足のむくみを即効で解消する方法について

足のむくみは女性にとって大きなコンプレックスです。むくみによって体重が増加してしまい、実際の体重よりも太く見られてしまうこともあります。足のむくみを即効で解消ができる方法を詳しくご説明します。

そもそもむくみってなに?

手足のむくみや顔のむくみというのは、誰もが一度は経験されたことがあるのではないでしょうか。

そもそも、むくみというのは正式名称があり、医学的な専門用語では【浮腫(ふしゅ)】と呼びます。
浮腫とは皮膚の下部に水が溜まった状態のことを指し、強い力で抑えたり圧迫したりすると、くっきりと痕が残ってしばらくは元に戻らない状態になります。

無理な体制で寝てしまった時に手や足に痕が残ってしまうことがありますが、これもむくみによるものとなります。

浮腫(むくみ)が酷い時は正常時の5~10%の水分が身体に溜まっている状態むくみが酷くて腫れぼったいような時は、正常な体重の5~10%ほどの水分が身体の中に溜まっている状態となります。
例えば40キロの人がむくんだ状態になると、42~44キロほどの体重になってしまうのです。

また、身体の中に溜まっている水分が体重の5%以上に満たない状態でも、潜在浮腫と呼ばれるむくみが存在しており、身体の中には徐々に水分が溜まって体重が増えていく場合もあります。
何らかの要因で身体の中に水が溜まってしまうと、むくんだ状態になってしまうということです。


女性が足がむくむ原因とは

人によってむくみやすい場所は様々ありますが、その中でも特に多いのが足のむくみでしょう。
足がむくみやすい原因としては、血液の悪さや重力による影響も関係しております。

まず、下半身は心臓から遠くなっており、血液の流れが悪くなりやすい傾向があります。
元々、重力の影響で下半身に水が溜まりやすいところで、さらに血液の循環が悪くなると細胞と細胞の間に水が溜まってしまい、それがむくみの原因となってしまうのです。

立ち仕事や長時間同じ姿勢

立ち仕事やデスクワークなどは同じ姿勢が続きますので、下半身の血液やリンパ液などの循環が非常に悪くなってしまい、体内の水分が下半身に残って足がむくんでしまう原因の1つとなります。

また、介護が必要な高齢者になってくると、普段は寝たきりでずっと同じ姿勢となってしまうため、背中がむくみやすくなるとも言われております。
同じ体制というのは、どうしても身体の一部分だけを圧迫し続けることになりますので、血流が悪くなってしまいむくみやすくなってしまうのです。

女性特有のむくみ

男性よりも女性のほうが、むくみについての悩みを抱えている方が多い傾向があります。

通常、足から心臓へ血液を戻すためには、ふくらはぎがポンプのような役割となっております。

しかし、女性は男性に比べて筋力が低いため足から心臓に血液を戻すことが難しくなってしまい、血中の水分が下半身に停滞してむくんでしまうことが多いからです。
更に、女性は男性に比べて身体が冷えやすく、血流が悪くなってしまいがちです。

その結果、身体の中に溜まっている老廃物や余分な水分を上手く回収できず、むくみの原因となってしまうのです。

水分の過不足

一見、水分を摂らないようにすればむくみは改善できるようにも思えますが、水分が不足し過ぎてしまうと逆効果になります。
水の摂取不足によって起こる身体の異変は主に脱水症状となりますが、体内の水分が減ってしまうと血流が非常に悪くなってしまい、身体に必要な栄養素を届けることができなくなってしまいます。

また、血流が流れにくいことで体内の老廃物や必要がなくなった余分な水分も留まらせることになり、結果的に足のむくみへとつながってしまいます。
適度な水分補給は必ず必要ですので注意してください。

精神的なストレス

意外と知られていないのが、むくみとストレスの因果関係です。
むくみは身体の異変ですので、精神的な要因は関係ないと思われがちです。

人体にはコルチゾールと呼ばれるホルモン物質があり、これはストレスを感じることで多く分泌されるようになります。

コルチゾールは水分代謝に大きく関わっており、過剰に分泌されると水分の排出が上手くできなくなってしまいます。
さらに、コルチゾールが多く分泌されると、筋肉が弱くなってしまう作用もあるため、結果として血流が悪くなってむくみにつながってしまうのです。

