製品カテゴリー
個人輸入医薬品
コンテンツ
お客様サポート
その他

痛み止め

22件の商品が見つかりました

在庫あり
リザクト(マクサルト・ジェネリック)
4.7 (63件)
4錠 ¥760~(1錠/¥245)

偏頭痛にお悩みの方必見!リザクトはマクサルトジェネリックです。即効性があり、急な偏頭痛を緩和するお薬です。神経伝達物質に直に働きかけることにより、つらい痛みを迅速に回復してくれます。

在庫あり
ロキソニン
4.9 (20件)
100錠 ¥9,000~(1錠/¥90)

人気の鎮痛剤!ロキソニンは痛み止めとして一般的に利用されている抗炎症薬です。成分ロキソプロフェンは発熱時や生理痛、頭痛や腰痛など様々な緩和に効果があります。

在庫あり
ボルタレン
4.6 (29件)
30錠 ¥2,700~(1錠/¥90)

解熱鎮痛消炎剤!ボルタレンは関節リウマチや痛風、月経痛や歯痛、偏頭痛や筋肉痛などのつらい痛みを和らげる作用があり、病院で処方されることから安心して服用することのできるお薬です。

在庫あり
ボルタレン・ジェネリック
4.6 (16件)
100錠 ¥3,150~(1錠/¥32)

ボルタレン・ジェネリック!こちらの商品はボルタレンと同一成分を含有した後発薬です。痛みのある炎症を抑える鎮痛効果の他に解熱作用や関節リウマチなどにも効果的です。

在庫あり
アロプリノール(ザイロリック)
4.9 (12件)
50錠 ¥3,600~(1錠/¥72)

ザイロリックジェネリック!アロプリノールは尿酸値を下げる効果のある痛風治療薬です。先発薬と同一成分で同等の効果があります。価格を安い為、まとめて購入すると大変お得です。

在庫あり
インドメタシン
4.7 (14件)
100カプセル ¥3,150~(1カプセル/¥32)

すぐに効く!!インドメタシンは、高い抗炎症作用や解熱作用のある鎮痛剤で腰痛や関節リュウマチなどの激しい痛みを和らげる医薬品です。副作用を回避する為、空腹時の服用は避けましょう。

在庫あり
ザイロリック(痛風)
4.8 (16件)
100錠 ¥3,150~(1錠/¥32)

発作を予防!ザイロリックは痛風症状を改善する治療薬です。特に尿酸産生過剰型に効果があります。成分アロプリノールは酵素キサンチンオキシダーゼを阻害する作用があります。

在庫あり
イミグラン
4.5 (22件)
2錠 ¥2,700~(1錠/¥1,350)

つらい痛みに!イミグランは、偏頭痛を改善する為のトリプタン系治療薬です。発作が始まってからの服用で素早く痛みを抑えることができます。即効性があることから人気のお薬です。

在庫あり
ミオナール・ジェネリック
4.7 (25件)
100錠 ¥4,900~(1錠/¥49)

肩こり、腰痛の痛みにはコレ!!ミオナール・ジェネリックは国民病である腰の痛みや肩の痛みに効果のあるジェネリック医薬品です。常備することをおすすめします。

在庫あり
ミオナール
4.8 (19件)
30錠 ¥2,850~(1錠/¥95)

コリをほぐす!ミオナールは病院で処方してもらうこともできる筋緊張改善剤です。腰の痛みや肩こりの原因である筋肉の異常な緊張状態を緩和し、血流を良くすることで症状を改善します。

在庫あり
コビックス(セレコックス・ジェネリック)
4.8 (23件)
30錠 ¥1,590~(1錠/¥53)

人気の鎮痛剤!消炎・鎮痛効果があるコビックスは、世界的に愛用されているセレコックスのジェネリックです。足腰や筋肉痛、歯や咽喉、頭など痛みがありながらも仕事や育児で忙しく病院に行くことができない方におすすめです。

在庫あり
エコスピリン(アスピリン・ジェネリック)
4.8 (19件)
98錠 ¥1,580~(1錠/¥16)

アスピリン・ジェネリック!エコスピリンは、頭痛や歯痛、リウマチや関節症、筋肉痛など様々なつらい症状を緩和する作用のある痛み止めです。万能薬ですのでバックに入れて持ち歩くことをおすすめします。

在庫あり
ザイロリック・ジェネリック
4.7 (10件)
84錠 ¥2,430~(1錠/¥29)

尿酸降下薬!ザイロリックジェネリックは高カロリーな食事やアルコールの飲みすぎで起こる痛風の治療薬です。継続使用することで尿酸値を下げる効果があります。発作が発症した時は痛み止めと一緒に服用しましょう。

在庫あり
シベリウム
4.8 (6件)
150錠 ¥7,200~(1錠/¥48)

偏頭痛予防薬!シベリウムは一日1回の服用で偏頭痛の予防や緩和ができる医薬品です。カルシウム拮抗薬と言われるフルナリジンが血管の平滑筋を緩めることで血管が拡張し、ズキズキとしたつらい頭痛を緩和させます。

在庫あり
パナドールミグレストップ
4 (2件)
24錠 ¥2,180~(1錠/¥91)

