利尿剤でダイエットする方が急増中!その理由とは?

近年、ダイエット目的で利尿剤を使用する方が増えてきています。利尿剤は余分な水分や老廃物を排尿とともに排出する作用があります。ダイエットで気になる顔や足のむくみ、生理前後にあらわれるむくみなどを利尿剤の効果によってスッキリ見せることができます。利尿剤は減量や食欲抑制に効果はありません。水分や老廃物など体内に余分に溜まっているものを体外に排出する医薬品です。こちらのページで詳しくご説明します。

利尿剤でダイエット?

食事制限や運動をしていてもなかなか痩せなかったり、ダイエット停滞期に悩んでいる人はもしかしたらむくみが原因かも知れません。
顔周りや足を少しマッサージしたらスッキリした!という経験はありませんか?

それは体がむくんでいる証拠です。

体の中に老廃物や水分が溜まってしまうと浮腫むむくみとは、余分な水分や老廃物が体に溜まっている状態のことを言います。
本来であれば血液やリンパと一緒に流れて体から排出されるべき水分や老廃物が体に溜まってしまうことで、こうしたむくみが発生するのです。
慢性的にむくみが発生している人は食事制限や運動でむくみを解消することは難しいのですが、利尿剤を活用することで、あっという間に一日で3kg減量することや、太ももを数センチ細くすることもできます。
簡単に減量することができる利尿剤のダイエットが今とても注目されています。
むくみのコントロールをすることできれいな体を手に入ましょう!

利尿剤には主にループ利尿薬チアジド系利尿薬抗アルドステロン系利尿薬の3種類があります。

利尿剤は治療目的によって使い分けられていますが、ループ利尿薬が最も多く使用されます。
ループ利尿薬は3種類の中で最も利尿作用が強いのでむくみを取る目的としては第1選択薬となっています。
また、効果は強いですが尿を作り出す肝臓以外の部分に影響を与えないので安全です。
さらに、即効性が高いのでむくみ取りの頓服としても多く処方されています。


ダイエットに効果がある利尿剤ラシックス

ラシックスは利尿剤の中でも使いやすく人気が高い数多くある利尿剤の中でも特にむくみ解消の効果が強いとされ、多く処方されている有名なお薬のラシックスは、人気も高く使いやすいのでおすすめです。
高血圧の人に処方されることの多いお薬ですが、身近なことでは生理前のむくみ防止を目的として処方されることもあるのでご自身の血圧を気にする必要はありません。
厚生省の認可も得ているので安心して使用できます。

ラシックスの有効成分であるフロセミドが肝臓に作用することで尿の量を増やし、体内の老廃物(むくみの原因)を排出しやすくしてくれます。
実は老廃物が溜まると体が冷えて代謝が下がることでダイエットの効率を一気に下げてしまいます。
そこでラシックスで老廃物を排出することで、その後も効率よくダイエットできる体作りもサポートできるのです。


ラシックスの副作用

ダイエッターにとっては夢のようなお薬ですが、ラシックスには副作用もあるのでよく覚えておく必要があります。

報告されている症状として、口の渇き、食欲不振、貧血、下痢、嘔吐、蕁麻疹などが挙げられます。
稀ではありますが、息切れやめまい、のどの痛みなどの重度の症状が起こる可能性もあります。
また、カリウムの吸収を抑制する作用もあるため、低カリウム血症になりやすくなる可能性があるのでカリウム不足の人は注意が必要です。
利尿剤は当然ではありますが尿の量が増えるのでトイレの回数も増えます。
寝る前に服用するとトイレで何度も起きてしまうこともあります。
車の運転や仕事の会議などですぐにトイレに行くことができない状況で服用するのは控えてください。

ラシックスの通販購入が規制?

ラシックスの個人輸入が2018年に規制されることになりました。
有効性分でありフロセミドが規制対象になっており、今後は医師の処方せんや指示がない限りは個人的に購入することができません
手軽にラシックスを手に入れることができなくなりますのでお早めに購入することをおすすめします。

※【更新:2018年5月25日】厚生労働省の規制により個人輸入ができなくなります。

ラシックスとルプラックジェネリックは同じループ利尿剤そこで代替品としてラシックスと同等の効果があるルプラック・ジェネリックをおすすめします。
代替えと聞くと効果に不安のある方もいるかもしれませんが問題はありません。
さらにルプラック・ジェネリックの方がメリットがあることもありますので、比較してみましょう。

ルプラック・ジェネリックもラシックスと同じようにループ利尿薬なので同等の効果を期待できます。
それだけではなく、ラシックスの10~30倍の作用があります。
ラシックスから変更して服用する場合は服用量に注意が必要です。


ルブラック・ジェネリックはダイエットに効果があるのか?

