製品カテゴリー
個人輸入医薬品
コンテンツ
お客様サポート
その他

利尿剤

ラシックス
(68件)
売り切れ
1錠 ¥11

人気!!むくみ解消の味方です!ラシックスは、素早く全身のむくみをとることができる海外医薬品です。身体の余分な水分や老廃物を取り除く作用から、ダイエット効果もあり女性に人気の商品です。

ダイトール
(3件)
在庫あり
1錠 ¥21

すぐに効果を実感!ルプラックジェネリックのダイトールは飲みやすい利尿降圧剤(ループ利尿剤)です。主成分トラセミドにより余分な水分や老廃物を排尿することで、血圧を下げたりむくみをとる効果があります。

トルバプタン(サムスカジェネリック)
(12件)
在庫あり
1錠 ¥392

むくみを改善してスッキリ!サムスカのジェネリック医薬品の利尿剤です。トルバプタンを服用すると、体内の余分な老廃物を利尿作用によって体外に尿として排出させることで、むくみの改善ができます。

ハイレス(利尿・降圧剤)
(11件)
在庫あり
1錠 ¥49

カリウム保持性利尿薬!!カリウム排泄量を抑える作用があるハイレスは、水分の再吸収を抑えて尿量を増やすことで全身のむくみ改善が期待できる医薬品です。頻尿になるのでトイレにいける環境で服用しましょう。

ルプラック・ジェネリック
(41件)
在庫あり
1錠 ¥21

強力な利尿作用!!ルプラック・ジェネリックはトラセミドを有効成分としたループ利尿剤です。利尿作用によりナトリウムや水分を排出させることで全身のむくみを改善します。ダイエットにも効果的です。

スピロノラクトン(アルダクトン)
(9件)
在庫あり
1錠 ¥54

むくみや脱毛症改善!スピロノラクトンは飲むだけでむくみ解消や男性型脱毛症改善、血圧を下げる効果がある医薬品です。カリウム排出量が抑えられており、今までカリウム問題で利尿剤が飲めずにいた方も服用可能です。

ナトリス
(2件)
在庫あり
1錠 ¥425

むくみ解消に!サムスカジェネリックのナトリスは必要な電解質を残したまま水分のみを排出する為、電解質不足になる心配もなく全身のむくみ改善に効果を発揮します。他の利尿剤と併用使用されることもあります。

ムクミトール
(12件)
在庫あり
1錠 ¥20

ラシックス代替品!むくみ改善薬のムクミトールはルプラックと同一成分トラセミドを主成分としています。顔や足のむくみを解消することができます。

トラプレス(トラセミド・ジェネリック)
(7件)
在庫あり
1錠 ¥25

ルプラックと同じ有効成分を含むループ利尿剤!トラプレスは、トラセミドを含有したジェネリック品です。有効成分は10mg、20mg、40mgがあります。むくみ改善やダイエットに効果が期待できます。

アルダクトン
(10件)
売り切れ
1錠 ¥109

老廃物を排出して血圧も下げる!服用すると身体に溜まった老廃物を尿として体外に排出する利尿作用や血圧を下げる降圧作用があります。アルダクトンは身体のむくみが気になる方や高血圧でお悩みの方におすすめです。

フロセミド(むくみ改善薬)
(21件)
売り切れ
1錠 ¥31

全身の浮腫みとりに!フロセミドは、強力な利尿作用があるラシックスのジェネリックです。身体の中の余分な水分を減らして浮腫みを解消させます。即効性のあるお薬の為、服用するタイミングには注意をしましょう。

フレティック
(4件)
売り切れ
1錠 ¥16

ラシックスジェネリック!フレティックは即効性のある利尿剤です。尿として老廃物や余分な水分を排出させて身体のむくみを改善します。また、血圧をさげる効果もあるので高血圧症治療薬としても使用されています。

ヒドロクロロチアジドジェネリック(ヒドラジド)
(13件)
売り切れ
1錠 ¥18

効率よくむくみを解消したい方に!ヒドロクロロチアジドジェネリックはサイアザイド系(チアシド系)利尿剤です。体内にある不要な水分や老廃物を尿として排出させ、むくみをとることができます。

利尿剤とは?

利尿剤は余計な塩分や水分などを尿と一緒に排出する医薬品利尿剤は、排泄する尿の量を増やして体内の余計な水分を減らす医薬品です。
人間の身体では通常、血液によって運ばれた老廃物を腎臓内にある器官でろ過し、無害な液体である尿として排泄するという活動が行われています。
必要なものを身体に残し、不要なものを取り除くことで日々の健康が保たれているのです。
ところが、老化や何らかの疾患などの理由で腎機能が低下すると、この一連の活動が正常に行われなくなり、老廃物が溜まって体重の増加やむくみへと繋がります。
更に悪化すると、他の器官へ悪影響を与えたり、心臓に過剰な負担がかかって心停止や重篤な疾患を引き起こしたりする可能性も十分に考えられるので注意が必要です。
医療機関にて、地力での腎機能の回復が困難であると診断された場合に、治療薬として利尿剤が処方されます。
近年では、むくみの解消やダイエット効果に注目されることもありますが、その際も正しい効果や副作用のリスクなどを事前に調べて理解してから服用するようにしましょう。


