を勧めてみたいと思います。