睡眠薬

12件の商品が見つかりました

在庫あり
フルナイト(ルネスタジェネリック)
4.6 (28件)
50錠 ¥3,950~(1錠/¥79)
  • 睡眠薬

非ベンゾジアゼピン系!!フルナイトはルネスタのジェネリックで、何度も起きてしまう中途覚醒でお困りの方やなかなか寝付けないタイプの方におすすめな睡眠導入剤です。身体をリラックスさせて自然な眠りへと導きます。

在庫あり
ハイプロン(ソナタジェネリック)
4.7 (29件)
100カプセル ¥4,200~(1カプセル/¥42)
  • 睡眠薬

超短時間型睡眠薬!快適な睡眠へ導くソナタのジェネリック医薬品です。不安や緊張を和らげます。目覚めがよいことから人気があります。

在庫あり
メラトニンタイムリリース
4.3 (24件)
100錠 ¥3,400~(1錠/¥34)
  • 睡眠薬

心地良い眠りをサポート!メラトニンは脳の松果腺から分泌されるホルモンでメラトニンが増えることで、体内リズムがリセットされ、正しい時間に起きることができます。サプリメントなので副作用の心配も少なく安心して服用できます。

在庫あり
メロセット(メラトニン)
4.6 (36件)
100錠 ¥3,600~(1錠/¥36)
  • 睡眠薬

海外旅行の時差ボケに必須!メロセットは、身体に負担をかけずに心地よく眠ることができ、目覚めが良いことから非常に人気のある睡眠促進サプリです。寝つきがよくない、寝てもすぐ起きてしまう方などにおすすめです。

在庫あり
ジェリフォルテ (ストレスケア)
4.2 (16件)
100錠 ¥1,500~(1錠/¥15)
  • 睡眠薬
  • その他

疲労回復・ストレス改善!ジェリフォルテは天然成分100%でできたサプリメントです。配合された成分により、心の緊張をほぐし、免疫力を高めて、ストレスの蓄積からくる慢性疲労や不眠症を解消します。

在庫あり
ソミナー
4.5 (11件)
200錠 ¥8,600~(1錠/¥43)
  • 睡眠薬

短時間型睡眠薬!ソミナーは抗ヒスタミン作用のある睡眠薬です。寝つきが悪かったり眠りが浅いという一時的な不眠症や花粉症や鼻炎などのアレルギー症状も緩和します。持続効果時間は6~12時間です。

在庫あり
ソクナイト(ルネスタ)
4.5 (28件)
50錠 ¥4,050~(1錠/¥81)
  • 睡眠薬

入眠障害や中途覚醒でお悩みの方に!ソクナイトはAsle pharmacenticals社から販売されたアモバンの改良版になる睡眠導入剤です。有効成分エスゾピクロンはベンゾジアゼピン系の睡眠薬と同等の効果があります。

在庫あり
タガラ(不眠症改善薬)
4.3 (23件)
60錠 ¥1,350~(1錠/¥23)
  • 睡眠薬
  • 抗うつ剤・精神安定剤

おすすめです!タガラは、アーユルヴェーダ医学から生まれた睡眠導入作用のあるサプリメントです。イライラや不安な気持ちを鎮め、緊張を和らげるリラックス効果があり、寝つきをよくして睡眠の質を向上させるサポートをします。

在庫あり
アレルギーメディスン
4 (17件)
600錠 ¥4,500~(1錠/¥8)
  • 睡眠薬
  • アレルギー・喘息

一時的な不眠症に!アレルギーメディスンは寝つきが悪いときや就寝後に起きてしまうなどの睡眠障害を改善するお薬です。睡眠導入剤としての効果のほか、花粉症などのアレルギー症状を緩和する効果もあります。

在庫あり
スリープスターター30パッチ(パッチMD)
4.5 (15件)
30パッチ ¥3,480~(1パッチ/¥116)
  • 美容スキンケア
  • 睡眠薬
  • パッチMD

快眠効果&副作用なし!スリープスターター30パッチ(パッチMD)は、腕や腰に貼るだけで身体の内側から栄養素を取り入れます。不眠に関する悩みを解決して快眠へと導くサポートをしてくれます。また、副作用もなくどなたでも安心して使用ができます。

在庫あり
アドバンスドスリープメラトニン
4.1 (10件)
1本 ¥2,100~(1本/¥2,100)
  • 睡眠薬

より良い睡眠を促進!アドバンスドスリープメラトニンは乱れた睡眠サイクルを整えるサプリメントです。メラトニンを補助することによって、正常な睡眠パターンに働きかけ、寝つきが良くなり熟睡時間も長くなる効果が期待できます。

在庫なし
ゾピコン(アモバン・ジェネリック)
3 (2件)
30錠 ¥2,400~ (1錠/¥80)
  • 睡眠薬

ゾピコンは、アモバンのジェネリック医薬品になり睡眠導入剤です。他の睡眠薬と比べると短時間型なので、目が覚めた際に眠気がなく快適に起きることができます。即効性もあり30分ほどで眠りにつくことができます。

睡眠薬とは?