お薬の副作用

薬の副作用でむくみの症状があらわれるケースもあります。

  • ・非ステロイド性抗炎症薬
  • ・カルシウム拮抗薬
  • ・抗生剤
  • ・ACE阻害薬

など副作用として身体がむくんでしまう可能性があるのです。
これらのむくみは薬剤性浮腫と呼ばれています。

基本的に、一般の病院で診察を受けた際に、足がむくんでいるかどうかを調べることはありません。
病院で処方された薬の影響でむくんでいる可能性もありますので、そのような場合はすぐに受診した医師に相談しましょう。

疾患によるむくみ

むくみは基本的に体内の余分な水分が溜まってしまう症状となっておりますが、何らかの疾患が原因でむくんでしまう可能性もあります。

特に多いのが腎臓病を患っている方で、上手く体内の水分を排泄できずにむくんでしまうケースも多くあるでしょう。
尿が上手く排泄されず、身体がむくんでしまうような方は注意が必要です。

また、何らかの疾患によって身体がむくんでいる場合は、内臓全般がむくんでいる恐れもあります。
特に、肺がむくんでしまうと呼吸困難に陥り、生命に危険を及ぼす可能性もあります。
何日もずっとむくみが続くようであれば、一度詳しく検査を受けることをおすすめします。

食生活の乱れとお酒

偏った食生活をしているとむくみの原因になってしまいます。
日々の忙しさからついつい外食で済ませてしまう方も多いのではないでしょうか?

外食中心の食生活を送っていると、どうしても過剰に摂取してしまうのが塩分です。
塩分を摂りすぎると、体内の塩分の濃度を減少させるために通常時よりも水分を取り込むように脳が信号を送ります。
その結果、体内の余分な水分が溜まってしまいむくみへとつながってしまうのです。

お酒に含まれるアルコールもむくみの原因に関係してしまいます。
アルコールには利尿作用があるため、体内の水分が減少してしまい血液の濃度が上昇します。
上昇した血液の濃度を下げるために血管内に水分が取り込まれていき、この取り込まれた水分がむくみになってしまいます。

また、居酒屋などでお酒を飲む際に食べる料理は、基本的に味の濃い料理で合わせる機会が多くなるので塩分を過剰に摂取してしまいむくみができやすくなってしまいます。

即効で足のむくみの解消ができるマッサージ

足がむくんでしまった時は、簡単にできるマッサージを行うことをおすすめします。

5分間もあれば即効でケアすることができるので、日頃から意識してマッサージを行うことが大切です。

足のむくみを解消するツボなどもありますので、自分で時間がある時に押したりすれば、それだけでも効果を期待できるでしょう。

足のむくみに効くマッサージ

足のむくみにはお風呂あがりにボディークリームなどを使ってマッサージをするのがおすすめお風呂上がりなどで時間がある場合は、ボディクリームや乳液、オイルなどを使ってマッサージを行いましょう。

手のひらにクリームなどを取って、足先から足首までしっかりと塗りながらマッサージします。
足の指の間にもしっかりと塗って、ゆっくりと足首を回しながらほぐしていきましょう。

また、リンパマッサージもむくみを解消するためには効果的です。
リンパマッサージを行う場合は、あぐらをかいた状態で両手を太ももの付け根の部分に重ねましょう。
その後はゆっくりと圧力をかけて、リンパ節を5回ぐらい刺激します。
刺激する際は身体の表面を滑らしながら、血液を手で押し流すようなイメージで行うとより効果的です。


足の疲れに効くマッサージ

足の疲れには足裏の湧泉(ゆうせん)、スネの内側の三陰交(さんいんこう)、スネの外側の三里(さんり)というツボ押しが効果的足の疲れを取る場合はツボを刺激するのが有効といえるでしょう。

足の裏には湧泉(ゆうせん)と呼ばれるツボがあり、場所は土踏まずから少しだけ真ん中よりの上部になります。
足の指をぐっと握った時に、最も窪んでいる場所です。
湧泉は万能のツボとなっており、むくみ解消はもちろん、身体全体の疲れを癒してくれます。

