アスプリト

  • アスプリト

販売価格

アスプリト
アスプリト
個数 販売価格 購入
100錠 定価:5,500
4,950
(1錠あたり49
カゴに入れる
200錠 定価:11,000
9,400
(1錠あたり47
カゴに入れる
300錠 定価:16,500
13,360
(1錠あたり44
カゴに入れる
電話注文

商品詳細

インドのアフマダーバードにあり、多くの国の薬の認可審査を通過している安全性と信頼の高いインタスファーマ社が製造しているアスプリトは、エビリファイのジェネリック医薬品になります。新しいタイプの非定型抗精神病薬で統合失調症や双極性障害(躁うつ病)の治療などに用いられます。統合失調症は脳内のドーパミンが過剰に分泌されることによって、脳内における情報処理が追いつくことができず、幻聴や幻覚、妄想などをひきおこす精神疾患です。陽性症状と陰性症状を繰り返しますが、陽性症状は自我意識の障害や思考の障害、異常な行動を指し、陰性症状は感情の麻痺や思考の低下、意欲の減退やコミュニケーションの支障のことを指します。有効成分アリピプラゾールは、副作用が少ないメリットがあり、様々な精神症状に応用できることから、旧来の抗精神病薬に代わってよく使用されるようになっています。感情や気分の安定をはかり、ドーパミンの過剰分泌を抑制してバランスを整えることで統合失調症の症状緩和に効果が期待できます。更に双極性障害における気分の高揚を鎮めて躁症状を落ち着かせる効果もあります。

使用方法

アスプリトは症状により飲み方や服用量が異なります。また、どの治療にも共通していますが、定常状態に達するまでには約2週間を要する為、2週間以内に増量しないようにしてください。
・統合失調症の場合
成人の開始用量は一日6~12mgで、一日6~24mgの量を維持するようにし、1回または2回に分けて経口服用してください。尚、年齢や症状により適宜増減しますが、一日に服用する量は30mgを超えないでください。

・双極性障害における躁症状の場合
成人の開始用量は24mgで、一日1回12~24mgを経口服用してください。尚、年齢や症状により適宜増減しますが、一日に服用する量は30mgを超えないでください。

・うつ病、うつ状態(これまでの治療で効果が十分に認められないケース)の場合
成人は一日1回3mgを経口服用してください。一日量として3mgを増量幅とし、一日に服用する量は15mgを超えないでください。

効果・副作用

アスプリトは統合失調症、双極性障害における躁症状の改善、うつ病・うつ状態(これまでの治療で効果が十分に認められないケース)に効果があります。

副作用は不安、アカシジア、頻脈、傾眠、高血圧、便秘、悪心、嘔吐、神経過敏、腹痛、下痢、食欲不振、食欲亢進などです。重大な症状としては、 悪性症候群や遅発性ジスキネジア、麻痺性イレウス、アナフィラキシー、横紋筋融解症、糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡、低血糖、 痙攣、無顆粒球症、白血球減少、肺塞栓症、深部静脈血栓症、肝機能障害があります。ご使用中は観察を十分に行い、上記のような症状が認められた場合には服用を中止して医師の診察を受けてください。

使用上の注意点

眠気、注意力・集中力・反射運動能力等の低下が起こることがあるので、本剤服用中の方は自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事しないようにしてください。糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡等の死亡に至ることもあるので、口渇、多飲、多尿、頻尿、多食、脱力感等の高血糖の徴候・症状に注意してください。各治療における注意点は下記になります。
・統合失調症
服用量は必要最小限となるよう、慎重に観察しながら調節をしてください。また、他の抗精神病薬から本剤に変更する方よりも、新たに統合失調症の治療を開始する方で副作用が発現しやすい為、より慎重に症状を観察しながら用量を調節してください。

・双極性障害における躁症状の場合
躁症状が改善した場合には、本剤の投与継続の要否について検討し、本剤を漫然と投与しないよう注意してください。

・うつ病、うつ状態(これまでの治療で効果が十分に認められないケース)
本剤は選択的セロトニン再取り込み阻害剤またはセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤などと併用してください。

併用禁忌

アドレナリン(アナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く)は、アドレナリンの作用を逆転させて重篤な血圧降下を起こすことがある為、併用することができません。また、併用に注意する薬としては、中枢神経抑制剤(バルビツール酸誘導体、麻酔剤など)、降圧剤、抗コリン作用を有する薬剤、ドパミン作動薬(レボドパ製剤)、アルコール(飲酒)、CYP2D6阻害作用を有する薬剤(キニジン、パロキセチンなど)、CYP3A4阻害作用を有する薬剤(イトラコナゾール、クラリスロマイシンなど)、肝代謝酵素(特にCYP3A4)誘導作用を有する薬剤(カルバマゼピン、リファンピシンなど)があります。

保管方法

小児の手の届かない直射日光を避けた場所へ保管してください。

有効成分 アリピプラゾール15mg 内容量 1箱/100錠
メーカー Intas Pharmaceutical Ltd. 発送国 香港・インド
アスプリト購入者の声
  • ★★★★★
    2021-06-01
    イシイさん(35歳)女性
    この薬は2週間位飲み続けて良さがわかる感じ。最初はなんだかふわふわして自分ではない感じがちょっと強くて、抗うつ薬だけの方が自分でも好きだったんだけど。何とか続けて飲んでみると、今はこの薬の方が状態が良い気がします。抗うつ薬って続けて飲むと耐性ができたり、癖になって止められなくなるといったデメリットがあるのか不安でしたが、そういった不安がないこの薬は飲んでいて安心感があります。
  • ★★★★★
    2020-11-02
    たぴんさん(34歳)男性
    かなりイライラが減りました。ちょっとしたことでイライラしたりささいなことで不安になってしまったのがすごいおおらかになった感じ。エビリファイジェネリックを飲んでいた方が毎日サクサクと仕事がこなせるので自分には合っていたかなぁと思います。
  • ★★★★★
    2020-11-02
    丸さん(55歳)男性
    気分のアップダウンがかなり減ったと実感できる薬。上がってる時に、このまま行動が止められなくて突き進んでしまいそうな状態は自分ではわからないんですけど、家族から見てみるとその1つしか見えてない頭の状態がこの薬のおかげで穏やかになってるそう。上がった後はもちろん下がるんですけどそれも、この薬を飲んでいると自分でどうにもできないような辛さに落ちてく感じがなくて、仕事に毎日は無理ですが休む日が減った位、下がった状態でも体が動くのがとても嬉しい。前飲んでた薬は、鬱状態にはまあまあ聞いてたけど上がってる状態には効かなくてつまりは抗鬱剤だったんだけどやっぱり両方に聞いてくれると社会生活ができるかなと思う。
口コミ・レビューを投稿する

レビューを投稿する

口コミ・レビューの透明性を保つため、商品を購入した方のみ投稿できるようにしております。
お手数ですがサイトにログインの上、口コミ・レビュー投稿をしてください。

購入する

  • HAPPY TO YOUキャンペーン

お薬ラボ公式ライン@
お薬ラボ公式ツイッター
お薬ラボ公式インスタグラム