片頭痛薬と解熱薬の混合薬!パナドールミレグストップは発熱・痛みを緩和する治療薬です。特に片頭痛改善に効果的です。

在庫あり
パナドール
4 (3件)
24錠 ¥1,980~(1錠/¥83)

解熱・鎮痛剤!パナドールはカロナールやタイレノールAと同じ成分パラセタモール(アセトアミノフェン)を含有したジェネリック医薬品です。

在庫あり
クエン酸カリウム
4.6 (13件)
100錠 ¥2,430~(1錠/¥24)

酸性尿の改善に!クエン酸カリウムは、痛風や高尿酸血症でお悩みの方の為の治療薬です。体内の尿酸を減らし、アルカリ度を高めて尿の酸性化を防ぎ、それに伴い痛みを和らげます。

在庫あり
カルポル6プラス
4.7 (3件)
1本 ¥3,080~(1本/¥3,080)

解熱鎮痛シロップ剤!カルポル6プラスはカロナールと同一成分を含有した解熱・鎮痛剤です。シロップタイプなので、子供から大人まで使用できます。

在庫なし
レルパックス
4.8 (18件)
3錠 ¥3,690~ (1錠/¥1,230)

急性期治療薬!レルパックスは、偏頭痛のズキズキするツライ痛みを解消してくれるトリプタン系のお薬です。頭痛の原因である拡張した血管を収縮させ、血管周辺の炎症を鎮めます。

在庫なし
ロキソニン(海外市場向け)
4.8 (11件)
20錠 ¥1,900~ (1錠/¥95)

実力・知名度No.1!!ロキソニンは生理痛や歯痛など幅広い症状に効果のある解熱鎮痛剤です。こちらの商品は海外市場向けのため、同じ効果の国内向けよりも価格が安いので人気があります。

在庫なし
マクトリン(マクサルトジェネリック)
4.6 (19件)
4錠 ¥950~ (1錠/¥238)

ズキズキした痛みに!偏頭痛治療薬マクサルトのジェネリックです。有効成分リザトリプタンは痛みの原因である脳内三叉神経に効果が働きます。

在庫なし
ティノスポラカプセル(痛風)
4.4 (8件)
100錠 ¥3,420~ (1錠/¥34)

健康維持におすすめ!ティノスポラカプセルは免疫機能の働きを整えて日々の健康をサポートするサプリメントです。タイ国王が健康の為に摂取しているハーブを主成分とし、痛風や糖尿病など生活習慣の改善をします。

痛み止めには種類とレベルがあります!

痛み止めには飲み薬座薬塗り薬貼り薬などの種類があります。
筋肉痛や肩こりに試用するシップなどの貼り薬、塗り薬は使用した部分にのみ作用し、バファリンやロキソニンなどの飲み薬、座薬は全身に作用します。飲み薬は頭痛、生理痛や歯の痛みなど、日常的に使用することができます。

痛み止めは効き目の強さによって3段階に分類

1番強力なものは、手術に伴う痛みや、がんの痛みなどに使われている麻薬が含まれたお薬です。
2番目は主に咳止めなどに処方されている、少量の麻薬が含まれたお薬です。
3番目は麻薬成分が入っていない「NSAIDs(エヌセイズ)」と呼ばれる抗炎症作用のあるお薬です。

私たちがドラッグストアなどで気軽に購入できるものは抗炎症薬NASIDsのみです。お薬ラボで扱っている海外医薬品のコビックス(セレコックス・ジェネリック)エコスピリン(アスピリン・ジェネリック)などもNSAIDsになります。
NSAIDsは「抗炎症薬」という名前の通り、炎症を抑える効果があります。痛みを引き起こしている炎症を抑えることによって痛みが治まるという仕組みです。抹消神経、筋肉、血行不良などが原因で起こっている痛みには、こうした炎症を抑える仕組みのお薬は効きません。お薬を飲んでも痛みが治まらないと感じた時にはお医者さんに相談してみましょう。また、NSAIDsと呼ばれるお薬は痛みの原因自体を治療するものではなく、痛みを抑えることしかできません。痛みは体の不調や危険を私たちに教えてくれるシグナルとなるので、痛みが続く場合、お薬を服用しても良くならない場合は、お医者さんに相談することをおすすめします。

日頃から注意することが重要!

NSAIDsは副作用の少ないお薬ですが、常用すると副作用がでてしまうこともあるようです。お薬の主成分のなかには胃を荒らしてしまうものもあるため、主な副作用として吐き気、胃炎、便秘、下痢などがでやすいので、注意が必要です。
常用を防ぐためには、痛くなるかも知れない!痛くなったら困る!といった理由で予防的に飲むのではなく、「痛いと感じたら飲む」ということが大切です。また、痛みが治まって解決ではなく、なぜ痛みが出てしまったのかを知り、解決することも重要ですので、自分の体と相談しましょう。

同じお薬を飲み続けることによって、そのお薬が効きにくくなってしまったり、お薬の依存に繋がってしまうケースもあるので、注意が必要です。お薬に依存することにより、「薬物乱用頭痛」と呼ばれる、お薬が引き起こす頭痛が起こることがあります。頭痛により月に10日以上痛み止めを飲んでいる場合、薬物乱用頭痛と診断されることもあるようです。一度なってしまうと再発しやすいようなので、日ごろから注意して服用することが重要です。

TOPへ