その他にも、足のすねの内側にある三陰交(さんいんこう)と呼ばれるツボや、すねの外側にある足の三里(さんり)と呼ばれるツボを刺激するのも効果的です。

三陰交は、くるぶしの一番出ている場所から指4本分ぐらい上の場所にあります。

足の三里は、膝の皿のくぼみから指4本分ぐらい下の、すねの外側にあります。
ご自身で色々押してみて試してみるのも良いでしょう。


休憩中にできる簡単マッサージ

ふくらはぎの築賓(ちくひん)を指圧すると血行が改善してむくみが解消する仕事中などで思うように時間が取れずじっくりとマッサージすることができない場合は、ふくらはぎに存在する築賓(ちくひん)と呼ばれる即効ツボを刺激するのが良いでしょう。

築賓は、ふくらはぎの三分の一ぐらい下の場所から、中央にかけて親指でグッと指圧した際に、少しだけ痛みを伴うような場所にあります。
そこを指やちょうど良い太さの棒などでぐりぐりと刺激することで、足のむくみが解消したり血流を改善したりすることができます。

衣類の上からでも効果があるので、ほんの少しの時間がある時にお試しください。


日常生活からむくみを解消する

むくみの原因は様々ありますが、日常生活の中でちょっとしたことに気を配るだけで事前に予防することも可能となっています。
もちろん、既にむくんでしまった方でも、生活習慣を改めることでむくみを解消することは十分に可能です。

今回は、むくみを招いてしまう生活習慣をいくつかご紹介し、事前に注意するべき点などをご紹介していきたいと思います。

窮屈な衣類を避ける

小さい靴下やベルトをきつく締めるのは血管が圧迫されてむくむ原因になる窮屈な服装を着ていると、それだけで血管を圧迫してしまい血液の流れが悪くなってしまいます。

特に小さいサイズの靴下を履いたりベルトをきつく締めたりしてしまうと、部分的に圧迫されてピンポイントで足や下半身全体がむくんでしまう結果につながります。

ベルトは衣類がずり落ちない程度で少しだけ余裕を持って締めるようにして、靴下は必ず自分の足のサイズに合ったものを履くように心掛けましょう。


ぬるめのお湯でお風呂に入る

38度ぐらいのお風呂や足湯などぬるめのお湯で血液の流れをよくしてむくみを解消するお風呂に入る際に、熱いお湯ではなくぬるめのお湯で入浴することもむくみを解消するためには重要なポイントとなっております。

40度を超える熱めのお湯だと、血管が収縮してしまい血液の流れが悪くなってしまいます。
湯船に入るのであれば、38度ぐらいのぬるめのお湯に浸かるようにして、もし湯船に入らないのであれば洗面器などにお湯を張って足湯をするのも良いでしょう。

入浴後にはマッサージなどをして血流を良くすれば、より一層むくみを解消することができるでしょう。


下半身を鍛える

ウォーキングやスクワットで下半身を鍛えるとむくみを抑えることができるふくらはぎには心臓へ血液を戻すためのポンプのような役割が与えられています。

ふくらはぎの筋肉が弱ければ心臓に上手く血液を戻すことができず、下半身に老廃物や余計な水分が溜まりやすくなってしまうでしょう。
ふくらはぎの筋肉を鍛えることで血液の循環を良くし、むくみの解消にもつながります。

毎日、少しでも良いのでウォーキングやスクワットなどをしておけば、それだけでかなりむくみを抑えることができるようになるでしょう。


休憩中に足を高くする

休憩中に足を高くすると足の血流がよくなりむくみが改善する同じ姿勢を保っていると、それだけで足の血流が悪くなってしまいます。
それは地球の重力が常に下を向いているからであり、どうしても下半身の血流が悪くなりがちです。

しかし、休憩中など少しの空き時間に足を高くしているだけでも、重力に対する負荷がかからなくなって血流の改善に効果があるのです。

足を高くすると楽になるのは、足だけにかかっていた負担を他の場所にも分散して、身体全体の血流を良くする効果があります。


生活習慣の改善

ここまでむくみと血流に関する因果関係を説明しましたが、血流を良くするために最も重要なのが規則正しい生活を送ることです。

睡眠不足や食事の偏りは、どうしても血液をドロドロにして血流を悪くしてしまいます。
血液の流れが悪くなれば、当然ですが身体全体がむくんでしまうでしょう。
二日酔いの時や睡眠不足の時は顔が腫れぼったくなっていたり、身体全体がむくんでいるような経験があると思います。

