高血圧/糖尿病

リピトール
在庫あり
1錠 ¥81
カレラ
在庫あり
1錠 ¥26
インデラル・ジェネリック
在庫あり
1錠 ¥22

高血圧改善薬について

近年、高血圧は日本で、3人に1人も持っているほど年々増えている疾患です。きちんと対処を続けていかなければ何年か経って合併症を誘発してしまう可能性もあります。2014年、治療を詳細に説明した指針が改めて発足し、国を上げて対策を講じていますが、高血圧改善薬とはどんなものなのかをご紹介致します。

高血圧の改善薬で代表的なのは5種類あります。

Ca拮抗薬

血管を拡張し血圧を降下させる、一番良く処方される一般的な薬です。
副作用は動悸や頭痛、ほてり、浮腫などです。

ARB薬

二番目によく使用されています。血管が縮まることを抑制して血圧を下降させます。長く見て腎臓の負担を軽くする特徴があります。

ACE阻害薬

身体の昇圧系を抑圧して血圧を下降させ、冠動脈疾患を引き起こす危険性をとどめてくれます。
副作用には2割~3割の方に飲み始めた最初の数ヶ月ほど空咳が起こることもあります。

利尿薬

塩分を沢山取る習慣にある方の場合、体内の塩分濃度が落ち着くことで高血圧が改善されることがあります。
副作用は低ナトリウム血症や低カリウム血症になりやすい性質にあることです。

β遮断薬

血管を広げて昇圧系を抑圧し、さらに血液が心臓から流れる量を抑制することで血圧を降下させます。
副作用は飲み始めに脈拍数が少なくなる徐脈です。

注意すること

喘息の方は使用が禁止されています。また、高コレステロール値は、高血圧になる危険性を2、3倍引き上げてしまうので、コレステロール値を再調することも重要です。悪玉コレステロールが増加し、血中のコレステロール値が上昇すると血管のハリ(弾力)を失い、血圧上昇の要因となります。よって、悪玉コレステロールを減らすことが高血圧予防に繋がるので、それに対処する改善薬も有効でしょう。有効的成分アトルバスタチンCaを含有した改善薬リピトールが悪玉コレステロールをコントロールしてくれます。安心の大手ファイザー製薬生産の薬なので、数値が気になる方は、一度是非使ってみてはいかがでしょうか。