睡眠薬とは睡眠障害からスムーズな睡眠へと導いてくれるお薬の総称不眠症を含む慢性的な睡眠障害でお悩みの際や、一時的な睡眠が必要な状況下において用いることでスムーズな睡眠へと導いてくれるお薬の総称です。
どうして眠ることができないのか…その原因は人によって様々ですが、現在利用されている睡眠薬には成分や作用の異なる多様な種類がありますので、ご自分に合ったお薬を選ぶことで症状の改善を目指せるでしょう。

睡眠薬の歴史

睡眠薬の歴史は古く、医学的な用途で初めて利用されたのは1880年代です。
脳の中枢神経の働きを抑制することで睡眠作用や鎮静作用をもたらすバルビツール酸系睡眠薬というお薬が、不眠症の治療薬として流通しました。
しかし、この系統のお薬は依存性や呼吸抑制などの強い副作用があらわれる可能性が高く、死亡する事例も確認されています。
そのうち、自殺の為にお薬を利用する人々も出てきたことから、当時は「睡眠薬は危険な医薬品である」との認識が世間で広がっていたようです。

しかしそれ以降、副作用の少ない睡眠薬の研究・開発が進められ、1960年代には呼吸抑制の危険性が低いベンゾジアゼピン系睡眠薬が、2000年代には筋弛緩作用があらわれにくい非ベンゾジアゼピン系睡眠薬が、2010年代にはそれぞれ新しい作用機序を持つメラトニン受容体作動薬やオレキシン受容体拮抗薬が、そして2020年代には極めて高い安全性があるとされるメラトニン受容体作動性入眠改善薬が登場しています。
利用できるお薬の選択肢が広がったことで、多くの人々が安心して治療に取り組めるようになりました。

睡眠薬の種類

睡眠薬はベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系、バルビツール酸系、メラトニン受容体作用薬、オレキシン受容体拮抗薬の種類がある睡眠薬の種類について、もう少し詳しく見ていきましょう。

ベンゾジアゼピン(BZD)系

脳の活動を抑制する神経伝達物質GABAの働きを高める作用を持つお薬です。
睡眠薬の他、向精神薬としても用いられています。
作用時間の違いから、超短時間型、短時間型、中間型、長時間型などに細分化されている為、ご自身の症状やライフスタイルに合ったものを選びましょう。

非ベンゾジアゼピン系

ベンゾジアゼピン系とは化学構造が異なるものの、作用が類似しているお薬です。
先に開発されたベンゾジアゼピン系のお薬の副作用を抑えることを目標に開発されたものであり、眠りが深くなる他、依存や健忘、筋弛緩作用によるふらつきなどの発症リスクが低減されています。
ただし現状、超短時間型のお薬しかないので、使用するタイミングに気を付けましょう。

バルビツール酸系

中枢神経の働きを抑制することで、脳の覚醒を阻害するお薬です。
催眠、鎮静、抗不安などの効果を発揮しますが、非常に強く危険な副作用の発現リスクがある為、現在ではほとんどの医療機関で使用されなくなってきています。

メラトニン受容体作用薬

睡眠のリズムを調整する松果体ホルモンであるメラトニンの受容体に作用し、スムーズな睡眠を促すお薬です。
効果は緩やかですが、副作用も少ないので軽度の不眠症でお悩みの方でも安心してお試しいただけます。
抗不安作用がない為、精神疾患を含んだ重度の不眠症をお持ちの方には推奨されません。

オレキシン受容体拮抗薬

脳の覚醒を促す神経伝達物質オレキシンの受容体の働きを阻害することで、心身を睡眠状態へと移行させるお薬です。
従来の睡眠薬とは作用機序が全く異なっており、依存、健忘、ふらつきといった副作用の発現リスクが極めて低いとされています。