そういった症状を回避するためにも、しっかりとした睡眠をとってバランスの良い食事をするよう心掛けることが大切です。

むくみの解消に有効な栄養素といえばカリウムです。
カリウムは体内の電解質のバランスを整え、余分な水分を体外に排出する効果があります。
また、肝臓機能をサポートする食べ物もむくみの解消に大変有効とされています。むくみ解消にはピーマン・キノコ・ひじき・さつまいもなどのカリウムが多い食べ物や小松菜・柑橘類・にんにく・くるみなどの肝機能をサポートする食べ物がいい

【カリウムが豊富な代表的な食べ物】
  • ・緑色の野菜(ピーマン,レタス,アスパラ,ブロッコリーなど)
  • ・キノコ類
  • ・ひじき
  • ・サツマイモ
【肝臓機能をサポートする代表的な食べ物】
  • ・アブラナ科の野菜(小松菜,チンゲン菜,ブロッコリーなど)
  • ・柑橘系の果物(レモン,ミカン,ライムなど)
  • ・ガーリック
  • ・くるみ

むくみを放置したことによる危険性

むくみを放置することであらわれる代表的な症状が水太りです。

通常は、消費カロリーが摂取カロリーに追い付かず脂肪が体内に溜まって太るというのが一般的ですが、むくみを放置することで慢性化し常にむくんだ状態で太って見えるようになってしまいます。
水太りを放置してしまうと肌荒れやくすみの原因にもなっており、女性にとっては天敵となるでしょう。

また、慢性的にむくんでいるということは内臓に何らかの疾患を抱えている可能性が高いでしょう。
肝臓や腎臓の病気を患っている可能性もあり、放置しておくと取り返しのつかない状態になってしまう恐れもあります。

他にも下肢静脈癌や心不全の原因となっている動脈硬化や心筋梗塞など、命に係わる重大な病気となってしまう可能性もあるので、むくみが慢性的に続く方は病院で診察を受けることをおすすめします。

治療薬で足のむくみを改善

どうしても普段の生活の中で、むくみを解消するための手法を実践できない場合もしくは、実践しても解消がされなかった場合は利尿剤でむくみを改善する方法もあります。

ラシックスルプラック・ジェネリックなどむくみを改善する効果のある治療薬も販売されており、忙しくて病院に行けない方やマッサージをする暇もない方やマッサージをしても改善がされない方は、利尿剤に頼ってみるのも良いでしょう。

足のむくみにはラシックスやルプラックジェネリックなどの治療薬が最も効果的むくみを改善するための治療薬は有効成分が腎臓に働きかけて、むくみの原因となっている体内の余分な水分やナトリウムを尿と一緒に排泄させてくれる効果があります。
このような利尿剤などがむくみの改善には最も効果的と言われており、体内の余分な水分を効率よく排出させることが可能となっているのです。

飲み過ぎた翌日や睡眠不足でむくんでしまった時などに服用すれば、驚くほどむくみの改善につながります。

利尿剤は排尿を促して体内の水分を排出させる治療薬なので、頻繁にトイレに行きたくなる症状があらわれます。
必ずトイレにすぐに行ける環境で服用するよう心掛けてください。


まとめ

日々の生活を普通に送っているだけでもむくみができがちですが、日常生活の中でちょっとしたことに気を配るだけでも改善や予防ができる症状です。

例えばお風呂に入っている時に足を手で揉んでほぐすだけでも、血流が良くなってむくみの解消や予防の効果は十分にあります。

むくみぐらいどうってことないという軽い気持ちで放置すると、それが重大な病気につながる可能性も十分にあります。
身体がむくんだ時は病気のサインの可能性もあるいうことを意識して、常日頃から自分自身の体調を気遣って生活するよう心掛けましょう。

注意点として、むくみができたらすぐに治療薬に頼るのではなく、生活習慣の改善やマッサージなど簡単にできることから試してみてください。
それでも改善がされない時の最終手段として、治療薬を服用してむくみを改善するようにしましょう。


ジェネリックを知ろう
メールが届かない
お薬ラボ公式ライン@
お薬ラボ公式ツイッター
ビットキャッシュ決済 コンビニ お支払方法 COMODO

TOPへ