性病/感染症

クラビット・ジェネリック
1錠 ¥85

膀胱炎(ぼうこうえん)などにも効果のある性病治療薬のクラビット・ジェネリックは、副作用が少なく非常に人気があります。成分量の違う錠剤が3種類ありますので、ご自身の症状に合わせて服用してください。

アジー(ジスロマック)
1錠 ¥255

アジーはクラミジアや梅毒、淋病などの性感染症を治療をするお薬です。殺菌作用が高いため短期間で完治することが可能です。また歯周病にも効果があります。

アモキシリン(アモキシシリン)
1錠 ¥54

ペニシリン系抗生物質!!アモキシリンは、梅毒や淋病などの性感染症に効果があり、あらゆる細菌を死滅させる作用があります。腸内からの吸収が早いため即効性があります。

アシビルクリーム
1本 ¥584

外用薬です!ヘルペス全般に効果があり、感染箇所に直接塗るクリーム軟膏タイプのゾビラックス軟膏のジェネリック医薬品です。アシビルクリームは内服薬が苦手な方にオススメします。

ファシジン
1錠 ¥47

トリコモナス症のマストお薬!ファシジンは原虫トリコモナスを殺虫する作用のあるチニダゾール「F」やフラジールと同じ成分でありながら安く購入できるため人気の商品です。

アルダラクリーム
1袋 ¥810

コンジローマでお悩みの方必見!尖圭コンジローマの症状は性器にあらわれます。患部にアルダラクリームを塗ることにより、早期回復が期待できます。病院に行くことが恥ずかしい方などにオススメします。

ゾビラックス
1錠 ¥81

ゾビラックスは、性器ヘルペスや口唇ヘルペスなどの治療に使用する内服薬です。主成分の「アシクロビル」は水ぼうそうなどにも抗ウイルス薬として使用されます。早期治療をして、再発防止をしましょう。

レボフロックス(クラビット)
1錠 ¥26

性感染症治療薬のレボフロックスは、クラビットのジェネリックです。細菌の増殖を阻害する効果があることから、性病治療だけではなく、歯科感染や耳鼻科感染、皮膚感染など幅広く使用されています。

ラミシールスプレー
1本 ¥1,583

スプレータイプの外用薬ラミシールスプレーは、水虫やいんきんたむし、カンジタ症などの症状で皮膚に炎症があらわれた際に患部に直接吹き付ける治療薬です。クリームタイプが苦手な方にオススメします。

ラミシール
1錠 ¥112

ラミシールは、ラミシールスプレーなどの外用薬で完治することができなかった場合に服用する、水虫やいんきんたむし、カンジダ症などの感染症に効果がある治療薬です。性器に痒みのある方は直ぐに治療しましょう。

ジフルカン・ジェネリック
1錠 ¥119

ジフルカン・ジェネリックはシプラ社から販売されている抗真菌薬です。また、女性用バイアグラの効果に近い効能があり、膣に潤いをもたらします。病院に行くことができない方は通販のご利用をオススメします。

STDは女性の現代病

セックスにより感染してしまう「STD=性感染症」は毎日4人もの人が性感染症に感染しているといわれています。
予防と検査はパートナーとの最低限のマナーですが、予防を心掛けていても感染してしまうことがあります。性感染症はしっかりと治療をすれば治すことができるのですが、放置をしてしまうと男女共に不妊や子宮外妊娠などのリスクを高めることにもなりかねないため、放置はせずに早めに対処をしましょう。将来の自分の為とパートナーの為に正しい知識を持って早期発見早期治療を心掛けることが大切です。

根気よく完治を目指そう

性感染症は自然治癒しないのできちんと治療をしてください。
治療には主に抗生物質の飲み薬が使用されます。抗生物質にはテトラサイクリン系、マクロライド系、キノロン系とよばれる種類があり、種類によって効果、作用が違い、それと同時に副作用も異なります。服用方法、期間も異なるので、それぞれのお薬の用法をしっかりと守りましょう。

性感染症の病原体はとても強いので、治療薬も効果の強い抗生物質が必要になります。効果の強い分、副作用も強く出るので注意が必要です。お薬の種類によりますが、どのお薬にも吐き気、下痢、めまいなどの副作用があることが多いようです。その他にも日光に反応して皮膚が赤く腫れてしまう「光線過敏症」など、警戒しなければならない副作用もあります。

完治するまでに時間がかかるものです。副作用が強いなどの理由で自己判断の服用をやめてしまい、完治に至らないなどのケースが多くあります。お医者さんに相談するなどして完治を目指しましょう。また、症状がなくても病気が進行している可能性は十分にあります。定められた期間しっかり服用してください。根気よく治療しましょう。

アルコールに注意!

服用中に注意しなければいけないのがアルコールの摂取です。
治療中は血液中に抗生物質の濃度が一定量に保たれることによって病原体を退治するのですが、お酒を飲むと血液中のアルコール濃度が高まり、その分抗生物質の濃度が薄まってしまいます。そうすると、持続的に病原体を退治することができなくなってしまうため、治療が難しくなってしまうのです。それだけではなく、お薬の濃度を薄まったままにすると、「薬物耐性菌」という抗生物質にたいして強い菌が生まれてしまい、お薬が効かなくなってしまいます。アルコールは控え、治療に専念することが必要です。

銀行振込でお支払い方全員に1000ptプレゼント Winter Campaign 濡れすぎて困っちゃうかも女性用ラブグラ50%OFF 残り僅か!!在庫無くなり次第終了