睡眠改善薬と睡眠導入剤の違い

睡眠改善薬は一時的な不眠に対応できるお薬で、睡眠導入剤は慢性不眠に医師が処方する医薬品という違いがある睡眠薬は、睡眠改善薬と睡眠導入剤の2種類に大別されます。

睡眠改善薬

睡眠薬のうち、購入時に医師の処方せんが不要なOTC医薬品を睡眠改善薬と呼びます。
市販の風邪薬などを服用した際に感じる、眠気という副作用を利用して不眠症状を緩和させるお薬です。
主に一時的な不眠に対して使用されるお薬であり、精神疾患などが絡む重度の睡眠障害を治療する効果は期待できません。
医療機関を受診しなくとも入手可能な商品ですが、薬用成分を配合した医薬品であることに変わりはありませんので、別の疾患の治療を受けている方や常用しているお薬がある方は、事前に医師や薬剤師に相談しましょう。

睡眠導入剤

医師による診断を受け、処方せんをもらうことで初めて購入可能になる睡眠薬を、睡眠導入剤と呼びます。
脳の機能を低下させるものや、自然に発生する眠気を増強させるものがあり、お薬の系統によってはジェネリック医薬品の種類も豊富です。
確かな効果が期待できる分、副作用のリスクもある為、ドラッグストアなどで入手することはできません。
日常生活に支障をきたす慢性的な睡眠障害に悩んでいる方向けの商品となりますので、OTC医薬品でも満足な効果が得られる場合には、そちらでの改善を検討してください。

睡眠薬の副作用

商品にもよりますが、一般的には眠気、ふらつき、健忘、依存、頭痛、集中力の低下、意識障害などの副作用があらわれる可能性があるとされています。
お薬や成分の研究・開発が進んだことで、睡眠薬の副作用の発現リスクは格段に少なくなりました。
しかし、やはり医薬品ですので、ご自身の身体に合っていなかったり、適切な用法・用量を守らずに使用したりすると、気になる症状が出てくるケースがあるようです。
いくつか見てみましょう。

眠気

睡眠薬の副作用(眠気)作用時間の長い睡眠薬を使用した場合に、お薬の効果が翌日まで持ち越され、翌日の日中にも眠気が生じることがあります。
睡眠時間の確認、お薬の変更、摂取量の減量などを、かかりつけの医師と相談しながら調整していきましょう。

ふらつき

睡眠薬の副作用(ふらつき)睡眠薬の中には筋弛緩作用を持っているものがある為、身体に上手く力が入らずふらついてしまう場合があります。
特に、足腰の弱っている高齢者の方は、ふらつきによって転倒し、怪我に繋がるケースも考えられるので注意が必要です。

健忘

睡眠薬の副作用(健忘)服用直後や中途覚醒時の出来事を思い出せなくなる症状です。
記憶に残らないだけで行動自体は普通にできており、海外では服用後に記憶がないまま自動車事故を起こしたケースなども報告されています。
睡眠直前に飲む、アルコールと併用しない、といった対策を徹底しましょう。

依存

睡眠薬の副作用(依存)長期間に渡る睡眠薬の服用により、お薬の作用に身体が慣れてしまい、次第に効果が感じられなくなり、どんどん摂取量が増えて止められなくなってしまう場合があります。
また、突然服用を中止したところ反跳性不眠を引き起こし、服用前よりも強い不眠に悩まされるようになってしまった、というケースもあるようです。
予め期間を決めて服用し、中止する際は医師や薬剤師へ相談することをおすすめします。

これらの他にも、身体に異常を感じた場合や不安な点がある場合には、医療機関でご相談ください。

睡眠薬の購入方法

先述した通り、睡眠改善薬であれば一般の通販サイトやドラッグストアなどで手軽に購入できますが、睡眠導入剤の場合は医師の処方せんが必要です。
医療機関を受診する際は、内科や精神科、診療内科で相談してみましょう。
来院や通院が困難な方は、海外医薬品を取り扱う個人輸入代行サイトを利用すると便利です。
購入から服用まで全て自己責任となりますが、病院へ行かなくともお薬を購入することができます。
ただし、中には精巧に作られた偽造品を販売している悪質なサイトもあるので注意が必要です。
パッケージや商品本体をしっかりと確認し、少しでも不審な点があれば使用を中止してください。

参考:厚生労働省「医薬品等の個人輸入について

TOPへ

製品カテゴリー
個人輸入医薬品
コンテンツ
お客様サポート
その他