利尿剤の効果

利尿剤の主な効果は、高血圧の改善や身体のむくみの解消です。
詳しく見ていきましょう。

高血圧の改善

降圧剤と共に高血圧の治療薬として利用されることも少なくありませんが、利尿作用と血圧の低下にはどのような関係があるのでしょうか?
腎臓には体内の塩分濃度を調節する役割が、心臓には全身へ血液を送り出すポンプのような役割がそれぞれあります。
まず、血液中の塩分濃度が増えると、濃度を調節するべく腎臓が水分を要求します。
塩辛いものを食べた後にのどが渇くのはこの為です。
そうして身体に水分が補充されると、その一部が血液へと変換されて体内の血液量が増加するので、血流をコントロールしている心臓に負担がかかり、高血圧や心不全を引き起こします。
利尿剤には体内の老廃物(塩分や水分)を尿として排泄させる作用がある為、高血圧の治療に有効なのです。

むくみの解消

むくみとは、肌の下に存在する細胞と細胞の間に余計な水分が溜まった状態を指します。
立ち仕事やストレス、偏った食事、女性の生理、別の医薬品の副作用など様々な原因が考えられるので、心当たりのある方は要注意です。
健康な方であれば、食事の内容や生活習慣を見直したり、適度な運動を心掛けたりすることで改善できますが、重度の場合は医薬品の処方や医療機関での治療が必要となります。

利尿剤の服用により、体内の余計な水分を減らしてむくみを解消することが可能です。
人によっては、過剰に溜まった水分のせいで体重が1~5Kg程度増加しているケースもありますので、取り除くことで減量効果も期待できます。
また、血行を良くする為に軽い運動やストレッチ、マッサージなどを行うとより効果的です。

服用時の注意点

利尿剤は強い尿意を感じるので飲むタイミングに注意利尿剤の服用後は、通常時とは比べ物にならないほどの強い尿意に襲われる為、常にトイレに行ける状態でなければ服用は推奨できません。
服用からおよそ30分前後で最初の尿意が訪れ、その後も10〜30分間隔で何度もトイレに行きたくなる状態が3~6時間ほど続きます。
例えば仕事中に服用した場合、その日は仕事にならなくなってしまう可能性も十分にありますので注意が必要です。


利尿剤でダイエットはできる?

利尿剤のむくみ解消効果によりスッキリして見えることはあるダイエットを単に「減量すること」と捉えるならば、利尿剤でのダイエットは可能であるという結論になります。
先述した通り、体内の老廃物の排泄により体重が減るケースもあるからです。
ただ実際には、ダイエットとは「食事や運動の量を管理して適正体重及び健康な身体を目指すこと」といった意味合いなので、その観点ではあまり有効とは言えません。
むくみの解消で一時的に身体が軽くなったり、見た目がスッキリして見えたりすることはあります。
高い即効性も評価されており、翌日には変化を実感できたという声もあるほどです。
しかし、利尿剤はあくまでも老廃物の排泄を助ける医薬品であり、脂肪の燃焼や新陳代謝の向上を補助するものではありません。
美しく健康的な身体を作るには、バランスの良い食事や適度な運動を取り入れることが最も効果的です。

むくみが解消された後、更なる減量効果を期待して利尿剤の服用を続けると、医薬品の副作用だけが顕著にあらわれてしまいます。
結果的に身体を壊すことに繋がる恐れもある為、必ず用法・用量を守って服用してください。


利尿剤の副作用

副作用が起きないように利尿剤服用痔はこまめな水分補給を!利尿剤の主な副作用は、食欲不振、下痢、嘔吐、口渇、めまい、頭痛、貧血、発疹、じん麻疹、発赤、光線過敏症、かゆみ、水疱性皮膚炎、紫斑、黄疸などです。
重篤なものでは、脱水症状、低ナトリウム血症、低カリウム血症といった症状が挙げられます。
上記の重篤な症状は全て、利尿作用が強く働き過ぎた結果引き起こされる副作用です。
水分が過剰に排泄されれば頭痛や吐き気などの脱水症状が、ナトリウム(塩分)が過剰に排泄されれば脳機能障害や筋肉のけいれん発作などの低ナトリウム血症が、カリウム(ナトリウムの量を調節する物質)が過剰に排泄されれば筋力の低下や不整脈などの低カリウム血症が起こります。
利尿剤を服用する際は、こまめな水分補給やミネラルを多く含む食品の摂取を心掛けるようにしてください。


副作用のリスクを下げる食品

ナトリウムとカリウムは、どちらも五大栄養素に数えられるミネラルの一種です。
健康を維持する為に不可欠な物質であり、体内では生成できない、互いに影響し合っているなどの特徴を持っています。
過剰に摂取しても、不足してしまっても身体に悪い変化が生じる可能性があるので、食事の中でバランス良く摂取する工夫が必要です。

塩分の摂取はある程度イメージしやすいかと思いますので、ここではカリウムを多く含む食品の例をご紹介します。
お食事の際の参考にしてください。

バナナ(1本)約360mg
納豆(1パック)約330mg
ほうれん草(1束)約1650mg
里芋(1個)約250mg
ひじき(5g)約320mg
サワラ(1切れ)約400mg

通常、一日あたりの摂取目安量は、成人男性の場合で3000mg以上、成人女性の場合で2600mg以上とされています。
利尿作用の強い医薬品は、老廃物を確実に排除するのと同時に必要なミネラルも奪ってしまう為、服用期間中の食事や生活習慣には特に気を配るようにしましょう。

効果別種類表

利尿剤には、ループ利尿剤、チアジド(サイアザイド)系利尿剤、カリウム保持性利尿剤などの種類があります。
むくみに効果がある利尿剤としての第一選択薬は、ラシックスルプラック・ジェネリックなどのループ利尿剤です。
働きかける部位が異なっていたり、利尿作用の強さに差異があったりと特徴もそれぞれですが、尿の量を増やして余計な水分や老廃物の排泄を促すという効果は共通しています。

以下の表を参考に、ご自身に合う商品を探してみてください。

種類有効成分商品名効果効能

TOPへ