ルプラックジェネリックはラシックスよりも効果が高く低カリウム血症になる可能性が低いルプラック・ジェネリックはラシックスと有効成分は違いますが、先ほど紹介したように、利尿作用はラシックスよりも強いのでダイエット効果は確かにあると言えます。
ラシックスの作用時間は6時間程度ですが、ルプラック・ジェネリックは8時間程度で多少長くなっています。
ラシックスに比べるとカリウムの抑制が少ないので低カリウム血症になる可能性が低いという大きなメリットがあります。
しかし、低カリウム血症になる可能性が全くないということではないので注意は必要です。
また、この2つのお薬の大きな違いは高血圧に効果があるかどうかなので、ダイエットにはあまり関係がありません。
ルプラック・ジェネリックには高血圧への効果はありません。


ルブラック・ジェネリックの副作用

ルプラック・ジェネリックの副作用はラシックスと同じ症状があらわれます。
主な副作用として口の渇き、頭痛、たちくらみ、貧血、下痢、嘔吐、蕁麻疹などが挙げられます。
こうした副作用が出る確率は1%~3%と、とても低い確率のようです。
稀ですが、これ以外に歯茎からの出血、鼻血、強い喉の痛みなど重度の症状が起こる可能性もあります。
こういった症状はアナフィラキシー症状を疑う必要がありますので、症状があらわれた場合はすぐに使用を中止してください。
中止後も症状が改善されない場合は必ず医師または薬剤師に相談するようにしてください。
また、同じようにトイレの回数が頻繁になりますので、すぐにトイレに行ける状況にして服用してください。

利尿剤に依存性はあるのか?

利尿剤には身体的な依存は認められていないので安心してください。
「ダイエットしたい!減量したい!」
と思っている時にお薬を飲んだだけで体重が落ちたり、体がほっそりしたらとても嬉しいですよね。
でもそれはお薬の作用によって体のむくみが解消されただけで、脂肪が落ちたり体質が変わった訳ではないのでダイエットに成功したとは言えません。
利尿剤のみでダイエットをしようとしても、服用をやめるとまた元に戻ってしまうのです。

利尿剤に身体的な依存性はないが精神的な依存に注意「飲むのをやめたらまた太ってしまう。飲まなきゃだめ。」
という気持ちが生まれてしまうと、精神依存が発生してしまう危険があります。
利尿剤は一時的な対処をするお薬なので長期間服用するお薬ではありません。
長く服用を続けてしまうと思わぬ不調を招いてしまう可能性があるので注意が必要です。


ダイエット目的で利尿剤を購入する方法

利尿剤のラシックスなどは処方せん薬なのでドラッグストアなどで購入することはできません。
だからと言って病院でダイエットのためにお願いしても簡単に処方してもらうことは残念ながら難しい状況です。
そこで個人輸入で購入する必要があります。

個人輸入とはアマゾンや楽天などの有名な国内で購入する通販ではなく、海外から直接購入する方法の通販のことを言います。
この方法であれば薬事法に認められているので違法にはなりませんので安心して購入していただけます。

さらに個人輸入代行サイトを使用すれば、あなたに代って海外から購入して確実に届けてくれますし、問い合わせなども全て日本語で対応してくれるので安心です。
ですが、こうした個人輸入の場合、医師や薬剤師チェックや指導などがないので服用については自己責任となるので十分な注意が必要です。

お支払方法 コンビニ COMODO

お薬ラボのご利用上の注意事項

  • ・お薬ラボで取扱う商品は全て海外で認可のある薬局から発送されていますのでご安心ください。
  • ・商品のパッケージや見た目など、製造元によっては違う場合があり、商品詳細ページに添付されている画像とは異なることがあります。
  • ・お薬ラボにおける個人情報については個人情報の取り扱いをご覧ください。
  • ・当サイトは個人の輸入代行サービスになります。当サイト内の効果・効能・副作用などにつきましては販売メーカー発表の製品概要を参考にしております。詳しい情報につきましては販売元、医療従事者の薬剤情報、商品情報を参考の後、当サイトにてご購入下さい

お薬ラボのセキュリティについて

  • ・お薬ラボではお客様のセキュリティ遵守として、購入代金を信頼ある決済代行企業に委託しております。
  • ・お薬ラボはSSL認証に対応しております。お客様の入力した情報は暗号化しておりますので安心してご利用ください。

TOPへ